Powered By 画RSS

    朝日新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/08/12(金)08:49:19 ID:
    閣僚の靖国参拝、中国が自粛要請 稲田防衛相を名指しか


     中国政府が11日までに、日本政府に対して外交ルートを通じ、閣僚が靖国神社に参拝しないよう
    申し入れていたことがわかった。複数の日中関係筋が明らかにした。
    特に稲田朋美防衛相の名前を挙げて懸念を示した模様だ。
    中国では終戦の日の15日に向けて参拝への警戒が高まっている。

     関係筋によると、中国外務省内では、孔鉉佑外務次官補が今月中旬に訪日し、
    日本側に直接こうした懸念を伝えることを検討していたとの情報もある。

    (略)

    続き 朝日新聞・会員記事
    http://www.asahi.com/articles/ASJ8C53PGJ8CUHBI00P.html
    5:2016/08/12(金)09:04:00 ID:
    稲田大明神
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】中国「右翼で軍国主義の傾向がある」=稲田朋美防衛相を名指しで靖国参拝の自粛を要請か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/08/10(水)08:21:45 ID:
    尖閣問題 中国は緊張を高めるな


     沖縄県・尖閣諸島沖に大量の漁船が現れ、中国の公船が領海侵入を繰り返している。
    漁船と公船が大規模に行動している点で、これまでにない動きだ。

     東シナ海の緊張を高める危うい事態である。岸田外相がきのう、
    程永華(チョンヨンホワ)・駐日中国大使を呼んで抗議したのは当然だ。

     外務省は前日まで4日連続で実務級の抗議をしたが、事態は変わらなかった。
    抗議のレベルを閣僚級に上げたのは異例だ。

     このままでは日中関係に悪影響を広げかねない。中国は即刻この動きを止めるべきだ。

     程大使は「事態が複雑化、拡大しないように双方が冷静に努力するべきだ」
    と記者団に述べたが、問題をこじらせているのは明らかに中国側である。

    続き 朝日新聞
    http://www.asahi.com/paper/editorial.html
    4:2016/08/10(水)08:40:07 ID:
    粛清アル
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞社説】今さら?尖閣問題、中国は緊張を高めるな!=日本人が目覚めて憲法改正議論がはじまってしまう…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/08/09(火)07:46:24 ID:
    朝日新聞記者の媚中記事DCから発信
    古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)
    「古森義久の内外透視」


    「日本はいまこそ中国の南シナ海での無法な行動に理解を示し、中国抑止の国際的な動きに加わらず、対中関係を改善すべきだ」
    ――こんな骨子の記事が英文でワシントンから発信された。中国の行動を非難せずにすべて受け入れるべきだとする
    中国政府の主張と同様のこの媚中論調は中国側からではなく、日本の朝日新聞記者からだった。

    アメリカの首都ワシントンも8月の第一週となると、かなり静かになる。やはり多くの人たちが夏休みで旅行に出たりするからだろう。
    そんななかで旧知のアメリカ人元外交官から「こんな奇妙な記事をみたのだが、どう思うか」という問いあわせのメールがあった。
    貼り付けられた記事をみると、大手のシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の日本部が発信しているニュースレターの一部だった。

    (略)

    この奇妙な記事の文末に記された筆者の名をみて驚き、そしてなるほどとも感じた。筆者は朝日新聞記者の林望氏、
    CSIS日本部に客員研究員として出向中だというのだ。この林記者の記事がいかに奇妙で媚中であるか、
    その最終部分をさらなる例証として紹介しよう


    続き Japan-Indepth
    http://japan-indepth.jp/?p=29489

    参考
    戦略国際問題研究所

    A New Phase for Japan-China Ties After the South China Sea Ruling
    https://www.csis.org/analysis/new-phase-japan-china-ties-after-south-china-sea-ruling

    1: :2016/08/09(火) 13:22:58.78 ID:
    朝日新聞記者の媚中記事DCから発信 
    Japan In-depth 8月9日(火)0時0分配信 

    英文のその記事は確かに奇異だった 

    「日本はいまこそ中国の南シナ海での無法な行動に理解を示し、中国抑止の国際的な動きに加わらず、対中関係を改善すべきだ」――こんな骨子の記事が英文でワシントンから発信された。 

    中国の行動を非難せずにすべて受け入れるべきだとする中国政府の主張と同様のこの媚中論調は中国側からではなく、日本の朝日新聞記者からだった。 

    アメリカの首都ワシントンも8月の第一週となると、かなり静かになる。やはり多くの人たちが夏休みで旅行に出たりするからだろう。そんななかで旧知のアメリカ人元外交官から「こんな奇妙な記事をみたのだが、どう思うか」という問いあわせのメールがあった。貼り付けられた記事をみると、大手のシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の日本部が発信しているニュースレターの一部だった。 

    英文のその記事は「南シナ海裁定後の日中関係の新段階」というタイトルだった。発信の日付は8月1日、冒頭に筆者の名前がないので、とくにかく読み始めた。冗長な記事だが、我慢して読み進んだ。内容は確かに奇異だった。  

    この記事はまず国際仲裁裁判所から中国が南シナ海での領有権主張を「根拠なし」と排されたことについて、もっぱら「中国は主権問題では第三国や国際機関の裁定は一切、受け入れないと以前から決めていた」「中国政府が国内のナショナリズムに配慮して対外的に強硬な行動や言明をとるのはやむをえない面もある」「中国外交は伝統的に言葉は強硬だが、穏健な問題管理の方法をきちんと見いだしてきた」などと、中国政府側の立場を擁護する。 

    さらに「中国はベトナムとの南沙諸島の領有権紛争では共同開発という穏健な解決も求めたことがあり、習近平政権は同様に妥協するかもしれない」などという明らかに事実に反する記述もあった。その一方、この記事は中国のそもそもの無法で侵略的な海洋攻勢を非難することはなく、また中国がアメリカや東南アジア諸国から厳しく糾弾されている事実にもほとんど触れない。 

    そしてこの記述がいかにも中国政府のプロパガンダのように響くのは、とくに日本関連の部分だった。今回の国際裁定に対し中国各地で抗議デモが起きたことを取り上げ、2012年の反日のデモや暴動になぞらえて、「先の事態では日中両国でナショナリズムが高まり、政府の政策選択を狭くした」「日本もナショナリズムの再現を防がねばならない」「日本は中国を今回の事態で追い詰めてはならない」というふうに、しきりに日本側の自制を求めるのだ。そのへんには論理がうかがわれない。 

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160809-00010000-jindepth-int


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】林望記者「日本は中国の南シナ海の無法行動を理解し、関係改善すべき」と海外からの反日・媚中マッチポンプ手法が暴露される!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/08/02(火) 21:37:30.84 ID:
     人権救済を申し立てていた川崎市川崎区の在日コリアン3世、崔江以子(チェカンイジャ)さん(43)は2日、法務省の勧告を受けてコメントを発表した。
    主な内容は以下の通り。

     私たちの被害が国によって人権侵犯として認められて、勧告がなされたことをとてもうれしく思っています。

     申告後もネット上で、「文句があるなら帰れ」「出て行け」と誹謗(ひぼう)中傷を受け、怖い思いをし続けてきたので、国の調査で人権被害が認められたことはとても心強いです。ヘイトスピーチに傷つき、「心がバラバラにされた」と泣いた子どもと一緒に被害回復をしていきたいです。

     国によって人権侵害と認められた勧告が示されたという結果は、今までヘイトスピーチに傷ついた人すべてに向けられたものであると思っています。人間としての尊厳を踏みにじられて傷つけられた心の回復は簡単にはできません。

     人権被害を未然に防ぐために、行政機関が責務を果たす条例づくりに取り組んでほしいと思っています。
     当事者の方が、この決定を真摯(しんし)に受け止め、ご自身の良心でもってヘイトスピーチをやめていただきたいと心から願っています。

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ82671RJ82ULOB018.html
    16:2016/08/02(火) 21:42:06.20 ID:
    被害者づらが止まらない
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】在日韓国人3世「文句があるなら帰れ」「出て行け」と誹謗中傷を受け、怖い思いをし続けてきたニダ!ヘイト規制法は心強いニダ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/07/27(水)08:50:16 ID:
     在日コリアンを中傷するビラが福岡市内の商業施設のトイレなどに貼られた事件で、
    福岡県警は、建造物侵入容疑で逮捕、起訴された福岡市南区の無職越智和年容疑者(64)を
    同容疑で追送検し、捜査を終えたと26日発表した。
    「在日コリアンが嫌いでやった」と容疑を認めているという。

    6月17~30日に福岡パルコ福岡市中央区)のトイレなど市内の計16カ所でビラが貼られ、いずれも越智容疑者が関与したことを確認した、と県警は説明している。

     追送検容疑は、「日本人を排除、差別するコリアン企業」などと書いたビラを貼る目的で、6月18~26日に博多バスターミナル(同市博多区)のトイレに侵入したなどというもの。

     事件をめぐっては、福岡地検が今月22日に建造物侵入罪で起訴した際に「ヘイトスピーチ対策法の趣旨にも照らした」と言及した。(鈴木峻)

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASJ7V6JTSJ7VTIPE02W.html
    2:2016/07/27(水)08:52:19 ID:
    自演自演

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】「在日コリアン嫌い」でトイレにビラ、侵入容疑とヘイトで追送検ニダ!→ネット民が自作自演を指摘www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/07/17(日)10:45:46 ID:
     元米海兵隊員で軍属の男が沖縄の女性を殺害した罪などで起訴された事件をきっかけに、
    「反基地」の声が高まる沖縄で、基地と関わりを持つ日本人の胸のうちは複雑だ。
    怒りを共有しつつ葛藤する人たちに会った。

     「事件の悲惨さが明らかになるほど怒りがわく。半面、不安も強くなる」。
    沖縄で生まれ育ち、米軍人と結婚した30代の女性が打ち明けた。
    沖縄本島中部に住み、米軍人との間に小学生の子どもが2人いる。

     事件後、各地の集会で「全基地撤去」のプラカードが揺れ、6月19日の県民大会でも
    「海兵隊の撤退」などを求める決議が採択された。
    女性は「基地をなくせという思いはよく分かる」と言う一方、
    「軍人全員が罪を犯す可能性があるように見なされるのはつらい」と表情を曇らせる。(略)

     米軍関係者用の「Yナンバー」の車を自ら運転するとき、夫に似た容姿の我が子と道を歩くとき……。反基地の怒りが自分たちに向かないかと恐れているという。「9・11同時多発テロ)の後、米国にいたイスラム教徒もこんな思いだったのかな」と漏らした。
    朝日新聞・会員記事
    http://www.asahi.com/articles/ASJ7C53HPJ7CTIPE026.html

    6: :2016/07/17(日)11:53:59 ID:ここにアメリカの犬がいるぞ殺れー、か

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】沖縄で米軍人と結婚する女性はアメリカに居るイスラム教徒と同じ心境…反基地ヘイトの実態とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/07/10(日)07:54:41 ID:

    ■村山富市元首相

     いろんな総理大臣がおりましたけども、この安倍(晋三)さんというのは最悪の総理大臣です。
    本音を隠して都合のいいことばかり言い、国民をだまして選挙に勝とうと。
    こんな魂胆を持っている総理は初めてです。
    私はもうあまり先が長くないかもしれませんけどね、今のような政権が続く限りは
    死んでも死にきれない気持ちなんですよ。

    (中略)

     それを憲法の解釈を勝手に変えて、自衛隊がどんどん海外に出て戦争ができるような国に
    しようっていうんですから。
    こんな本音はこれから先も言いませんよ。現に隠してしまっているでしょ。
    だけども、(選挙が)終わったらやりますよ。必ず。(大分市での街頭演説で)

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    朝日デジタル 7月9日付け
    http://www.asahi.com/articles/ASJ797509J79UTFK014.html
    2:2016/07/10(日)07:56:47 ID:
    神戸を見殺しにした糞爺はさっさと死ね(怒

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】村山元首相「いろんな総理がいたけど、安倍さんは最悪。国民をだまして勝とうとしている。」→「死んでも死にきれない」】の続きを読む

    このページのトップヘ