Powered By 画RSS

    1:2016/03/11(金)16:51:36 ID:
    【関西の議論】
    これも“爆買い”の置き土産?殺虫剤も効かない「スーパー南京虫」増殖にホテル戦々恐々

     昭和50年前後に制圧されたはずの南京虫(なんきんむし)=トコジラミ=が、
    大発生の兆しを見せている。しかも、市販の殺虫剤が効きにくい「スーパー南京虫」
    というからタチが悪い。大阪や東京などの都市部を中心に民家や宿泊施設で
    被害が確認されており、被害に遭った宿泊客が施設を相手に訴訟を起こすケースも。
    南京虫は中国南部などにも多く分布し、訪日外国人の増加とリンクして相
    談件数が増えていることから、関連を指摘する専門家もいる。
    「爆買い特需」にわく宿泊業界は、とんだ“置き土産”に戦々恐々だ。(吉村剛史)

    続き 産経WEST 全4ページ
    http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110003-n1.html


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【中国人観光客】“爆買い”の置き土産?殺虫剤も効かない外来種「スーパー南京虫」増殖にホテル戦々恐々の事態へ・・・。】の続きを読む

    1:2016/03/12(土)23:51:51 ID:

     NHKによると、日本のこころを大切にする党は、12日、党大会を開き、参議院議員選挙の比例で
    300万票獲得を目指す活動計画などを決定した。
     中山代表は、
     「国会議員4人の小さな政党になったが、日本にとってなくてはならない党だと多くの人に知ってもらい、
     参議院選挙に向け、すべてをかけて戦っていきたい」と語った。
     夏の参議院議員選挙では、選挙区2、比例2を擁立、春の京都3区補欠選挙では公認候補者を擁立する方針。

     菅官房長官は、党大会の後の懇親会で、
     「国民にとって不人気な政策でも、国にとって必要であれば法案を成立させなければならない。
     その1つの例が安全保障関連法だった。野党3党で取りまとめていただいて法案を無事に成立させていただく
     ことができた。先に成立した今年度の補正予算にも賛成していただいた。
     これからも国会運営を通じて、さまざまな面でお世話になる」と語った。

     産経新聞によると、日本のこころを大切にする党は、京都3区補選の公認候補として派遣社員の小野由紀子氏(37)
    を擁立する方針。
     夏の参議院議員選挙には、中山成彬元国土交通相、西村真悟元防衛政務次官、中丸啓元衆院議員、井桁亮元愛知県議
    を擁立する方針。

     詳細はNHK,産経新聞、日本のこころを大切にする党のサイトで。

    >こころ 参院選「比例で300万票」活動計画決定
    3月12日 21時06分 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160312/k10010441211000.html

    >日本のこころを大切にする党
    https://nippon-kokoro.jp/

    >日本のこころ、京都3区補選に派遣社員女性 参院は4人公認
    2016.3.12 19:20 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/160312/plt1603120016-n1.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ガンバレ】日本のこころを大切にする党 参院選「比例で300万票」活動計画決定(選挙区2、比例2擁立)】の続きを読む

    1:2016/03/10(木)16:36:03 ID:
    【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部と韓国文化情報院は10日、
    韓流を世界に広げるため日本など海外の韓国文化院10カ所に
    「海外文化プロデューサー」を派遣すると明らかにした。

     派遣先は日本のほか、米国(ワシントンとロサンゼルス)、ポーランド、
    ドイツ、スペイン、ブラジル、インド、中国、オーストラリア。

     海外文化プロデューサーは1年間、文化院で現地の韓流ニュースを
    メディアコンテンツで制作し、ソーシャル・ネットワーキング・サービス
    (SNS)を通じ国内外に伝える。

    続き 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/10/2016031001840.html
    3:2016/03/10(木)16:47:17 ID:
    無意味

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ゴリ押し】韓国政府、韓流、K-POP伝える「プロデューサー」を日本など世界のマスゴミに派遣へ www】の続きを読む

    1:2016/03/12(土)20:52:28 ID:
    【ニッポンの新常識】田原さん、岸井さん 呼びかけた公開討論会を敵前逃亡しないですよね?

    (略)

     報道機関やキャスターの「表現の自由」など気にもかけない政治家が日本にも確実にいる。
    彼らが政権を握る可能性が、将来的にゼロだとはいえない。
    高市氏が「将来にわたり可能性が全くないとはいえない」と述べたのは当然だろう。

     冒頭の記者会見を行ったキャスターらの主張は、私も呼びかけ人を務める
    「放送法遵守を求める視聴者の会」の主張と完全に対立している。

     従って、われわれは先の7人に対し、7日付で公開討論会への参加を提案した。
    同時に、この公開討論会を生中継するテレビ番組の企画書を、NHKに送付した。

     対立する主張をぶつけ合い、多くの角度から議論を尽くし、
    聴衆に判断を委ねるのが民主主義の基本であり、放送法第4条の存在理由でもある。

     「自分たちこそが日本の民主主義の守護者」と言わんばかりの立ち位置で、
    引き続き放送に携わるつもりなら、敵前逃亡は許されまい。


    全文 ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160312/dms1603121000005-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160312/dms1603121000005-n2.htm

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【マスゴミ崩壊】K・ギルバート氏、田原総一朗と岸井成格を壮絶に煽るwww→「呼びかけた公開討論会を敵前逃亡しないですよね?www」】の続きを読む

    1:2016/03/12(土)12:30:06 ID:
     イギリス人の移民流入への恐怖は「本当のことで、そして正当なものである」と、カンタベリー大主教が昨夜宣言しました。

     イギリス国教会最上席の聖職者であるジャスティン・ウェルビーカンタベリー大主教は、
    国民の至極もっともな懸念をレイシスト扱いして退けるのは「本当にとんでもないこと」だと語っています。
     「あるのは正当な恐怖です。重要なのは、この恐怖に耳を傾け、対処することが本当に重要です。
    対処のために整備されたリソースがあってしかるべきです。住宅は、仕事は、公共医療施設の利用はどうなりますか?」

     社会運動グループは、大主教の強力な介入を、新風を吹き込むものとして歓迎しました。
    ここ数年、リベラル派の左翼が、移民の前例のない規模でのイギリスへの流入に対する懸念を、
    偏見だとして攻撃している中での発言です。

     また、ウェルビー大司教は、教会はEUに関する国民投票の議論については立場をはっきりと
    示すつもりがないことも表明しています。
    大主教はEUの移民危機への対応を強く批判しましたが、
    「『神はこちらに投票しなさいと言っています。』などと言えるはずがありません。」とも述べています。
     何百万という移民がヨーロッパに氾濫することへの懸念から、
    移民の流入が議論の中心となるのに時間はかかりませんでした。
    アウト・キャンペーンは、イギリスがEUから離脱しても、国境の制御を取り戻すことはできないと警告しています。


    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://www.americaforce.com/archives/56397373.html
    5:2016/03/12(土)12:57:07 ID:
    まともだ!
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【移民難民】イギリス国教会「国民の懸念をレイシスト扱いして退けるのはとんでもないこと」…移民流入への恐怖は「正当なもの」と宣言】の続きを読む

    1:2016/03/11(金)02:14:08 ID:

    冨永 格 ? ?@tanutinn
    あれが「保育園落ちた 日本死ね!」以外の表現、例えば「また保育園に落ちました。
    日本政府への絶望が募ります」では、これほどの伝播力は持ち得ない。
    尖った言葉が、むき出しの怒りや悲しみを残らず伝えているからこそ、その叫びは全国に響いた。
    言葉の荒さを咎める人は、コトの本質が見えていない。
    0:49 - 2016年3月10日
    https://twitter.com/tanutinn/status/707850828346884096

    ※ ↑去年、ツイッターで「安倍支持者がナチスの旗持ってる」とデマ流して炎上して自粛してた人物です
    http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030050-n1.html
    http://www.asahi.com/articles/DA3S11898995.html
    12:2016/03/11(金)02:34:54 ID:
    朝日のテロ  
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ツイッター】朝日新聞 天声人語の富永格編集委員「安倍支援者はナチス」の冨永格「”保育園落ちた 日本死ね!”は尖った言葉が怒りや悲しみを残らず伝えているから全国に響いた」】の続きを読む

    1:2016/03/12(土) 08:32:34.43 ID:
    ◆慰安婦問題は、なぜ国際的に誤解が広がったのか

    従軍慰安婦問題を本質的に解決していくためには、国際的に広がってしまった誤解を今後一歩ずつでも解いていくことが必要である。
    正しい理解醸成のためには、被害者感情に十分配慮した上で、きちんとしたエビデンス(証拠資料)=歴史事実に基づき、真摯に根気強く説明する努力を続けるしか方法はない。

    前回(「慰安婦問題の一次資料には何が書かれているのか」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46281)は慰安婦問題に関するエビデンスとしての代表的一次資料を整理してみた。
    こうした資料が、慰安婦問題を議論する際のベースになる。
    だが、実際には日本でも韓国でもその中身が恣意的に取捨選択・解釈され、さまざまな誤解が生じている。
    今回は一体どのような誤解が生じているのかを見ていこう。

    誤解を生ずる要因の主なものを3つ挙げる。それぞれについて、その内容と、どうすれば誤解が解けるのかを整理してみる。

    ◇要因(1)~「慰安婦」とは誰を指すのか? 

    今回の日韓合意では、「慰安婦問題」という言葉が政府によって公式に定義された。
    務省発表資料によると、「当時の(日本)軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」という定義である。

    ところが、あえて曖昧さを残すなど様々な配慮をしたせいか、2つの異なる内容を1つの文章にまとめてしまったため、逆に「慰安婦」の実像が分かりにくくなってしまった。

    本来の言葉の意味を厳密に定義するならば、「慰安婦」とは当時の軍政規定(例えば、「軍政規定集第三號[馬来政監部]昭和18・11・11」)等で定義される、軍の特殊慰安施設(慰安所)に従事する女性」たちのことである。
    名乗り出ている人は多くないが、「本来の慰安婦」は、そのほとんどが貧しい地方の出身ながら自らの親兄弟姉妹を飢餓や借金から救うために、(現地の市民と兵士を守るために)名誉と尊厳と覚悟を持って軍慰安業務に従事した人々である。
    厳しい時代を必死に生きた人々である。
    多くの「本来の慰安婦」が将兵と結婚し、または借金返済後にさらにお金を貯めて故郷に家を建てた等の証言もある。

    ところが、そうして「本来の慰安婦」として従事したにもかかわらず、米軍調書でも「単なる売春婦」などと表記され、戦後の社会でも醜業従事者扱いされて、蔑まれ、貶められた人も大勢いた。
    特に戦後の「RAA」(詳しくは後述)管轄の「本来の慰安婦」は、一般市民を守ったにもかかわらず、GHQ命令による組織廃止後、非常に厳しい環境に置かれた人が多かった。
    慰安所制度自体が、軍および政府による統治機構の一環として導入された制度であった以上、命を懸けて戦った「本来の慰安婦」たちの歴史的「名誉回復」が図られることは重要である。

    一方、現在、被害救済補償と名誉回復を訴えている女性たちは、戦時における人身売買・拉致・監禁・暴力・傷害・強姦、性的搾取・詐欺・給与不払い等の犯罪被害者である。
    被害者の証言からも明らかなように、そこにはレイプなど性暴力犯罪の直接の被害者や、正規の慰安所とは関係のない現地売春施設に騙して連れてこられ、暴力的に監禁され、給与も支払われなかったといったケースが多く含まれている。

    これらの犯罪被害者の方々は、被害者でありながら当時犯罪申告ができず、その救済措置や加害者への科罰等が行われずに泣き寝入りするしかなかった。
    さらに、むしろ被害を受けたことで社会からいわれのない醜業従事者的扱いを受け、蔑まれ、特に戦後帰国してから厳しい生活を強いられてきた経緯を証言されている。
    現在、「慰安婦」という言葉は、もっぱらこうした犯罪被害者の総称として用いられていることが多い。こちらはいわば「広義の慰安婦」である。

    JBpress 2016年3月11日(金)6時5分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00046282-jbpressz-int
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00046282-jbpressz-int&p=2
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00046282-jbpressz-int&p=3
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00046282-jbpressz-int&p=4
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00046282-jbpressz-int&p=5

    >>2以降へ続きます。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【慰安婦問題はなぜ国際的に誤解が広がったのか!?真実を広められて在日工作員が今日も発狂www】の続きを読む

    このページのトップヘ