Powered By 画RSS

    中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/09(土)12:31:15 ID:
     中国青年報など中国メディアによると、米国の高校に留学していた中国人3人が5日、
    同級生を監禁して暴行を加えたとして、懲役6年から13年の刑が確定した。
    刑期を終えた後には、米国から追放される。
    さらに証人を買収しようとした疑いで逮捕された父親もいたという。

     事件発生は2015年3月30日。場所は伝えられていない。中国人留学生10人が、
    些細なことで同級生の女子生徒2人に腹を立て、公園に連れ込んで数時間に渡って殴るける、
    服を脱がせて胸にたばこの火を押しつけるなどの暴行を加えたという。
    同じ高校に留学していた中国人12人のグループのうち、10人が加害者に、2人が被害者になった。

     裁判所は被告3人について暴行、器物を用いた暴行、誘拐などの罪があるとして、
    それぞれ懲役13年、10年、6年の懲役刑を言い渡した。
    さらに、刑を終了すると同時に、米国から強制追放される。被告のうち2人は女性だ。


    3人については、罪を認めて上告しないことを条件に、司法取引で刑が軽くなった。司法取引が成立しなければ終身懲役の可能性もあったという。刑は確定したが正式の判決は2月16日に言い渡される。
    警察が身柄を確保して起訴されたのは6人で、3人については刑が確定していない。4人については逃走中だが、すでに中国に帰国したとの見方も出ている。被告6人の父親の1人は、自分の子が逮捕されたと知り中国からやってきたが、証人を買収しようとた疑いで逮捕され、裁判にかけられることになったという。
    infoseek楽天/サーチナ / 2016年1月8日 11時27分

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 34◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451185156/588
    4: :2016/01/09(土)13:31:35 ID:
    あらら中国共産党幹部だな

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【米国と日本で凶悪犯罪を犯した外国人の処遇が違いすぎワロタwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/06(水) 21:18:14.84 ID:
     中国国防部が先月31日に開いた定例記者会見において、楊宇軍報道官は中国が2隻目の空母を独自に設計・
    建造していることを初めて裏付けた。2隻目の空母が海南省に配備されると海外メディアが予想したことについて、
    軍事専門家の張軍社氏はインタビューに応じた。要約は下記の通り。

     同空母の配備について論じるのは時期尚早だ。海南省の配備は考えられる案だが、直面する脅威、港湾の適応性、
    全体的な配備状況に基づき総合的に検討しなければならない。


     2隻目の空母は中国が独自に設計・建造する国産空母で、中国の総合的な実力が一定の程度に達したことを示す。 
    空母は大国の標準装備であり、国民に誇りを抱かせる。1隻目の「遼寧艦」と比べ、2隻目の空母は艦体の建造、 
    システムの設計のすべてが改善されており、総合性能が向上する。まず大きさは遼寧艦をやや上回り、排水量は5万トン級だ。 
    次に動力システム・電子システム・武器システムという3大システム間の統合性・協調性・融合性がさらに向上し、相互干渉を 
    減らす。これは空母の作戦能力と全体性能を大幅に高める。 
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【中国】軍事専門家の張軍社氏「中国の空母、少なくとも3隻が必要 5-6隻ならばなおさら良い」→ただの公共事業だと発覚www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/07(木)15:11:15 ID:
     2016年の正月を挟んで、中国海警局巡視船団が尖閣諸島周辺の日本接続水域を航行し、
    一時は日本領海内にも侵入した。

     2015年のクリスマス前の12月22日から25日にかけて、
    中国海警局の巡視船3隻(「海警31239」「海警2307」「海警2308」)が
    尖閣諸島沖の日本接続水域内を航行しているのが海上保安庁により確認された。
    そして26日になると、これらの巡視船は日本領海内に侵入した。

     さらに1月3日には、同じく中国海警局の4隻の巡視船
    (「海警31241」「海警2101」「海警2166」「海警2401」)が、
    尖閣周辺日本接続水域を航行しているのが海上保安庁によって確認された。

     これらの中国巡視船のうち、「海警31239」と「海警31241」は
    それぞれ連装機関砲とみられる砲塔4基を装備している重武装巡視船であった。
    日本のメディアはあまり取り上げていないが、アメリカ海軍関係者などの間ではこのことが問題視されている。

     なぜならば、中国が尖閣周辺海域に重武装巡視船を投入したのは、今回が初めてだからである。



    全文 Yahoo!ニュース/JBpress 1月7日(木)6時15分配信 北村 淳 全3ページ
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160107-00045700-jbpressz-int

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 34◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451185156/481
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【画像】中国、機関砲を搭載した武装船で尖閣&沖縄をガチで奪いに来たぞ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/06(水) 21:34:44.20 ID:
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【中国滅亡】大気汚染?衛星の攻撃?世にも珍しいアニメの様な現象がwww天に向かって伸びる光の柱が観測される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/05(火)23:14:00 ID:
    【タイ】逮捕後に日本人になりすました中国人に、笑えないコントだとあきれるタイメディア?

     2016年1月5日、中国人による騒動が月に何度も報道される事が多かった2015年。
    9月に発覚した窃盗事件がタイでもあきれられている。
    宝石を窃盗し、飲み込んで出国しようとした中国女は日本人を装っていた事がわかった。
    さらに盗まれた宝石が偽物だったことも発覚。被害に遭った販売店も摘発されるという、
    まるで笑えないコントのような顛末の事件となった。



    続き Yahoo!ニュース/Global News Asia 1月5日(火)9時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000002-gnasia-asia
    28: :2016/01/06(水)08:07:10 ID:
    朝鮮系の中国国籍か? 
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【中国人ザパニーズ宝石泥棒が逮捕され騙されていたことに気づくコントの様な展開www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/06(水)12:21:50 ID:
    2016年1月4日、観察者網は「日本は慰安婦問題でなぜ韓国にだけ謝罪するのか」
    と題する記事を掲載した。以下はその内容。

    旧日本軍の慰安婦問題で日韓両政府が合意した。中国でも大きな注目を集めた背景には、
    強制連行された慰安婦20万人の半数は中国人女性だったからだ。中国の人々の間には
    「日本はなぜ韓国にだけ謝罪し、中国には謝罪しないのか」と疑問の声が上がっている。

     

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【中国が慰安婦問題に参戦「なぜ韓国にだけ謝罪するのか?強制連行された20万人の半数は中国人女性だったアル!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/05(火)22:04:28 ID:
    中国メディアの新浪網はこのほど、中国の航空母艦「遼寧」は今後、搭載する
    「J-15(殲-15)」は制空権を確保できなくとも、
    敵艦隊を沈められると主張する記事を掲載した。

     遼寧は2012年9月に、中国人民解放軍海軍に引き渡された。
    記事は「本当の戦力になるまでに5-8年間は必要との見方が多かったが、
    遼寧のこれまでの状況から予想を大幅に短縮するだろう」と主張した。

     J-15については、現役の艦上戦闘機として唯一の重戦闘機と主張。
    米国のF/A-18やフランスのラファールと比べても遜色ないと論じた上で、
    米国のすでに退役したF-14やロシアのSu-33と比べれば
    アビオニクスや空力性能で優勢であることは、さらにはっきりしていると強調した。

     パイロットについては、技術上最も困難は発着艦を取得するのに1、2年は必要なので、
    まだ人数が少ないが、絶え間なく増員していると論じた。
    続き exciteニュース/サーチナ 2016年1月5日 11時49分 (2016年1月5日 21時50分 更新)
     
     
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【中国海軍は空母「遼寧」で制空権を取らずに敵艦隊を撃沈可能アル!とトンデモ理論を展開www】の続きを読む

    このページのトップヘ