Powered By 画RSS

    中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/28(水) 23:09:03.41 ID:

    【米中激戦!】背後に中国?幻となった「ロシア・ゲート」疑惑 内戦を戦うトランプ氏

     米上院情報特別委員会で8日、FBI(米連邦捜査局)のジェームズ・コミー前長官が証言した。
    米大手メディアは、コミー氏が「ロシア・ゲート」疑惑で、ドナルド・トランプ米大統領の捜査妨害を証言するのではないかと色めき立った。
    結果は「大山鳴動して鼠一匹」出なかった。コミー氏は、トランプ氏の捜査妨害があったかどうかという質問に、「なかった」と明言したのだ。

     こんなやり取りもあった。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【中国?韓国?北朝鮮?】森友・加計とロシアゲートと日米同時発生「フェイクニュースによる政府叩き」でマスゴミ工作をしている真犯人が判明!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/18(日) 07:42:34.04 ID:

    中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)の第2回総会が17日に閉幕しました。
    日本やアメリカが参加を見送るなか、新たに3カ国が加盟するなど勢力は拡大しています。

     加盟国の拠出金が中国の都合の良いように使われるのではないかという懸念を取り除くため、AIIBは組織の透明性を何度も強調しました。
     AIIB・金立群総裁:「我々は品質を重視する。AIIBは開放的で透明だ」
     中国主導の巨大経済圏「一帯一路」のプロジェクトであっても、「あくまでAIIBの基準で判断する」と独自性を主張しています。
    一方、日本政府は、総会へのオブザーバーとしての招待を断るなど慎重な姿勢を崩していません。

    ただし、加盟国・地域が80にまで増えたことで、日本もAIIBを無視できなくなるという声も聞かれました。
    経済界などでは参加に積極的な意見もあるなか、日本はこのまま様子見を続けるのか、それとも方針を変えるのか、判断が迫られています。

    AIIB総会が閉幕 透明性強調も日本は慎重姿勢
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000103404.html
    71:2017/06/18(日) 08:04:50.37 ID:
    >>1
    と言う願望を書いてみました
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【テレ朝】AIIB・中国人総裁「AIIBは開放的で透明だ」→ 「おっしゃる通り!日本も無視できないという声が沢山、挙がっています!バスに乗り遅れるな!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/15(木) 07:35:03.55 ID:
    http://news.searchina.net/id/1637787?page=1

     旅行で日本を訪れた中国人の多くが、日本の「環境」の良さに驚く。中国の北京市などでは大気汚染が深刻化しているうえ、黄砂も多いために埃っぽいが、日本では青空を拝むこともでき、大気汚染で喉や鼻が痛くなることはない。
     
     中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の環境や日本人の生活環境は「すばらしすぎる」と伝え、「日本という国は嫌いだが、生活環境を含めた日本の環境は大好きだ」と論じる記事を掲載した。
     
     記事は、桜が咲いた公園の風景を始め、日本でごく当たり前に見られる場所の様々な写真を複数掲載したうえで「日本の空はとても青く、水はとても澄んでいる」と紹介。また、道路にはゴミは落ちておらず、非常に清潔で「日本はどこを訪れても秩序があって清潔である」と主張した。
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【反日】中国人「日本という国は嫌いだが、空気や水のキレイな日本の環境は大好きなんだ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/09(金) 00:08:12.52 ID:

    中国への経済依存を優先した韓国は、中国の軍門に下る結果を招いた。環境評価などを口実にTHAADの追加配備を中断。
    文政権は対話重視で北朝鮮には足元を見られ、米国との関係も危ない。行きつく果ては?

    経済で韓国を「釣る」

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は選挙期間中からTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)の韓国配備に関して慎重論を展開してきたが、
    大統領に当選すると、早速中国の習近平国家主席と電話会談。
    「中韓の関係改善を図りたい」と語る文大統領に対して、習主席は「それなら実際の行動で示すように」と語ったという。中国メディアが伝えた。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【属国】中国への経済依存を優先した韓国、環境評価などを口実にTHAADの追加配備を中断!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/07(水) 10:35:14.60 ID:
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2017/06/07/1000000000AJP20170607001100882.HTML

    【ソウル聯合ニュース】先月31日に埼玉スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の済州ユナイテッド(韓国)対浦和レッズ(日本)戦で、浦和の選手に肘打ちをした済州のペク・ドンギュが、謝罪の意向を示した。

     済州のチーム関係者は7日「ペクは日本に出向いて(浦和のMFの)阿部勇樹に謝罪したいと言っている。きょうから休暇に入るが、一両日中に日本を訪れ謝罪する予定だ」と伝えた。ペクの意向を浦和側に伝えたという。

     ペクはこの試合で、チームが0―3で負けていた延長後半、ベンチからグラウンドに走り込んで阿部に肘打ちを加えた。当時、済州の選手は時間稼ぎをする浦和の選手ともみ合いになり、興奮したペクがやや過激な行動に出たという。ペクはすぐに退場となり、日本のサッカーファンから大きな非難を受けている。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【サッカー】浦和MFに肘打ちの済州ペク選手、謝罪のため訪日へ→素晴らしい言い訳を御覧下さいwww】の続きを読む

    このページのトップヘ