Powered By 画RSS

    朝日新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/08/26(土) 15:43:18.90 ID:X0pyu8oY0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    AS20170331003555_comm

    「とにかく安倍をたたけ」の大号令 新聞業界の「不都合な真実」 8月26日 

     「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」。 
    作家の門田隆将さんは最近、知り合いの毎日新聞記者からこう聞いたと、26日発売の月刊誌『Hanada』(10月号)で明かしている。 
    朝日新聞記者にも同様のことを言われたという。 

     ▼学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、内閣支持率が下落した安倍内閣を、この機に打倒しようと盛り上がっているということか。 
    門田さんは7月23日付小紙朝刊の新聞批評欄で、そうした新聞を「倒閣運動のビラ」と呼んでいた。 

     ▼そういえば、民進党を離党した長島昭久元防衛副大臣も5月に、自身のツイッターに記していた。
    「昨日たまたま話した朝日新聞のある幹部の表情には、社運を賭けて安倍政権に対し総力戦を挑むような鬼気迫るものがありました」。 



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【倒閣運動】朝日・毎日・東京新聞「安倍を叩くならなんでもする!取材もいらん!」→元新潮記者が語る新聞業界の不都合な真実がヤバ過ぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「日本は素晴らしい」と快感を覚えるより、そこに「他山の石」を見るべきなのだ 

    中国・韓国の非道の原因とは? 

    ケント・ギルバートの『儒教に支配された中国人と朝鮮人の悲劇』(講談社+α新書)が、売れている。今年(2017年)2月に刊行され、私が持っている6月1日付で16刷、帯には「30万部突破」とある(その後、40万部を突破したという)。 

    この本は、「嫌韓嫌中本」である。「悲劇」と銘打っているが、決して中国人や韓国人を慮って書かれたものではなく、現在の中国、韓国がいかに非道の国で、それによって日本や世界が大変な迷惑を蒙っているということを訴える本だからだ。 

    この本の「新しい」点を敢えて挙げれば、両国の非道の原因を、儒教の支配に特定していることである。中国は、マルクスの共同体(アソシエーション)の理念からはかなり変節しているとは言え、今や世界に残る唯一の共産主義大国であり、 



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日】中国・韓国と比べて「日本は素晴らしい」と主張する嫌韓嫌中本で快感を覚えるな!→大手書店が「Kギルバート」をネトウヨ論客と批判www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8c61a42c70be4a2b89ca76609639b9b0




    【動画】



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】櫻井よしこ「朝日新聞は本業で支持を失って赤字を出している!安倍憎しの一方的な偏向報道ばかりでメディアとしての資格はあるのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日忖度報道】毎日・朝日、韓国籍のコンビニ殺人未遂事件に報道しない自由を公使した実態を大物ユーチューバーが大暴露www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ねこ名無し ★ 2017/08/22(火) 14:26:38.11 ID:CAP_USERno title

    (リレーおぴにおん)肉食考:4 「ハレ」のホルモン、楽しみで 洪貞淑さん 

    大阪市生野(いくの)で生まれました。ここは植民地時代から在日コリアン、なかでも済州島の人が多く、両親は「朝鮮市場」の一角でお餅を売っていました。 

    子供のころの楽しみは、焼き肉でした。アボジ(父)が、給料日になると自宅の駐車場に七輪を並べ、10人ほどの従業員に焼き肉をふるまうのです。 



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【アホの朝日新聞、大阪・生野に住む在日韓国人についてサラっと嘘を付き突っ込み殺到→全部、日本が悪いらしい…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2017/08/21(月) 01:20:39.01 ID:CAP_USER
    (著者に会いたい)『ノミのジャンプと銀河系』 椎名誠さん
    2017年8月20日05時00分




     ■原点は幼い頃の素朴な疑問や夢 椎名誠さん(73歳)

     「あやしい探検隊」で知られる行動派の作家・椎名誠さんは、自身を「好奇心の雑貨屋」「幸福な疑問男」という。本書を読むとそのままに、少年期から想像力や旅心を刺激する科学系の知識に親しみ、楽しんできた姿が浮かぶ。

     例えば、ノミの跳躍力は体長の150倍以上だという。体長1ミリなら15センチ以上。もし170センチの人だと250メートル以上跳ぶことになるが、椎名さんの好奇心は、この高さにいる人と共に秒速約400メートル(日本付近)で自転している地球を眺めてみたいと膨らむ。「宇宙エレベーター」など宇宙関連の話では、壮大な未来図も見せる。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】パヨク作家、何故か自分の本の宣伝に日本叩きをサラっと織り交ぜる→「今の日本は最悪!忖度だらけの国に生きていることが悲しい…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2017/08/20(日) 08:19:35.39 ID:CAP_USER
    一記者の見た朝日新聞社――徹底解剖 日本の大組織
    8/20(日) 7:00配信 文春オンライン

    慰安婦報道、原発「吉田調書」誤報と不祥事が相次ぐ大新聞。躓きの石はどこにあったのか? 取材、編集現場での実体験から語る(出典:文藝春秋SPECIAL 2016年 季刊秋号)

    ◆◆◆

     アメリカ人が就きたくない職業の筆頭は、新聞記者――経済誌「フォーブス」(日本版)の無料配信記事にそうあった。米求人情報サイト「キャリアキャスト」社の今年の調査結果だという。去年も記者が最低だった。展望がないというのだ。調査方法がもっと分かると良かったが、独り作業的職業が多いのは興味深い。

     実際、記者稼業は不人気度9位のタクシー運転手に似ている。客がいないか鵜の目鷹の目で視線を歩道に走らす運転手のように、記者もネタを探して歩く。遠く離れた行き先を言う上客が稀なように、上ネタも滅多にない。ただ、そんな運転手記者の目にも映る会社の風情というのもある。山本七平氏にあやかれば、以下は「私の中の朝日新聞」「一記者の見た朝日新聞社」「ある異常体験者の偏見」となろうか。割り引いてお読みいただきたい。
    一記者の見た朝日新聞社――徹底解剖 日本の大組織


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【売国奴】朝日新聞、Y編集委員「ウソでも何でも社内の空気を考えれば日本を貶める記事を書いた方が良いんだよw」と言って書いた捏造記事がこちらwww】の続きを読む

    このページのトップヘ