Powered By 画RSS

    欧州

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DCzvGffWsAA_ZMC


    【段階的に男女平等を実現したデンマークの王位継承ルール】

    日本の皇太子殿下がデンマークを公式訪問し、デンマークのマルグレーテ2世女王とも会食をされました。デンマーク王室は日本の皇室に次いで、世界で2番目に古い王室とされています。そのデンマーク王室の王位継承ルールはどうなっているのでしょうか。

    先代のデンマーク国王フレデリック9世には、男子がなく、子どもは3姉妹。当時のデンマークは、まだ王位継承を男子にしか認めていませんでした。そこで、1953年の憲法改正により、女子の王位継承を認めることになりました。長女マルグレーテ(現在のマルグレーテ2世女王)が13歳の時でした。しかし、このときにはまだ、国王に男子の王子が生まれた場合、3人の王女ではなく、末子の王子が王位を継承するという男子優先の法律でした。

    1972年、フレデリック9世は、男子を残すことなく、死去。これにより、当時31歳のマルグレーテ2世が女王に即位しました。つまり、1953年から1972年の間、マルグレーテ王女は、推定相続人ではあっても、皇太女ではありませんでした。弟が生まれたら国王になるのはマルグレーテ王女ではなく、弟だったからです。

    女性として初めて即位したマルグレーテ2世は、その卓越した才能は人間的魅力によって、デンマーク国民の人気と支持を獲得しました。そして王位継承は2009年に「男子優先」から性別を問わない「長子優先」に国民投票によって変更されました。これによりデンマークの王位継承は完全に男女平等となりました。

    マルグレーテ2世女王の長男フレデリック皇太子が王位を継ぐ予定です。譲位は可能とされていますが前例はなく、現在77歳の女王も健在で譲位する意思はないようです。なお、マルグレーテ2世女王の夫であるヘンリク王配殿下(83歳)は、昨年から全ての公務を引退しました(皇太子殿下との写真に登場していないのもそのためです)。



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【炎上】駐日デンマーク大使館が日本の皇室に上から目線で男女平等を解いたツイートに非難殺到www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [IT] 2017/09/22(金) 08:22:32.68 ID:xuE9Y0Za0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    no title
    【ベルリン=宮下日出男】フランスのフレセル・スポーツ相は21日、北朝鮮情勢の緊迫化を受け、来年2月の平昌冬季五輪について「状況が悪化し、安全が確保されなければ、 
    フランスの選手団はここにとどまるだろう」と仏メディアで述べ、参加見送りもあえりるとの見解を示した。ロイター通信などが伝えた。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000509-san-spo



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【フランス「北ミサイルで韓国は危険だし平昌五輪の参加見送りるわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@無断転載は禁止 [DE] 2017/09/21(木) 12:21:21.87 ID:oLMLGmJj0 BE:762376718-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    ドイツ大衆紙ビルト電子版は20日、同国のシュレーダー前首相が韓国人女性(48)と交際していると報じた。 

    シュレーダー氏は今月、元慰安婦の女性が共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦問題で謝罪していないと日本を批判。 
    韓国の文在寅大統領と会談し「過去を直視することが関係国との協力の基盤になる」と発言していた。 

    ビルトによると、シュレーダー氏は昨年、ドイツ人の妻との離婚届を提出しており、近く離婚が成立する見通しという。 
    女性は既婚だが夫と別居中。シュレーダー氏は女性と連絡を取るため、人生初のスマートフォンまで購入したという。(共同) 

    http://www.sankei.com/world/news/170921/wor1709210035-n1.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ハニトラ】日本を糾弾するドイツの反日元首相、韓国人女性と不倫関係にあった事が判明⇒ネット民「慰安婦じゃんw」「解りやすいなぁ」「韓国面に落ちたか…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [EU] 2017/08/24(木) 09:26:51.75 ID:8r4JoOAn0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

    https://jp.sputniknews.com/politics/201708234013633/ 

    ドイツのメルケル首相は、ベルリンで開かれたハンデルスブラット紙主催の会議で 北朝鮮との軍事紛争が起こった場合、ドイツが自動的に米国側につくことはないと述べた。 

    メルケル首相は、北朝鮮との紛争が誘発された場合、ドイツは「自動的に米国側につくか」?との記者の質問に、このように答えた。 

    またメルケル首相は北朝鮮問題について、軍事的解決の必要性は見出せないとし「それは正しくないと思う。私は、外交措置が完全には用いられていないと確信している」と語った。 


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【敗戦国】独メルケル首相、中国へ露骨な配慮から北朝鮮を全力で擁護で米国を批判→レッドチーム入りで歴史は繰り返すもようwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/08(月) 09:26:41.00 ID:
    フランス大統領選(7日に決選投票)の取材で、パリなどに滞在した杉田水脈元衆院議員は、
    現地で「憲法改正反対」や「安全保障法制」などについて、一方的な視点の勉強会や集会が
    開かれていることを知った。GHQ(連合国軍総司令部)が日本の弱体化を図るために育て、
    左派陣営が刷り込んだ自虐史観は海外にも広がっているのか。杉田氏の緊急リポート第2弾。

    (写真)

    ▲ フランスで「左派活動」が展開されているという
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【在仏韓国人、フランスで「安倍政治を許さないデモ」を呼びかけ→在仏日本人や現地人が参加し「日本も韓国や中国に謝るのは当たり前」と洗脳される…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/21(金) 08:42:02.83 ID:
    極右に抗議する人々が暴徒化、警官隊と衝突 ルペン氏の集会近くで

    仏パリで17日、極右政党「国民戦線(FN)」に対する抗議デモが行われ、デモ隊と警官隊が衝突した。現場付近ではフランス大統領選に立候補している同党のマリーヌ・ルペン党首が選挙集会を行っていた。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3125654


    動画



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【仏パヨクw】極右政党に抗議する平和を愛する左派市民の方々が暴徒化し警官隊と衝突www反トランプ・反アベと全く同じ行動原理ワロタwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/02/11(土) 21:35:58.23 ID:

    フランス南部でテロ計画容疑、16歳少女ら4人拘束

    TBS系(JNN) 2/11(土) 21:20配信
     フランス南部で10日、テロを計画したとして16歳の少女を含む4人が拘束されました。

     フランスの捜査当局は南部の街モンペリエで10日、国内でのテロを計画したとして16歳の少女を
    含む男女4人を拘束しました。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【これが世界だ!】フランス、テロを計画していただけで16歳の少女4人を逮捕→パヨクだんまり糞ワロタwww】の続きを読む

    このページのトップヘ