Powered By 画RSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/16(月) 10:38:31.81 ID:
    ■公共の電波で直接ヘイトスピーチを浴びた辛淑玉氏「今回のヘイトスピーチには凄まじいものがあった」

    「番組を観たときは、言葉が出ませんでした」


    ▲のりこえねっと共同代表・辛淑玉氏(写真は2014年3月26日、岩上安身のインタビュー時に撮影)

    番組の放送から1週間が経った1月9日、IWJの取材にこたえた辛淑玉氏は深い傷を負っていた。公共の電波で直接ヘイトスピーチを浴びせられたのだ。その精神的苦痛は計り知れない。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【差別にだ】在日韓国人・辛淑玉「公共の電波でヘイトスピーチを浴びた!凄まじかったニダ!」謂れなき誹謗中傷で罪なき人間を追い詰めた罪は重いと火病で発狂www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/16(月) 10:14:50.33 ID:

    2017年1月10日、韓国で「生計型犯罪者」などと表現される、生きていくためやむなく罪を犯す人が景気低迷の影響で急増していると韓国・国民日報が伝えた。
    空腹のあまりパンを盗んだ「レ・ミゼラブル」の主人公ジャン・ヴァルジャンのように、苦しい生活から偶発的に一線を越えてしまう人が多いという。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【マジキチ】韓国では犯罪を犯した者を前科者として扱っていない事が判明www昨年、1375人が免れたらしい…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/17(火) 08:23:00.47 ID:
    大手出版社の「講談社」で前代未聞の事件が起きた。「週刊少年マガジン」の副編集長などを歴任した同社編集次長の朴鐘顕容疑者(41)が10日、妻殺害の容疑で警視庁に逮捕されたのだ。
    事件が起きたのは昨年8月9日の未明。
    文京区千駄木の自宅で、妻の佳菜子さん(38)が玄関先の階段の下で倒れているのを朴容疑者が発見し、119番通報した。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日犯罪】韓国籍・進撃のパク容疑者にDV殺人疑惑で子供の目撃証言がヤバ過ぎるwww会社では優秀なイクメンのイメージを持つ朝鮮人の実態とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/15(日) 20:59:29.54 ID:
    〈時代の正体〉「虐殺」記述回復を 朝鮮人虐殺巡る副読本問題、横浜で集会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

    【時代の正体取材班=石橋 学】

    関東大震災における朝鮮人虐殺を「殺害」と記述する中学生向け副読本の問題を考える市民集会が14日、
    横浜市内で開かれた。原案になかった虐殺の史実は記載されることになったが、主催の
    「歴史を学ぶ市民の会・神奈川」(北宏一朗代表)は「『虐殺』の記述に戻るまで問題は解決しない」と訴えた。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【神奈川新聞】親北朝鮮・記者「副読本に朝鮮人虐殺の記述を」「日本人以外のルーツの生徒も想定した教育を」市民たちが横浜で集会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/17(火) 09:16:08.12 ID:

    竹島に慰安婦像計画 韓国地方議員団、年内設置へ募金開始

    産経新聞 1/17(火) 7:55配信

     【ソウル=名村隆寛】韓国・京畿(キョンギ)道の議員団が竹島(島根県隠岐の島町)に慰安婦像を年内に設置しようと、16日から募金活動を始めた。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日韓断交】韓国、竹島に慰安婦像設置の方針で日本の議員がブギ切れ「到底承知できない!きわめて非常識で憤りを感じる」と全面対立キタキタキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ