Powered By 画RSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/03(日) 22:07:10.48 ID:
    ◆金属棒手に男4人が民家に押し入り410万円奪う 大阪で強盗 

    2日午前4時15分ごろ、大阪市西淀川区花川の不動産業経営の男性(55)方から、「4人組の男に強盗に入られた」と110番があった。
    大阪府警西淀川署によると、自宅などに保管していた現金約410万円が奪われたとみられ、強盗事件として捜査している。

    同署によると同日午前3時45分ごろ、男性の妻(40)が帰宅した際、駐車場で金属製の棒を持ち、目出し帽をかぶった男4人に「金を出せ」と脅された。
    妻は手持ちの現金約?万円を渡したが、男らは「まだあるやろ」と要求。
    女性とともに自宅に入り、台所と寝室に保管されていた約410万円を奪って逃走した。女性にけがはなかった。

    当時、家族3人が就寝中だった。
    女性は「男のうち1人は韓国語なまりの日本語だった」と話しているといい、同署がトラブルの有無などを調べている。

    男らはいずれも目出し帽をかぶっていた。
    近くに止めた白っぽい色の車で逃げており、同署が行方を追っている。

    産経WEST 2016.4.2 09:21
    http://www.sankei.com/west/news/160402/wst1604020026-n1.html
    108:2016/04/03(日) 22:29:46.81 ID:
    語尾に「ニダ」を付けたな
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日犯罪】大阪「犯人の1人は韓国語なまりの日本語だった」金属棒持った男4人が民家に押し入り410万円奪う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/01(金)18:17:13 ID:
    【日々是世界】
    中国でデモやストライキが深刻化 黒竜江省で炭鉱労働者数万人が「共産党はカネ返せ!」 石炭・鉄鋼不況はますます…

     中国で労働者によるデモやストライキが深刻化している。
    3月5~16日に北京で開かれた全国人民代表大会(全人代=国会)の期間中、
    黒竜江省で発生した数万人規模ともされる炭鉱労働者の賃金未払いへの抗議活動は、
    省幹部や中国共産党を批判するなど「まれにみる政治的に大胆なデモ」
    (国際紙インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ)に発展した。
    経済減速で大規模なリストラなどの構造改革が迫られる中、
    “労働者たちの反乱”に習近平政権は神経をとがらせている。

    続き 産経ニュース 
    http://www.sankei.com/smp/world/news/160401/wor1604010001-s.html

    9: :2016/04/01(金)20:34:12 ID:
    蒼天已死
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【中国経済崩壊】デモやストライキが深刻化!炭鉱労働者数万人が「共産党はカネ返せアル!」石炭・鉄鋼不況はますます…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/04(月)04:40:42 ID:
    安倍首相を追い詰め、民進党政調会長に大抜擢された山尾志桜里衆院議員。
    そんな民進党の新しい顔に“政治資金疑惑”が浮上している。

     発端は、3月31日発売の「週刊新潮」(新潮社)が書いた「山尾志桜里代議士の奇妙な政治資金」という特集記事。
    山尾氏の資金管理団体「桜友会」が提出した2012年の政治資金収支報告書に、
    個人の寄付上限額1000万円を超える1144万円を山尾氏自身から受けたと記載して、その後、訂正していること、
    山尾氏が代表を務める「民主党愛知県第7区総支部」と桜友会との間で行われた寄付金額と
    受け取り金額の間に食い違いがみられること、
    さらに、この総支部が12年に計上したガソリン代が230万円にものぼることなどを、右トップで大々的に書き立てた。

     この「週刊新潮」記事を受けて、産経新聞や夕刊フジが大々的に山尾政調会長追及を開始。
    とくに、民主党愛知県第7区総支部の230万円ガソリン代計上については、
    「なんと地球5周分」「驚愕のガソリン代」と激しい調子で責め立てている。
     いわば、安倍応援団メディアがこぞって山尾氏の政治資金疑惑追及を展開しているわけだが、では、肝心の疑惑の内実はどうなのか。全国紙政治部記者が、こう答える。
    「いずれの問題も、甘利明元大臣の口利き疑惑などとは比べものにならないしょぼい不正で、
    自民党の議員にしょっちゅう発覚しているレベルの政治資金報告書の虚偽記載。
    本来ならトップ記事にするような話ではありません。

    ガソリン代については、事務所内での架空請求、秘書の使い込みが起きていた可能性があるようですが、
    これにしても山尾氏はむしろ被害者。使い込みをした秘書はすでに辞めているらしいが、被害弁済を求めるなり、
    横領罪で訴えることで一件落着する可能性が高い」
     しかも、産経が大々的に追及している「高額ガソリン代計上」については、
    山尾議員なんかよりももっとすごい金額を計上している政治家がいる、それは、他でもない安倍晋三首相だ。
     たとえば、安倍首相が代表をつとめる「自民党山口県第4選挙区支部」が同じ12年に計上したガソリン代は
    なんと573万2858円と、山尾政調会長の「民主党愛知県第7区総支部」の2.5倍! 
    山尾氏が地球5周分なら、こちらは地球12周分のガソリンを計上したことになる。
     しかも、山尾議員の巨額ガソリン代計上が12年だけであるのに対し、安倍首相は翌13年にも554万6613円、
    14年にも499万6215円と、その後もずっと巨額計上を続けているのだ。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://lite-ra.com/2016/04/post-2127.html

    12: :2016/04/04(月)06:21:58 ID:
    本当にリテラは馬鹿だな
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク悲報】リテラ、安倍応援団が民進党・山尾志桜里の「地球5周分」ガソリン代を追及も、安倍首相はその倍以上「地球12周分」を計上!本来ならトップ記事にするような話ではない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/03(日) 10:34:28.76 ID:
    総額5042万円を費やした5泊7日のパリ・ロンドン出張を非難されても、舛添要一都知事はちっとも
    懲りていない。訪米中の安倍首相と入れ替わるように12日から5泊7日の日程で米ニューヨークと
    ワシントン外遊を計画。公表されたスケジュールを見る限り、主な目的は花見だ。

    「都知事が招かれるワシントンの全米桜祭りの出席ありきで組まれた出張です。就任後2年2カ月で
    海外出張は早くも9度目。〈都政そっちのけ〉〈税金のムダ遣い〉との批判にも〈仕事をすればカネは
    かかるもんだよ〉と気にも留めていません」(都政関係者)

     国際政治学者上がりの舛添の持論は「都市外交」。先月18日の定例会見で「物見遊山をやってる
    わけではない」と強弁していたがニューヨークでの予定は三春滝桜植樹式への参加と、日米交流団体
    「ジャパン・ソサエティー」でのスピーチ。ワシントンも米戦略国際問題研究所(CSIS)での講演が
    入っているくらいのもの都庁に詳細を問い合わせると、「詳細な日程や随行する人員については
    調整中です」(外務部)という。

    出発まで残り10日。これじゃあ、後から視察や要人との面会を必死になってセットしているのかと
    勘繰りたくもなる。だとしたら、本当に税金のムダ遣いだ。

    「実際、無駄な経費は少なくありません。昨年10月のパリ・ロンドン出張では、現地ガイド費用に
    総額532万円も支出した〈知事が急に買い物をしたいとか言い出したら、土地勘のない都庁職員では
    対応できない〉というのがその理由だといいます現地大使館の協力を仰ごうにも都庁職員はパイプが
    ないし、オタオタして知事の機嫌を損ねたくないと、1日4人もガイドを雇っていた。豪遊批判の高まりも
    あり訪米では半数の2人に減らすそうです」(前出の都政関係者)

     そして、出張のたびに知事日当(8100~1万3100円)が発生する。どれもこれも原資は都民の血税だ。

     そんなに海外を巡りたければ、民間人に戻って好きなだけ楽しめばいいだけの話だ。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/178655/2
    2:2016/04/03(日) 10:35:22.43 ID:
    リコールしろよ
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【舛添都知事、海外出張費5000万超→今度は5泊7日の米国“花見外遊”敢行!猪瀬疑惑の5000万円とはなんだったのかwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/02(土) 17:37:04.57 ID:
    日本も導入する可能性があった「タイフーン」
    2016年1月、ファロン英国防相は日英防衛相会談において、
    今年中にイギリス空軍の新鋭主力戦闘機「ユーロファイター タイフーン」を日本へ派遣、
    航空自衛隊と共同訓練を行う意向を明らかにしました。

    「タイフーン」の来日時期については未だ明らかにされていませんが、
    もし実現すれば20年ぶりになるイギリス軍戦闘機の来訪で、
    航空自衛隊の戦闘機F-15J「イーグル」やF-2と異機種戦闘訓練が行われることになるでしょう。

    「タイフーン」はイギリス、ドイツ(当時は西ドイツ)、スペイン、イタリアの4か国によって
    共同開発された戦闘機で、2011年に行われた航空自衛隊の「次期主力戦闘機選定(F-X)」においても、
    導入が検討されたことがあります。

    最終的には、米・ロッキード・マーチン社のF-35「ライトニングII」に敗北してしまいましたが、
    売り込みを担当したイギリスのBAEシステムズ社は「タイフーン」について、
    空中戦能力ではF-35を遥かに凌駕する「世界で二番目に強い戦闘機」を自称。
    最後まで「F-X」における有力候補のひとつでした。

    「タイフーン」が「世界で二番目に強い」と自称した、その根拠は何でしょうか。
    まずは抜群の機動性です。滑走路上での静止状態から高度1万メートルへ上昇し、
    マッハ1.5に達するまでの所要時間はわずか150秒。
    さらに、高度9000mでのマッハ0.9からマッハ1.5までの加速所要時間はF-35の3分の2であり、
    マッハ1.5での旋回性能(維持旋回率)はF-35の2倍にも達します。

    これは航空自衛隊に所属する全ての戦闘機を上回り、
    そしてBAEシステムズ社も認める「世界で一番強い」ロッキード・マーチン社のF-22「ラプター」に次ぐ能力を誇ります。
    現代戦闘機にとって機動性よりさらに重要な、レーダーなど「戦闘システム」の能力も非常に優れており、
    特に相手へ電波妨害を仕掛ける「電子戦」についてはトップクラスの充実ぶりが特徴です。

    「タイフーン」の各種電子戦装置において特に面白いものが、右主翼端に格納された「曳航式デコイ」です。
    これはおよそ100mの有線で繋がったデコイ(囮)を空中で放出するもので、放出されたデコイは敵の戦闘システムに侵入。
    実際は存在しない飛行機を敵のレーダー上へ大量に発生させ撹乱したり、電子的に「タイフーン」を真似し、
    接近するミサイルを引き寄せるなどの役割を担います。こうした高度なシステムは全自動で動いており、
    パイロットは「タイフーン」の高い機動性を発揮し、敵を攻撃することに集中できます。

    また攻撃手段においても、「ミーティア」と呼ばれる新型の空対空ミサイルを搭載。
    「ミーティア」はF-35やF-22で使用されるAIM-120C「アムラーム」の最大5倍ともいわれるノーエスケープゾーン、
    すなわちほぼ命中を見込める射程を持ち、200km先の敵機を攻撃できるともされます。
    さらに短射程ミサイル「アスラーム」は、敵機とすれ違いざまに射撃しても背後に回りこんで命中する、
    という高い誘導性能を持ちます。

    「タイフーン来日」、その意義とは 日本と英国、その関係
    世界で二番目に強い「タイフーン」が来日し、航空自衛隊と共同訓練を行うその意義は、
    練度向上が期待できることはもちろんですが、日英の関係強化に繋がることが大きいといえます。
    現在、日英は「ミーティア」ミサイルを発展させた次世代型空対空ミサイルの共同研究を行っており、
    将来においてミサイルの共同開発も期待されます。

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00010001-norimono-bus_all

    2016年の来日が考えられている英空軍の戦闘機「ユーロファイター タイフーン FGR.4」
    5:2016/04/02(土) 17:41:56.21 ID:
    日英同盟よ再び
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【軍事】英「ユーロファイター タイフーン」来日か“世界で二番目に強い“その理由、日本も導入する可能性があった】の続きを読む

    このページのトップヘ