Powered By 画RSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/30(水) 01:48:26.17 ID:
     
    【安保法施行】野党幹部集結、SEALDsと共演 「安倍はやめろ」の呼び捨てコール復活 奥田氏、首相を「あんた」と呼び「最高責任者じゃない」と独自の見解も

     29日に安全保障関連法が施行されたことを受け、国会の正門前で同日夜、
    同法に反対する学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」らによる抗議集会が開かれ、
    安倍晋三首相を呼び捨てにして「安倍はやめろ」と叫んだ。
    民進、共産、社民、生活の野党4党の幹部も集結し、夏の参院選に向けて「背中を押して」と支援を依頼した。

     集会は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」やシールズが主催した。
    首相が平成28年度予算成立を受けて行った記者会見とほぼ同じ時間帯にスタート。
    だが、集会場所は首相が会見をしていた官邸前ではなく、国会正門前だった。
    主催者は約3万7千人が参加したと発表したが、約300メートル離れた官邸前は静寂に包まれていた。

    (略)

     奥田氏はその後、「安倍はやめろ」と首相を呼び捨てにしたコールを連発した。
    13日に東京・新宿で行った街頭集会では「呼び捨てにするのはよくないといわれた」として、
    「安倍さん、やめて」とコールしていたが、わずか2週間程度で前言を翻し、復活させた。

     シールズのメンバーらは、ほかにも「憲法を守れ」「自衛隊を守れ」「安倍晋三から日本を守れ」
    「安倍晋三から平和を守れ」「安倍晋三から憲法守れ」「言うこときかせる番だ、国民が」「だれも殺したくなくてふるえる」などと訴えた。

    http://www.sankei.com/politics/news/160329/plt1603290073-n1.html
    4:2016/03/30(水) 01:50:50.13 ID:
    鳥頭
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【偏差値28】SEALDs奥田愛基「呼び捨て良くない、安倍さんやめて」→2週間後「アベはヤメロ」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/30(水) 08:15:10.90 ID:


    丁寧に対応すると「特別扱いするな!」
    対応が気に入らないと文句を言ってくる。

    ヘルパーの間では「触らぬ乙武さんに祟りなし」www
    2:2016/03/30(水) 08:16:05.52 ID:
    天狗
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【悲報】乙武洋匡さん性格悪すぎ!裏の顔を続々と暴かれ参院選出馬見送りwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/29(火) 21:26:56.03 ID:
    TBS系(JNN) 3月29日(火)18時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160329-00000047-jnn-pol
     28日の夜、国会前で反対デモが行われ、そして日付が変わった29日午前0時、
    戦後日本の防衛政策を大きく転換する安全保障関連法が施行されました。

     歴代の内閣が禁じてきた集団的自衛権の行使を一部可能にすることを柱とし、アメリカなどが武力攻撃され、
    それによって日本の存立が脅かされているなどの条件がそろえば、日本が直接攻撃を受けていなくても
    自衛隊が武力を行使できるようになりました。

     「まさに我々は助け合うことのできる、日本を守るためには助け合うことのできる(日米)同盟となったわけでありまして、
    それは間違いなく絆を強めるわけでございます」(安倍首相)

     安倍総理は国会で安保法制の整備により、日本とアメリカの絆を強めることができた結果、
    核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対して、両国がより協力して対応できたと強調。
    安保関連法については去年9月の成立直後の世論調査で過半数の人が、「憲法違反と思う」と答えましたが、
    あれから半年が経ち、菅官房長官は29日、「国民の皆さんの理解は大幅に進んできていると思う」と述べました。

     ただ、街の声は様々です。

    【広島】
     「戦争は二度としてはいけないと思うので、私はずっと反対の気持ちはあります」(女性)
     「自衛隊もやはり覚悟してかからないと。安全が確保しにくくなる時代が来つつあると思う」(男性)

    【沖縄】
     「(安保法制は)危ないと思うけど、詳しいことは分からない」(女性)
     「(戦争は)あってはいけないことだけど、万が一、そういうことになったら大変なことになる」(男性)

     国会前では、民進党や共産党など野党の幹部も参加し、抗議行動が行われています。

     「日本が歴史的教訓を着実にくみ取り、平和発展の道を歩み、慎重な軍事・安全政策を取るよう希望する」(中国外務省・洪磊報道官)

     一方、中国外務省の洪磊報道官は29日、このように述べ、日本の安保関連法の施行を牽制しました。
    また、「環球時報」は日本が今後、与那国島の軍事化など尖閣諸島をめぐる対中作戦計画を練ることになり、
    中国との緊張を未曾有のレベルに引き上げるだろうと報じています。

     「朝鮮半島の平和を破壊する安保法制を破棄しろ!破棄しろ!破棄しろ!」

     韓国のソウルでは、市民団体がデモを行い、「朝鮮半島で戦争が起きる可能性が一層高まった」と主張。
    「日本が朝鮮半島を再び侵略することを狙っており、明らかな憲法違反だ」と訴え、安保関連法の即時廃止を求めました。

     国内では夏の参議院選挙を控え、野党側が安全保障の問題を争点にしようと攻勢を強めています。

     「安倍さんが目指しているのは限定なく、集団的自衛権の行使ができる国にしたいと。こうなれば皆さん、
    憲法の平和主義って、一体なんなんですか」(民進党・岡田克也代表)

     先月、野党5党は安保関連法は憲法違反だとして国会に廃止法案を提出しましたが、与党側は審議に応じていません。

     「引き続き、強く対案の審議を求めていく。しかし安倍自公政権は取り合わないでしょう。また違憲、
    違憲の大合唱になるわけですから。絶対取り上げませんよ。だから選挙で決着をつける」(民進党・江田憲司代表代行)

     「216時間審議をして、野党3党の賛成も得てできたものですね、これを今更蒸し返すようなことは
    必要ないと私は思っております」(自民党・谷垣禎一幹事長)

     「(安保関連法は)参議院(選挙)の争点には必ずしもならないと思う」(公明党・山口那津男代表)

     法律の施行をきっかけに、再び安保問題をめぐる与野党の対立が強まりそうです。(29日17:18)
    4:2016/03/29(火) 21:28:23.09 ID:
    そんな腐った土地いらないわ!
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国】ソウルで安保反対デモ開催「日本は朝鮮半島を再び侵略しようと狙っているニダ」→一方、日本では・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/28(月) 19:18:05.19 ID:
     違法建築を理由に立ち退きを迫られている中国上海市の住民が、建物を強制撤去から守ろうと習近平国家主席の
    ポスターを“護符”のように外側全体に張って抵抗、騒ぎが拡大するのを恐れた当局は27日までに強硬措置を講じない
    意向を示した。

     習氏のポスターで覆われた建物を取り壊せば「不敬行為」と受け取られかねず、問題がこじれることを懸念した当局側が
    折れたとみられる。

     ポスター作戦を実行したのは上海市閔行区の繁華街で飲食店などを営む男性(45)。今月末までの退去を
    命じられたことを受け、26日未明から早朝にかけポスター500枚以上を建物に張り、多数のやじ馬が集まった。

     当局は同日午後、ポスターを剥がせば、強制撤去はせずに話し合いで問題を解決するとの考えを伝え、男性も同意、
    同日夜に全て剥がした。

    (共同)

    産経ニュース 2016.3.27 21:29 
    http://www.sankei.com/world/news/160327/wor1603270031-n1.html
     
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【画像】中国、習近平ポスターで立ち退き阻止→不敬罪の恐れで手出し出来ずwww上海】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/29(火) 19:37:56.21 ID:
    蓮舫@民進党 @renho_sha 4時間前

    週刊誌から確認取材を受けました。
    乙武洋匡さんとはこれまでも友人であり、昨年夏以降は私の仲間も交え複数回会食をしました。
    私と会ったかどうかを週刊朝日に問われ『事実ではございません』と回答されたと聞きました。
    実際に会ったことを「ない」と言うのは嘘ではないでしょうか。とても残念です。

    https://twitter.com/renho_sha/status/714701535264055297

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民進党】蓮舫「乙武さんとは昨年夏以降、複数回会食をしました。乙武さんが『会ってない』と言うのは嘘ではないでしょうか。残念です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/28(月) 19:54:54.38 ID:
     防衛省は28日、中国の海洋進出をにらんだ南西諸島の防衛力強化に向けて、日本最西端の沖縄県・与那国島
    (与那国町)で陸上自衛隊の駐屯地と沿岸監視隊を創設し、隊旗授与式を開いた。部隊は約160人で編成され、
    周辺の海や空で活動する船舶や航空機をレーダーで監視する。

     式で小川清史西部方面総監は「強固な南西地域の防衛態勢を構築するのは、わが国の防衛意思を示すものだ」と訓示。
    式終了後、沿岸監視隊の塩満大吾隊長は「南西防衛は非常に重要だ。各種事態に即応することが求められており、
    部隊として適切に対応したい」と抱負を語った。

     与那国島から北に約150キロ離れた尖閣諸島周辺では、領有権を主張する中国当局の船が領海侵入を繰り返し、
    緊張状態が続いている。

     政府はこうした動きなどを踏まえて南西地域の離島で防衛力強化を図っており、沖縄県の宮古、石垣両島や鹿児島県の
    奄美大島でも陸自部隊の配備計画を進めている。

    産経ニュース 2016.3.28 12:50
    http://www.sankei.com/politics/news/160328/plt1603280019-n1.html
    8:2016/03/28(月) 20:37:06.18 ID:
    支持スル
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【軍事】沖縄県・与那国島で陸自部隊発足→沖縄タイムス社説「防衛強化より中国との日中関係改善図れ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/29(火) 11:41:14.23 ID:
    日刊スポーツ @nikkansports
    千葉大、寺内容疑者の卒業取り消し検討 女生徒誘拐 - 社会
    http://www.nikkansports.com/general/news/1623435.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp …
    #中学生監禁事件 #誘拐犯 #誘拐事件 #千葉大学
    https://twitter.com/nikkansports/status/714619383406993408

    香山リカ @rkayama
    当然誘拐・監禁は許しがたい。しかし「在学中に犯罪が発覚し停学処分になっていたとしたら」と
    過去に遡っての判断での卒業取り消しが果たして正当だろうか。むずかしい問題だが
    千葉大学には冷静な判断をしてもらいたい。
    https://twitter.com/rkayama/status/714631103466745863
    2:2016/03/29(火) 11:41:52.28 ID:
    は?何言ってんの?
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日同胞?】香山リカ「女子を誘拐・監禁した千葉大生、寺内樺風の卒業取り消しは果たして正当だろうか。冷静な判断をしてもらいたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ