Powered By 画RSS

    皇室ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    +sa5f9+sa4g+sa4gs6af6fsa

    twitternew_thumb DAPPI‏ @take_off_dress

    イバンカ・トランプ「安倍総理、おもてなしありがとうございます。
    日本訪問は初めてです。風景の美しさと文化の活気に感動しました。
    来る人の贈り物になります。私は皇居の古の美しさに感動しました。
    この国の記憶は逞しさとクリエイティビティーが証になっています!」
    日本を絶賛するイバンカさん

    https://twitter.com/take_off_dress/status/926242695441416192
     

    【動画】


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【親日全開w】イバンカさん「私は皇居の古の美しさに感動しました!安倍総理、おもてなしありがとうございます!」と日本を大絶賛www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ドナルドトランプ


    twitternew_thumb
    DAPPI‏ @take_off_dress

    竹田恒泰「トランプさんが大統領になる前に皇居を見てビックリし
    『私は世界の不動産王だがこれ程素晴らしい不動産はない!誰が住んでるんだ?』と聞いた。
    日本でトランプさんを案内した人から聞いた話です」 世界の不動産王からも絶賛される皇居

    https://twitter.com/take_off_dress/status/923486989105610752
     

    【動画】



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【はじめて皇居を見た不動産王ドナルド・トランプの反応を御覧下さいwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DCzvGffWsAA_ZMC


    【段階的に男女平等を実現したデンマークの王位継承ルール】

    日本の皇太子殿下がデンマークを公式訪問し、デンマークのマルグレーテ2世女王とも会食をされました。デンマーク王室は日本の皇室に次いで、世界で2番目に古い王室とされています。そのデンマーク王室の王位継承ルールはどうなっているのでしょうか。

    先代のデンマーク国王フレデリック9世には、男子がなく、子どもは3姉妹。当時のデンマークは、まだ王位継承を男子にしか認めていませんでした。そこで、1953年の憲法改正により、女子の王位継承を認めることになりました。長女マルグレーテ(現在のマルグレーテ2世女王)が13歳の時でした。しかし、このときにはまだ、国王に男子の王子が生まれた場合、3人の王女ではなく、末子の王子が王位を継承するという男子優先の法律でした。

    1972年、フレデリック9世は、男子を残すことなく、死去。これにより、当時31歳のマルグレーテ2世が女王に即位しました。つまり、1953年から1972年の間、マルグレーテ王女は、推定相続人ではあっても、皇太女ではありませんでした。弟が生まれたら国王になるのはマルグレーテ王女ではなく、弟だったからです。

    女性として初めて即位したマルグレーテ2世は、その卓越した才能は人間的魅力によって、デンマーク国民の人気と支持を獲得しました。そして王位継承は2009年に「男子優先」から性別を問わない「長子優先」に国民投票によって変更されました。これによりデンマークの王位継承は完全に男女平等となりました。

    マルグレーテ2世女王の長男フレデリック皇太子が王位を継ぐ予定です。譲位は可能とされていますが前例はなく、現在77歳の女王も健在で譲位する意思はないようです。なお、マルグレーテ2世女王の夫であるヘンリク王配殿下(83歳)は、昨年から全ての公務を引退しました(皇太子殿下との写真に登場していないのもそのためです)。



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【炎上】駐日デンマーク大使館が日本の皇室に上から目線で男女平等を解いたツイートに非難殺到www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/09/21(木) 21:43:51.03 ID:CAP_USER9
    朴水石

    https://mobile.twitter.com/Yonge_Finch/status/910497487885975553 
    spark 
    @Yonge_Finch 
    高麗神社に行ったのは天皇の私的旅行らしい。高句麗の歴史について何度も宮司に質問し事前に専門家からレクチャーも受けたと。天皇は韓国にものすごく行きたいんだろうな。退位したら行く可能性があるね。それを楽しみにしてるかも。 今日本に蔓延してる嫌韓ヘイトに対する天皇の答えでもある。 pic.twitter.com/6Yq2xfeZwd

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【在日韓国系カナダ人「天皇は韓国にものすごく行きたいんだろう…退位したら行く可能性がある!高麗神社に行ったのは嫌韓ヘイトに対する答えでもある!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(大分県) [US] 2017/09/12(火) 16:31:59.43 ID:c/jvNAD50 BE:667954882-2BP(1500)
    そのCM後10秒程謝罪 

    no title

    引用元: http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505201519/




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【報道テロ】TBS、佳子さまの映像に『「イスラム国」家族に日本人?』のテロップ ⇒ CM明けに10秒だけ謝罪wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    maxresdefault

    玉木 雄一郎さんが近況アップデートを投稿しました。 

    本日、民進党の新代表に前原誠司さんが選ばれました。自らの信じるところに従って、遠慮なく、思う存分リーダーシップを発揮してもらいたいと思います。自民党と切磋琢磨できる、政権担当可能な政党を何としても作りあげていかなくてはなりません。ちなみに、英国では、野党であっても国政に責任を共有すべきとの意味で、野党第一党を「女王陛下の野党」(Her Majesty’s Most Loyal Opposition)と言います。日本でも「天皇陛下の野党」と言われるような政党を作り上げていかなくてはなりません。 
    156620b2
    https://www.facebook.com/tamakiyuichiro/posts/1484083608352139


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【不敬】アホの民進党・玉木議員、天皇家を政治利用しようとしたトンデモ無い発言でネット民に「朝敵」認定され大炎上wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/16(金) 19:20:19.14 ID:
    配信先、産経ニュース、2017.6.16 18:47更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170616/plt1706160038-n1.html、

     民進党の山尾志桜里前政調会長は16日、BS朝日の番組収録で、男系男子のみを皇位継承者と定めた皇室典範について「歴史的経緯があるというのが、唯一の理由だ。

    歴史的にそうしてきたことと、これからもそうすべきだという価値判断は、まったく論理必然ではない。新しい工夫や知恵が必要だ」と述べ、女性・女系天皇容認も検討すべきとの認識を示した。

    一方、自民党の下村博文幹事長代行は同じ番組の収録で「これまで8人いる女性天皇は否定しない。女系天皇は反対だ」と述べた。

    その理由として下村氏は「2000年以上の男系男子の歴史がある。皇族の女性が一般男性と結婚し、子供も皇族とした場合には、天皇家としての血筋が終わる。新しい王朝ができる。今の物差しだけですべて考えるのは歴史への冒涜(ぼうとく)だ」と述べた。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日本死ね】民進党・山尾議員の天皇陛下の世界一の歴史を冒涜する不敬極まりない一言が自民党議員を激怒させる!】の続きを読む

    このページのトップヘ