炎上するノートルダム大聖堂

twitternew_thumb
 
スポンサーリンク


◆厳選ニュース






【関連】




【ツイッターの反応】



@SiriusArc7 マジレスで草
@SiriusArc7 この場合、十字架が焼け残った云々っていうよりは、火災の規模の割には人的や周辺に被害出ていない事を神の奇跡とか言った方が説得力あったな。
@SiriusArc7 つまり神は金を炎で失われないようお創りになられたということですね
@SiriusArc7 神の御業かどうかは議論の余地はあるが、とりあえず魔除け用のガーゴイルを別の場所に移したらこの火災なので、とりあえず魔除けの効果は確実に存在しているのは確かである
@SiriusArc7 金を1064℃で溶けるようにしたのは神だが、
その金を協会の十字架に使ったのは紛れもなく人間
@SiriusArc7 いや、マジレスやめてやり
@SiriusArc7 科学と宗教が交差する時、物語は終わるーーー!!
@SiriusArc7 これが論破かー
@SiriusArc7 @habuyurisi 翻訳ありがとうございますヽ(´▽`)/
@SiriusArc7 科学教宣教師ワイ大勝利(´・ω・`)
@SiriusArc7 逸脱
@SiriusArc7 科学の発展と共に神は死んだんだ
@SiriusArc7 キレッキレで草
@SiriusArc7 フォロー外から失礼
バビロニアの時代、ウルクの町に住んでたギルガメシュ王ですが、かの王が存命だった時は人が神の手から離れた時だったとか
かの王も隣で飯食ってたかもしれない神に対してそんなマジレスをしたのかもしれませんね
「信心があった証拠だと? 単なる化学現象だろう」
@SiriusArc7 神様が十字架を救うためだけに金の融点を高くしたのではないでしょうか。アーメン。
@SiriusArc7 そもそも神の御業っていうなら、天から光が降り注いで鎮火するくらいのものを見せてほしい。
@SiriusArc7 消防士の人が鎮火頑張ったからじゃないんだ…
@SiriusArc7 これは科学と魔術が交差するとき物語りが始まっちゃうやつだね
@SiriusArc7 どうなんだろう……
千度を超えるかもしれないなら、溶けるかもしれない。でも、瓦礫に埋まってないのは?
風とか、設計とか、脆性とか、そういうのになるのかなぁ…。
神様も風を操れるらしいけど、これも証明できなきゃで。私の学力じゃ難しいなぁ、どっちも。
@SiriusArc7 小学生でも突っ込めるんだよなぁ…
@SiriusArc7 木造だったら全焼だったと思う………(・_・)💦
@SiriusArc7 ネタにマジレス禁止
@SiriusArc7 木の燃え始める発火点は、500度ぐらいで、炎🔥の温度は1700度ぐらいですから火災で金は溶融します。ただ大聖堂は屋根が焼けたので十字架付近の温度は低かったんでは?
@sohandaisuki 燃焼物と炎が接している付近でその温度はあり得ますが、少し離れるだけで急激に温度は低下します。
木材の自然燃焼による外炎がその温度に達するのは難しいと思われます。
@DestroyerNASI 銅でできた奈良の大仏は、火事で溶解しました、銅の溶解温度は1085度
@SiriusArc7 つまり、タングステン辺りで十字架作ってあったら鉄が沸騰する温度の熱に曝されてもびくともしない最強の・・・
@Cirno_Zufrieren @SiriusArc7 いっそ炭化タンタルでつくればいいんじゃ…
@SiriusArc7 一部の写真を見ると燃えた瓦礫で中も酷いが、それは燃え抜けた屋根(木造)が、燃え朽ちて落下し積もっただけで、内部、特に下部の燃焼はほとんど無かったと思われる。

添付写真を見ても、壁体に煤(スス)の付着は無い。(ロウソクも残ってる?)
つまり「そもそも燃える環境に無かった」と思われる。
@SiriusArc7 @ERICAMABI BBQで薪を燃料にして鉄板を空炊きしたら、薪は燃えて灰になりましたが、鉄板は無事に残りました。どう考えても神の御業でしょう、なぜ神を信じないのか説明してごらんなさい!
@SiriusArc7 ダイヤモンド製の
十字架だったらやばかった…
@SiriusArc7 木の燃え方で違うと思いますが、600℃ほどと言うのは間違ってますね。

質問
火事のとき、火の温度は何度くらいありますか?

回答
天井が焼け落ちるような大きな火災になると、1,000度以上になります。

 http://www.city.kakamigahara.lg.jp/faq/3868/003877.html  pic.twitter.com/zrkHfq6a6B
@ene_gomi3R @SiriusArc7 勝手な想像ですけど石造りで建造物の下の方には可燃物が少なかったのでは?
屋根まで吹き抜けでかなり高さもあるみたいですし
@SiriusArc7 キリスト教系の高校に通ってた頃に思ったんですけど、宗教って一定以上の思考力を奪うんですよね。何でもかんでも神のおかげにしちゃうから。
@SiriusArc7 金は柔らかいから溶けるっていうよりも無傷ってところがすごいな、とは思いますけどね
@SiriusArc7 まず神のご加護が本当にあるなら火災にはならない。
@SiriusArc7 たぶん、21世紀にもなって地球の周りを太陽が回ってると信じている人達。
@SiriusArc7 ガリレオが裁判にかけられた理由
@SiriusArc7 @hiromaru712 最高(笑)
@SiriusArc7 神様は金だった。
@SiriusArc7 全て金で作れば焼け落ちなかったのに……
@SiriusArc7 こういう抜けてる人がいるおかげで宗教とか占いとかが出来るんやろうなぁ
@SiriusArc7 なるほどとしか言えないな。

何か呪いの少年の絵画でもよく似た話なかったっけ?
@SiriusArc7 尖塔の十字架と、十二使徒真っ先に焼け落ちてね? pic.twitter.com/X9EZoy4vYb
@SiriusArc7 そもそも燃えてる時点で・・・
@SiriusArc7 @EBCandLGMlove 人災でしょ😑
😎
@SiriusArc7 神の御業と言うならば、なぜ神は聖堂が焼け落ちるまで放置していたのだろうか。
@SiriusArc7 融けず、錆びず、変わらず、永劫に輝き続ける。
黄金の不変性に人は神秘を感じ、そこに変わることない神の愛との相関を見出したのだ。
詩的に表現するならこんな感じかと。
@SiriusArc7 @69mika2013 「なるほど!金は神により作られたに違いない!」
@SiriusArc7 どうでもいいけど写真綺麗
マジすきだわww
@SiriusArc7 科学は神
@SiriusArc7 神様なら、まず火事にしないでください

↓話題のニュースはこちら↓