Powered By 画RSS

    1:2016/05/05(木) 21:49:19.34 ID:

    今やりたい事は中国と戦争して勝つこと」と言明したことを認めた上で、「日本人として言った。
    日本の領海に侵入してきた漁船は明らかに公船だからだ。
    (中国は)もう少し頭を冷やした方がいい」と明言した。
    石原氏は短編集『やや暴力的に』(文藝春秋)の著者インタビュー(週刊現代8月9日号)で、
    今の野望は何か、と聞かれ、「支那(中国)と戦争して勝つこと」と語っている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9582727/
    284:2016/05/06(金) 19:51:53.93 ID:
    これは正論だな
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【爆弾発言】石原慎太郎「今やりたい事は中国と戦争したい」 自衛隊を北京へ派遣しろ!劣等種族を滅ぼそう!】の続きを読む

    1:2016/05/04(水) 13:23:38.29 ID:
    朴一(大阪市立大学教授)


     「日本のプロ野球の一線で活躍するほとんどが韓国人って話もある」―元阪神の桧山選手はさらりと言う。
    在日3世の識者が、戦後日本を熱くしたコリアンスターたちの知られざる実像を語り尽くす。

     プロ野球界に目を転じれば、先に挙げた張本勲氏をはじめ、400勝の金田正一投手、ミスターロッテの有藤道世氏、
    広島の名捕手・達川光男氏、南海や近鉄で活躍した新井宏昌氏など、こちらも多くの在日スターがいました。

     いまの球界でも在日スターは多く活躍しています。今季、広島の4番に返り咲いた新井貴浩選手は、高校生のとき、
    韓国の全国大会で活躍しました。長らく阪神で代打の神様と崇められた桧山進次郎選手は、
    2004年、韓国系の『統一日報』のインタビューに、こう答えています。

     「日本のプロ野球には帰化している選手も含め韓国人は多い。一線で活躍している人のほとんどが韓国人って話もある。
    食生活の違いもあって、体がもともと強いって事情もあるんですかね。そのうえ負けん気も強い」

     在日選手がその出自で葛藤に苦しむのは、オリンピックや日本代表となったときです。
    2006年、第1回WBC(ワールドベースボールクラシック)の侍ジャパンメンバーには3人の在日がいました。

     その一人、金城龍彦選手(昨年、巨人で引退)は2000年に帰化していましたが、第1ラウンド、第2ラウンド、
    準決勝と、都合3回も、もう一つの祖国、韓国と対戦することになり、しかも第1、第2ラウンドでは連敗。
    準決勝の前には、「韓国のスパイ」「わざと打たなかった」など、心無い誹謗中傷がファンサイトに書き込まれてしまいました。
    心苦しかった胸中は察するに余りあります。

     結果、準決勝ではついに日本が韓国を破り、そのまま初代優勝を手に入れるわけですが、
    金城選手は大会後の朝日新聞のインタビューで、

     「日本代表の一人として世界の舞台で戦えることがうれしかった」

     と語りつつ、

     「血はやっぱり韓国人だから」

     と複雑な心中を明かしています。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160503-00048555-gendaibiz-bus_all&p=3

    13: :2016/05/04(水) 13:29:57.05 ID:
    出自を隠すのは半島人だけw
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日芸能人】元阪神・桧山進次郎「日本のプロ野球、ほとんどが韓国人」WBC優勝の侍ジャパンに在日が3人居た】の続きを読む

    1:2016/05/06(金)12:22:33 ID:
    姫田小夏 [ジャーナリスト]


    ?4月30日、中国・北京で岸田文雄外相が李克強首相、王毅外相らと会談した。
    国際会議を除いて日本の外相が中国を訪問するのは、2011年以来5年ぶりのこと。
    一歩前進を期待させる一方で、会談が暗示したのは「楽観は禁物」という脆弱な日中関係だ。

    ?近年、中国で沸き上がる訪日旅行ブームにより「日中の二国間関係も好転している」
    と感じた市民や企業人も少なくないだろう。日中関係は改善に向かっているかのようだったが、
    実は中国当局は内心腹を立てていたのである。

    ?それが現れたのは、会談中に中国側が示した「4つの希望と要求」である。
    そのひとつに「二度と中国脅威論をまき散らさないこと」という強めの文言がある。
    安倍晋三首相が国際会議の場で中国の海洋進出への批判を繰り返してきたことが、
    中国の癇(かん)に障ったようだ。

    続き ダイヤモンドオンライン 全3ページ
    http://diamond.jp/articles/-/90691

    7: :2016/05/06(金)13:03:18 ID:
    思ってないよ
     
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【反日マスゴミ】日中関係が改善していると思っているのは日本人だけ→「批判の繰り返しが中国の癇(かん)に障ったようだ」】の続きを読む

    1:2016/05/06(金) 11:16:47.29 ID:
    【特集】色あせる「メード・イン・コリア」神話
    主要製造企業のCTOを調査

     韓国製造業の大企業・中小企業57社の最高技術責任者(CTO)を対象に実施したアンケートで、CTOらは韓国産業競争力の現在だけでなく未来までも悲観的に見ており、その最大の理由は中国の台頭と革新力の不足であることが分かった。

     調査対象のCTOら57人のうち、実に47人(83%)が「中国の技術力を体感し、大きな衝撃を受けた経験がある」と答えた。合金メーカー、大昌のユン・ウィハン技術研究所長は「合金の製造に欠かせない添加剤はこれまで欧州企業が独占していたが、最近は中国メーカーの製品が登場した。長期にわたる研究開発(R&D)と技術の蓄積、経験が必要な分野にもかかわらず、中国が短期間で追いついてしまった」と説明した。

    ■中国の台頭と革新力の不足

     アンケートは、韓国企業のR&Dを支援する韓国産業技術振興協会と本紙が共同で実施。製造企業の構成比率を踏まえ、半導体大手のSKハイニックス、化学大手のLG化学、電気設備大手のLS産電など大企業11社、売上高5000億ウォン(約470億円)以上・1兆ウォン(約930億円)未満の中堅企業8社、中小企業38社の計57社のCTOまたは研究所長を対象とした。

     CTOらは韓国の産業競争力に大きな危機感を持っており、その理由としては主に「中国企業に技術力でも追い越されそうな状況にあるため」「収益性の劣る現在の事業に代わる革新的な新製品・新技術がないため」を挙げた。

     また、中国と韓国の技術競争力の差を問う質問で、半分に当たる28人が「すでに中国が韓国を追い越したか、差があるとしても1年未満」と評価した。韓国が「3-5年先をいっている」と回答したのは8人(14%)、「5年以上先をいっている」としたのは3人(5%)にすぎなかった。LS産電のイ・サンホ顧問は「中国は韓国ができないロケットさえも作って打ち上げるほど技術力のある国。韓国が家電やIT(情報技術)、通信などで先をいっていると言われたが、もはやそれは当てはまらない」と指摘した。

     CTOらは、中国の台頭が産業力低下の外因だとすれば、内因は産業生態系の革新力不足だと指摘する。「低調な産業生態系の革新力を引き上げるためには何を急ぐべきか」との質問に、回答者の29%が中小・中堅企業の研究開発力強化を挙げた。ある中小企業の研究所長は「優れた要素技術(製品の根幹をなす技術)を持つ中小企業を育てるには、大企業に従属しない専門中小企業を存続させるための法制度を整えるべきだ」と提言した。

    チョン・チョルファン記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    2:2016/05/06(金) 11:17:16.28 ID:
    >>1
     産業生態系の革新力を引き上げる策としては、技術革新に向けた政府の確実な計画立案(17%)、産学研の研究システム改革(17%)、工業大学の教育革新(13%)も挙がった。暁星重工業のパク・スンヨン研究所長は「政府が大学と政府系研究所を直接支援しているため、大学と研究所が(企業のことを考えず)政府ばかりを気にして研究をしている。企業にも大学にも問題があるが、最大の問題は政府の役割だ」と指摘している。

    ■「大学教育と社会的ムードの刷新を」

     CTOらは、韓国の大学の理工系教育にも苦言を呈した。理工系出身の研究者の能力について、回答者の54%が「過去と比べて低い」と指摘し「以前よりも高い」との回答は19%にとどまった。理工系出身者の能力は過去の68%水準と評価された。LG化学のチョ・ウォンソク技術顧問は「R&D担当者の仕事をやり遂げようとする熱意、問題を自分で解決しようとする意識は過去よりも低い」と評している。

     こうした問題意識は韓国の起業環境への憂慮にも表れている。グーグルやフェイスブック、テスラのような革新的なベンチャー企業が韓国で生まれない理由を複数回答で尋ねたところ「革新的な技術とクリエイティブなマインドを持つ技術者がいないため」(27%)、「大企業中心の産業生態系ではベンチャー企業やスタートアップ企業が育ちにくいため」(26%)、「失敗を受け入れる風潮や制度がなく、再起が難しいため」(26%)といった回答が上位を占めた。「長い目で見て投資する、本当の意味でのベンチャーキャピタルがないため」(12%)という回答もあった。

     ある中堅企業のCTOは、大企業が好むスペック(学歴や資格など)を満たした、独創性のない人材では大企業をまねることしかできないとし「大学教育の枠組みと社会的なムードを変えていかなければ、起業も技術競争力の強化も望めない」と警鐘を鳴らした。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/06/2016050600472_2.html

    906: :2016/05/06(金) 14:10:57.69 ID:何を今さら
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国経済崩壊】中国の技術に衝撃→色あせる「メード・イン・コリア」神話 韓国産業現場に漂う悲観論】の続きを読む

    1:2016/05/06(金)17:19:13 ID:
     夏の参院選は、「自公対民共」の対決構図が強まる中、強固な組織票を持つ
    公明党と共産党のせめぎ合いが焦点の一つとなっている。

     勝敗のカギを握る1人区では、両党の組織力が大きな影響を及ぼし、
    複数区でも両党候補を巻き込んだ激戦が予想されているからだ。
    公明、共産両党は「宿敵」とも言われており、互いの批判合戦は早くも熱を帯びている。

    続き 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20160505-OYT1T50019.html
    2:2016/05/06(金)17:25:49 ID:
    似たもの同士の増悪
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【カルトvsアカ】公明党vs共産党、組織票しか武器が無い政党の「宿敵」の批判合戦激化で潰し合いキタ━━━(゚∀゚).━━━!!!】の続きを読む

    1:2016/05/06(金) 12:02:15.00 ID:
    防衛装備庁のある高官は、日本のステルス実証機「X2」のレーダー反射面積は
    米国のステルス戦闘機よりも小さいとX2のステルス性能を高く評価しているようだが、
    中国メディアの新浪はこのほど、この評価はゼロ戦開発当時に見られた日本人特有の弱点が
    X2開発にも存在していることを露呈するものだと論じている。

    X2の性能に関して、記事が高く評価している点がある。
    それはX2の機体を構成する材料にセラミックと炭化ケイ素系の複合材料が使用されている点であり、
    記事はこれを「世界最先端の技術」と表現している。

    さらにX2にS型吸気ダクトの実装に成功した点について、
    「これほど細い機体に実装できたのは、課題に十分に取り組んだからだ」と表現、日本の技術者の努力と成功を高く評価した。

    一部資料によれば、X2の吸気ダクトは独自設計により複雑に曲げられており、
    吸入口がレーダーを反射しにくくするような独創技術が採用されているという。

    記事はX2に採用されている複合材料およびS型吸気ダクトがもたらす優れたステルス性能が、
    「F-22に自分の至らなさを自覚させ、恥じさせている」と説明。
    X2のステルス性能がF-22を一部で凌駕していると認めた。

    しかし記事はまさにこの点にゼロ戦開発当時にも存在した日本特有の弱点が表れていると指摘、
    それは性能のある特定の面だけを極めようとする性向だと説明する。

    ゼロ戦開発は「より軽くより速く」だけが強調され防護面が無視されていたように、
    X2開発はステルス性能だけが極端に重視されているという見方を記事は示した。

    記事はかつてロッキード・マーティンのある高官がX2に対して懸念を表明、
    将来的に電子・通信システムやフライバイワイヤシステムなどの技術面における多くの課題に遭遇する可能性を示唆したと紹介。
    また、仮に日本がこれらの課題を克服したとしてもX2の機体に使用されている複合材料は「価格が高すぎる」と指摘、
    量産には耐えられないという見方を示した。

    記事はこのようにX2のステルス性能の高さを認めつつも、バランスの取れた戦闘機開発とは決して言えないと主張している。
    しかし、X2はステルス実証機であり、ステルス性能の実証のために開発された機体であるという前提を無視しているため、
    主張が破たんしてしまっている。
    「ステルス性能が極端に重視されている」という記事の主張は、X2がステルス性能の実証目的で開発された以上は当然のことだといえる。

    http://news.searchina.net/id/1609080?page=1












     
    5:2016/05/06(金) 12:04:45.73 ID:
    実証機に怯え過ぎだろw
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【軍事】中国人「空自・ステルス実証機「X2」にゼロ戦と同じ弱点を見つけたアル」】の続きを読む

    1:2016/05/06(金)17:30:40 ID:
    「共倒れはごめん」沈む中国から逃げ出す韓国 “過剰依存”今さら後悔、駆け込んだ国は?
    経済裏読み

     急速な中国の経済減速を受け、これまで中国に過度に依存してきた韓国が、
    好調なベトナムに貿易相手先を移す“シフト”を強めている。
    韓国経済を従来支えてきた中国経済への高依存度が、ここにきて裏目となった格好で、
    韓国の経営者などを対象にしたアンケートでは、経済危機まで「残り10分」とたとえる悲観的な見方も急増。
    中国との“共倒れ”を避けたい韓国が、一斉にベトナムになびいている。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/smp/west/news/160506/wst1605060004-s1.html
    http://www.sankei.com/smp/west/news/160506/wst1605060004-s2.html
    6:2016/05/06(金)17:36:06 ID:
    えんがちょん
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国経済崩壊・最新情報】中国への過剰依存を後悔し掛け込んだ国は超嫌韓国だったwww「共倒れはごめんニダ!」“過剰依存”今さら後悔キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ