アイヌ

twitternew_thumb
 
スポンサーリンク


◆厳選ニュース






【関連】
あんな広大で疎らにしか人がいない地域のインフラを維持し続けるのは、地震があろうとなかろうと困難で、たとえば真冬に山脈で鉄塔倒れたり送電線切れたら直すのはすごく大変。
文明を享受する権利は日本人には平等にある、つったってそれは建前で、過疎地と密集地では差は出るよ。現にJRその他のインフラは廃止されたり復旧できなくなっているのだから、他の(たとえば送電)インフラだけそうならないとは思えない。無限にリソース割けるなら別だが、現にそうでなかったじゃんね
その平等を達成するためには、極端だけど普通にある話で言えば、スゲー遠い山奥に一軒だけある家のために鉄塔何本も建てて何十キロ何百キロと電線引いて、ものすごい送電ロスで効率悪く電気を引く。何十億円の世界。それを疎らに散った家々にできるかといえば、できない。
広いってのはそういうこと(一人当たりの、同じインフラの質を維持するためのコストがべらぼうに高い)で、この尋常じゃない不利な条件を今まで放置して来た人間が綺麗事を言うなよ、とは思う。こういう地理的な条件の不利を踏まえた上で、逆にそれを生かす対策を考えるのが現実的で妥当だろう。
一挙に電源が落ちたら、広くて、かつ、吹雪もあるから、いざというときの救急車とかレスキュー隊だって少ないし辿り着きにくいだろう。……だから、核戦争や竜巻に備えるアメリカ人のシェルターや地下室的なものを用意するのがおそらく正しい。公的支援はそこに注げばいいのに。
数時間に一本しか電車が来なかったり、廃線になってしまう地域と、数分ごとに絶えず電車が来る山手線圏内が、公平かつ平等に文明の成果(としての交通インフラ)を享受していたとは全く思えないし、ありえないことだよ。
広大な地域に住むということは、一人当たりに同じ水準のインフラの質を提供しようとしたら、相対的に高いコストが必要となるので、同じ額を使っても一人当たりの享受できる質は下がる。生活や生命に関わるものでもそう。今回の停電は、その不公平や不平等のリスクが顕在化した例だろう。
こればかりは、他の地域と条件が違いすぎるので、他の地域のやり方は参考にしにくい。防災、減災、生存のために必要な対策は、地域の人たちが自分自身で創造しなければなるまいよ。ネガティブな条件をポジティブに生かし直す知恵や工夫は無数にあるはず。
アイヌの暮らしを参照するのは、文明を捨てて自然と調和……みたいなロマン主義ではなくて、単純に、真冬の北海道で電気なしで数日生き延びるためのヒントがあるんじゃない、っていう理由。
「北海道は気密性が……」とか「薪や石炭はもう使ってないから戻れない、電気使っているし……」って、北海道出身だから知ってるって。そりゃブラックアウトが起きてほしくない理由としては正しいよ。しかし、仮に起きたとしても生存の可能性上げる努力を放棄する理由にはならんよ。
もし人命を重視するのならば、「停電が起きないようにする」も「停電が起きたとしても生き延びられるようにしておく」も、どっちも同じように重視するのは当たり前のこと。生存の確率を上げるためには両方やっておいた方がいいんじゃない。
ブラックアウトは「起きた」んだから。そして、それが起きる送電網の周波数の問題は、そう簡単に解決するものではないし、その費用を誰かが払ってくれるあてもないんだから。だとしたら「また起こる」を前提として備えるのが人命を救う数を増やすだろうよ。
真冬にブラックアウトが起きたら、気密とか薪が高いとか言わず、その辺の木材引っぺがして家の中で燃やして、暖を取って生き延びるだろうよ。窓を開けて換気して、家が煤だらけになるのも諦めるだろうよ。……そういう状況を具体的に想定して、「備えておいたら」と思うが。
しょうもないリプライばかりなので補足しておくと、この冬に節電するために薪を燃やせとか言っているんじゃなくて、「万が一ブラックアウトした場合に生存率を上げるためにどのような防災・減災の備えを中長期的にしていくか」という文脈の話なので、誤解なきよう。
想定しているのは、ブラックアウトし、避難所にアクセスする手段がなく、ガソリンの発電機もなく、救助が遅れているというケース。そこで救助が来るなり避難所に行くまでの数日間を生き延びる手段の話であって、電気や文明を捨てた生活をしろという話じゃないよ。緊急事態への対応の技術は文明のうち。
アイヌを持ち出しているのも、一時期流行った「自然と調和した暮らし」みたいなロマン主義じゃなくて、防災・減災の研究で「昔から住んでた人たちの知見は意外と使えるようだ」って知見が東日本大震災後に数多く出たことに基づいて言ってるだけだから。それは実証ある科学的な知見だと思うよ。
ブラックアウトすれば人が死ぬので防ぐべきで、原発再稼働すればブラックアウトの確率が減る。それはそうだと思うよ。しかし、原発再稼働してもブラックアウトは起こるし、周波数の問題をクリアするには広域で疎らに人がいる地域の宿命でありえないぐらいのコスト掛かる。
もし人命を最優先にしてブラックアウトを防ぐべきだというなら、再稼働のみならず、周波数やら送電の脆弱性を克服する膨大なコストを投入するべきだということになる。その膨大な費用があるなら各戸に発電機なり非電源の熱源なり防寒・防災の備えをする方が効率が良いよ。
「起きないようにする」努力をするだけじゃなくて「起きてもそんなにダメージ受けないようにする」努力もしておいた方がいいに決まっている。あとは投下できる資源の量と、対費用効果との計算。
原発再稼働でブラックアウトの可能性を減らせるのはそうだと思うが、それはどのぐらいの確率なのかと、原発が動いている状態ブラックアウトが起きる確率はどのぐらいなのかの見積もりが違うんだろうな。ぼくは「どっちにしてもまた起きうるな」「備えておいたら」の立場。
逆に、道民の生命のことをそんなに大事に考えている人たちが「再稼働しても」「ブラックアウトした」ケースを想定して対策したり思考すらしようとしないのかが全然理解できないんだが。どういう見積もりになってんの。
「窓を開けたら暖房の意味ない」は、エアコンで暖房している本州のイメージなのでは。北海道は暖房で火を燃やして直に身体に熱を与えるやり方に近いよ。密閉された空間の空気全体の温度を保つ方法は普段は便利だけど、この一連の話は非常時なんだからちょっと違う。窓が開いてても暖房は使える。




【ツイッターの反応】



@naoya_fujita 灯油を買う金は貴殿が出すんですよね?
@naoya_fujita ご自身で真冬に実践されたことがあるのでしょうか?
 もしくは、これから実践されるのでしょうか?

 是非とも、その時の体験記を期待しております。
@naoya_fujita 北海道人口の過半数は札幌旭川間に集中して居住しており、その規模は300万人を超えております。それは本州の一般的な地方都市圏と大差ない人口密度(東北圏より多い)で、なおかつ全戸停電するとその300万人のうち大勢が死にます。人口密度が高いので、火事やCO中毒の危険があります。
@naoya_fujita 人間はもともと器すら自分で作ってたんだから家の食器全部捨てな
@naoya_fujita 備えを置くスペースも大量にあるしね。→道内の人間が全員、庭付き一戸建ての広い家に住んでるとでも?
賃貸アパートや市営・道営の集合住宅だとスペース確保が難しいんだけどな。
一軒家でも小さい家だと普通に狭いし。
@naoya_fujita これは、北海道民へのヘイトスピーチと受け取ってよろしいですか?
@naoya_fujita アイヌとかは冬でも電気なしで生きていたんだから→今年の酷暑で「自分等の若い頃は冷房なんてなかったのに今時の若者はだらしない」と言っていた老人と言ってること同レベル。
さらに言えば、本州の人間だって元を辿れば電気を使わない生活してたよな?
だから電気なしで生活しろって言われてできる?
@naoya_fujita 家の近所で野宿でもしてみれば?何故に北海道を差別するのか意味不明です。
@naoya_fujita それでは、まずご自身が電気なしで生きていたアイヌの生活様式で冬の北海道を過ごして、その結果を発表してください。
@naoya_fujita そーゆー備えが出来てる御宅ってすばらしいですねー
@naoya_fujita つまり、北海道の都市部に人は住むなと言いたいのでしょうか?

農林水産業以外に従事している人がいないとでも思ってます?
@naoya_fujita なんという時代錯誤…
東京でも、真冬に電気なしではすぐに凍死だと思いますがねぇ…🤣
@naoya_fujita あんたらの祖先もアイヌと同じく電気なし生きてたよね?だから電気なしでいけますよね?余裕っしょ?今から1Vたりとも使うなよ。
@naoya_fujita 想定する対象の家屋その他が限定的だと思うけど。
そんな対象者は動けない年寄り位しか文句言わない気もするけど。
電化マンションなんかは厳しいかもね。
@naoya_fujita いつの時代の話だよ。弥生時代か?
@naoya_fujita 頭蓋骨の中身は空気?それとも窒素ガス?
たとえ中身があったとしても、馬糞とスナッチしてませんか?
いやほんと、頭をどうこねくり回せばこんな虚言妄言佞言寝言戯言が湧くのやら┐(´д`)┌ヤレヤレ
@naoya_fujita >北海道みたいな広大な地域の場合は、ある程度はオフグリッドで生き延びるための備えを……

暴論であるとも言えますが、一方で、理解できないわけでもないですね。
真冬にTシャツ1枚で済むほど室内を暖めてアイスクリームを食べている北海道ライフ……。
@naoya_fujita 冬の釧路でテント貼って頑張って生き抜いてから言ってほしいわwww21世紀になってなお、八甲田山死の彷徨を指図した軍人さん並の脳みそやね😂
@naoya_fujita 君が実体験してください。凍死すると思うけどな
@naoya_fujita 自分がなに言ってるかわかってる?
あと、無駄に長い。
@naoya_fujita ツイッターしながら、言ってんじゃねえ
@naoya_fujita エクストリーム反原発原理主義者。頭おかしい。
@naoya_fujita 長い文書なのに役にも立ちませんでした。
@naoya_fujita 他人にいう前に、おまえ自身が身を持って実践しな!

↓話題のニュースはこちら↓