1:2016/01/05(火) 10:16:57.45 ID:


パリの新聞社「シャルリ・エブド」では去年1月、武装した男らが押し入って銃を乱射し、当時の編集長など12人が死亡しました。
事件から7日で1年になるのに合わせて、新聞社は特別号を発行することになり、表紙に掲載される風刺画が4日、公開されました。風刺画には、「暗殺者は今も逃走中」とのタイトルとともに、自動小銃を抱えた老人が走って逃げる様子が描かれています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160105/k10010361211000.html
2:2016/01/05(火) 10:17:46.40 ID:
はい報復テロ
ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
【【悲報】フランス人、また風刺画でイスラム教徒挑発し報復フラグ】の続きを読む