Powered By 画RSS

    在日特権

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/06(木) 10:16:27.24 ID:

    都遊連健全化センターからの通達で、今後は有名人、ライター、取材を問わず当日含めて一切の告知禁止となりました。
    インターネット上、ツイッター、LINE、専用アプリ等を含めて一切禁止なので、見つけた方は情報提供をお願いします。

    健全化センター 03-3260-7382

    来店取材時の店内告知もNG/東京都内ホール
    http://www.yugi-nippon.com/?p=10389
    2:2016/10/06(木) 10:16:45.97 ID:
    やったぜ
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日崩壊】パチンコ業界に更なる激震!警察外郭団体のハシゴ外しで在日芸能人の大きな収入源が断たれた模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/02(日) 09:05:24.10 ID:
    有田芳生 @aritayoshifu 8分前

    在日韓国・朝鮮の学生に奨学金を出している「朝鮮奨学会」で
    「ヘイトスピーチ解消法の成立と展開」について講演します。
    福沢諭吉にたどる日本の差別意識の根絶は歴史的な課題です。
    在日の弁護士で構成されるLAZAK編の『ヘイトスピーチはどこまで規制されるか』は現実的なテーマで刺激的でした。

    https://twitter.com/aritayoshifu/status/782367618015440897
    12:2016/10/02(日) 09:10:23.43 ID:
    >>1
    お前と福沢諭吉の知見、人格の差は
    天文学的大きさだわ、ぼけが。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民進党】しばき隊代表・有田芳生「在日学生に奨学金を出す朝鮮奨学会で講演!福沢諭吉にたどる日本の差別意識の根絶は歴史的課題です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/29(木) 20:47:53.11 ID:
    桜井誠?@Doronpa01
    来月1日より江東区に「在日専用」老人ホームが開設します。私企業であれば在日専用であれ自由なのですが、このホームには都税八億円が投入されているのです。都税が投入されているのに日本人が入居できないというトンデモ老人ホームです。皆さんで是非小池都知事に本件を伝え対処を求めましょう!
    20:48 - 2016年9月28日
    https://twitter.com/Doronpa01/status/781339921285980160?lang=ja

    桜井誠?@Doronpa01
    「在日だけじゃなく日本人だって入れる」と訴える人がいます。しかし、故郷の家東京のサイトをみれば、最初から在日のための専用ホームとして建設されており、もめ事が必ず起きるであろうこのホームにわざわざ入居する日本の老人がいるとも思えません。東京都の八億円の支出は間違っています。
    21:53 - 2016年9月28日
    https://twitter.com/Doronpa01/status/781356277297405953?lang=ja

    参考
    故郷の家東京
    http://www.kokorono.or.jp/
    1982年、ソ-シャルワ-カ-の尹基(田内基)韓国社会福祉法人・共生福祉財団会長は、韓国の子どもたちの生活費や学費を支援する「こころの里親」プログラムを始めました。

    その後、アフリカの子どもたちにも支援の輪を広げ、1983年からは日本国内に在住する韓国・朝鮮人の心のふるさととなる老人ホ-ムプログラムを開始しました。

    国内外の支援を通じて、国境、民族をこえて共に生きる社会をつくることを目指し、一つまた一つと事業を増やしていきました。

    その運動の推進母体として、1988年9月、社会福祉法人こころの家族が、大阪府から認可されて設立しました。また、本法人は、故郷の家の運営母体になっています。

    (関連、抜粋)
    多文化共生のための介護施設「故郷の家・東京」の着工記念式典が17日、東京都港区の韓国領事館で行われた。

    2016年秋のオープンを目指して工事を進める。式典には、鳩山由紀夫元首相や野中廣務元官房長官、韓国からは柳興洙(ユ・フンス)駐日大使など多くの著名人が参加した。

    式典は、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会の峯野龍弘牧師の祈りで開始。

    その後の式典では、日韓の関係などに触れられ、さまざまな障壁があっても手を取り合って進めていくことにフォーカスが当てられた。

    東京に「故郷の家」を設立するのにかかる費用は23億円 。うち8億円は東京都が補助し、残り15億円は法人が負担する予定だが、一部は募金で充当する。
    14:2016/09/29(木) 20:53:41.75 ID:
    >>1
    なんだ? この差別的特権は?
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日特権】桜井誠「来月より「在日韓国・朝鮮人専用」老人ホームが開設。ここに都税八億円が投入されている!小池都知事に対処を求めましょう!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/28(水) 09:35:27.60 ID:
    朝鮮学校を支援するアボジ会のパワーアップを目指した「関東アボジサミット2016」が8月28日、東京・荒川区の東京朝鮮第1初中級学校で行われ、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬などの朝鮮学校18校から約50人のアボジ会のメンバーが集まった。
    アボジ会は各地の学校で増えており、学校支援の様々な取り組みが生まれている。アボジたちの暑い夏を追った。

    東京第9アボジ会、サランの会に学ぶ
    無償化差別や補助金カットなど朝鮮学校を取り巻く厳しい状況は続くが、オモニ会同様、アボジ会は元気だ。学校の掃除や改修、さらには地域交流や教育権利を求める働きかけと支援の形は現実的でユニークなものが多い。
    今回、関東アボジサミットを呼びかけたのは東京第1初中のアボジ会で、3ヵ月間で関東一円のアボジたちをじかに訪ね、交流を重ねてきた。関東には20年の歴史を持つアボジ会もあれば、生まれて数年の会や準備中の学校もある。

    第一部は、関東地方でも20年前から他に先んじる活動を続けている東京第9初級アボジ会、「サランの会」のメンバーの7人を講師に招き、経験談を学ぶことから始まった。

    トップバッターは、東京第9アボジ会の第3代会長の金容星さん。会長をしていた2000年を前後する時期は、朝鮮半島をめぐる情勢が緊迫、通学時の子どもたちの安全を守る必要があり、
    地域の日本市民との交流、とくに近隣の杉並区立第1小学校や、馬橋小学校の「おやじ会」と顔の見える交流を重ねてきた。

    関東地方では先駆けて地域開放型のバザーを開催し、1000人の住民でにぎわったこと、区の後援を受けての演劇「さんねん峠」の上演、仲良しキャンプなど、大人の交流が子どもたちの豊かな出会いにつながったことも報告し注目を集めた。

    杉並区では、2011年には第9ハッキョを支える日本の市民団体「サランの会」が生まれ、特別授業や給食、学校イベントのお手伝いといった支援を続けている。区議会議員や区の職員も名を連ね、
    スキーキャンプに同行したり、読み聞かせにも参加する広がりを見せている。

    「サランの会」事務局長の三木譲さん(49)は、「僕たちが見守っているから、安心して勉強して―。そんなメッセージを届けたい。学校の活動に自然と重なりながら、地域の仲間として何ができるのかを考えていきたい」と第9への思いを伝えた。

    楽しく続く、アボジ会に~親睦、給食、プレミア体験
    第2部は、この日のメインイベントとも言える各地のアボジの経験交流だ。7校のアボジ会代表が登壇し、各学校の取り組みを発表した。

    「80メートル長さのキーンパプ」「マグロ解体ショー」など、奇抜な発想で注目を集める埼玉初中の李賢奎前アボジ会会長(46)は、補助金を止めている埼玉県への要請、夏休みの学童支援の一環としてのザリガニ釣り、生徒たちとの運動会と焼肉で学校を盛り上げてきたことを伝えた。

    創立55周年を迎える今年、「60周年に向けて、児童・生徒数の目標を300人に定めるなど大きな目標を立てて前へ進みたい」と語る。
    東京第4初中アボジ会の金竜基会長(44)は、「第4出身以外のアボジたちがハッキョに来ても、居場所がなく、溶け込めるような会にしたかった」として、4月の公開授業の日にオモニ会と共催で懇親会を開いていると発表した。

    東京第2初級を支援する「2HOPE」からは姜相龍さん(50)が報告。ヘリコプターやF1レーサーの夢を持ってもらおうと、フライトシュミレーターを学校に置いたり、カーレース体験をさせている。泊まりがけで天体写真を撮りにも連れていく。
    会の名前をあえて「アボジ会」としなかったのは、「現役も元保護者も学校支援に参加できる受け皿にしたかった」からだという。


    どの学校のアボジたちも、子どもと教職員、学校のために、行動する点では共通しているが、学校の基盤ともいえる児童・生徒数増加のための実践には大きな関心が集まっていた。
    過去10年で21人から81人へと児童生徒数を大きく増やした西東京第2初中アボジ会の黄賢二会長(39)は、「06年度の中級部休学の際、学校がなくなるという噂が回ったこともある。
    現状を打破するため、通学バスを出し、学童保育も19時まで運営するなど、保護者の具体的なニーズに学校側が応えたことが児童・生徒数増の要因だった」と語りつつ、教職員の負担が重くなっている点も気がかりだと話した。
    経験談を聞いた後は、グループ別のディスカッションへ。児童・生徒数増加のため、分会、支部で同胞の掘り起こしが必要だという積年の課題も示された。

    月刊イオ
    http://www.io-web.net/2016/09/
    2:2016/09/28(水) 09:36:32.71 ID:
    >>1
    どうして祖国に支援を求めないの?

    66: :2016/09/28(水) 10:20:52.33 ID:
    >>2 
    ほんそれ

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日特権崩壊】朝鮮学校を支援する「アボジサミット」を開催・・・「無償化差別や補助金カットなど厳しい状況が続くが元気ニダ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/18(日) 10:21:55.65 ID:
    <学生会>在日として前向きに…KSJで連帯深める
    <学生会>KSJで連帯深める


    在日韓国学生会(奇龍寿中央会長)のKSJ(在日韓国大学生ジャンボリー)が9日までの4日間、三重県津市で開かれ、同胞学生45人が連帯意識を深めた。

     開会式で奇会長は「KSJは全国同胞学生のネットワークを広げる場。みんなで語り合い、汗を流し、連帯を深めよう」と呼びかけた。民団中央の崔峯圭文教局長は「みなさんが在日同胞社会の後継者だ。冬と夏、年2回ある連帯のイベントを学生たちの情熱を発揮し、多くを学んで吸収してほしい」と激励した。

     2日目は在日韓国人高校生を描いた韓日合作映画「GO」(原作・金城一紀、2001年公開)を鑑賞した後、「在日」のアイデンティティについてを班別でディスカッションした。

     また、3日目の班別討論も「結婚相手」「将来住む国」「国籍選択」「民族的アイデンティティ」「スポーツで韓日どちらを応援」の5つのテーマから2つを選択してきたんなく語りあった。

     結果発表では「ヘイトスピーチなどの問題もあるが、やはり在日として堂々と生きたい」「できれば在日同士で結婚したい」「日本も応援するけど、韓日戦はやっぱり韓国を応援する」など、前向きな意見が多かった。

     このほか、スポーツレクリエーションや交流パーティーなどを通じて連帯を広げた。

    (2016.9.14 民団新聞)

    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=22357
    7:2016/09/18(日) 10:23:15.81 ID:
    けれども 在日特権は十分に利用する

     生活保護はたんまりもらう だろ
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民団】在日学生の本音「韓日戦は韓国を応援する」「在日として生きたい」「在日同士で結婚したい」→「けれども在日特権は十分に利用する」だろ?w】の続きを読む

    このページのトップヘ