Powered By 画RSS

    産経新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    阿比留瑠比

    twitternew_thumb



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【産経記者が朝日新聞のフェイクニュースを直接取材でファクトチェックをした結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    阿部岳・沖縄タイムス

    twitternew_thumb
    どうか助けてください!
    #産経新聞社 の単なる
    誤報▶︎謝罪▶︎処分問題ではありません!沖縄の異論排除を目的とした「言論弾圧」です。
    是非高木支局長に応援のメッセージを!
    TEL:03-3275-8747
    FAX:03-3275-8975
    shuto@sankei.co.jp pic.twitter.com/e2lwSvRnnd
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【沖タイ記者「怪しげな情報も報道機関を通せば本当らしく見える情報ロンダリング!産経の報道が典型だった!事実の重みは知っている!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    阿比留瑠比

    twitternew_thumb
     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】産経記者「共産党は安倍独裁と言うが志位和夫は18年間選挙なしでトップを務めてる!これが独裁…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    望月衣塑子

    twitternew_thumb
     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク脳w】東京新聞・望月衣塑子「あいつは北朝鮮のスパイやで!コロしたる!と会社に脅迫電話が来た!(産経が)記者にスポットを当てて記事を出す事が脅迫や暴行に繋がる!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    山尾志桜里氏、他人に厳しく、自らの不倫疑惑には口つぐんだまま越年
    今年最も永田町を騒がした政治家は、山尾志桜里衆院議員(43)ではないだろうか。既婚男性との不倫疑惑を報じられて民進党を離党したが、直後の衆院選で無所属で当選すると、その男性を政策顧問に起用して世間を驚かせた。年末には立憲民主党に入党し、山尾氏のニュースは今もネットを騒がしている。

    「みそぎは済んだ」との認識かもしれないが、税金が投入される国会議員である以上、国民の疑問に答える責任がある。一連の騒動について聞くため、山尾氏側にインタビューを申し込んだが「日程調整ができない」として断られた。残念だが、ジェットコースターのように激しかった今年の山尾氏を独自に振り返りたい。

    全文は以下より
    http://www.sankei.com/premium/news/171230/prm1712300039-n1.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク脳w】産経新聞「山尾志桜里氏に疑惑に関する取材を申し込んだが断られた…他人に厳しく、自らの不倫疑惑には口つぐんだまま越年するのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    新潟市の避難所は中国人に実効支配

     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【産経編集委「中国人が3.11の避難所を実効支配した!議員が行くと中国人が占領して3mしか入れず見たもの一切公表しないと覚書を書かされた!治外法権だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DQZV0mPUIAAlS-_

    今回、小・中学校の学習指導要領が今年3月に改訂され、竹島に関する記述が盛り込まれた。これまでにも、学習指導要領の意味や解釈などの詳細について説明した「学習指導要領解説」に竹島が取り上げられていた。だが、文部科学省が定めた教育課程の基準で法的拘束力を持つ学習指導要領に登場したことに意味がある。学校教育で「竹島」を扱う法的根拠が与えられたのだ。

    ようやく重い腰を上げた日本政府

    学習指導要領以外にも、国の動きが少しずつ出てきた。平成25年2月、内閣官房領土・主権対策企画調整室のウェブサイトが開設された。この年は、島根県が主催する「竹島の日」の記念式典に政府関係者が初めて出席。前年には、韓国大統領として当時の李明博大統領が竹島に初めて上陸したこともあり、国がようやく重い腰を上げてくれたような気がする。

    25年7月には「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」が報告書を発表。その中で、「教育現場との連携も含め、国内啓発を強化する必要がある」「竹島問題に関する国内世論の啓発が極めて重要である」とあり、こうしたことも今回の学習指導要領改訂につながった。
    26年度には、内閣官房の主催で、領土・主権に関する教員向けのセミナーが始まった。全国の教員が竹島について授業で取り上げられるよう、学校現場を指導する教育委員会の担当者らが参加。3年続けて島根県で開催されたが、今年は初めて埼玉県で開かれた。

    全文は以下より
    http://www.sankei.com/west/news/171207/wst1712070002-n2.html



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【日本政府「韓国が日本の主権を侵害している」⇒子供たちに正しい竹島の知識と理解をようやく重い腰を上げた!】の続きを読む

    このページのトップヘ