Powered By 画RSS

    東京新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/18(月) 09:11:18.84 ID:
    中谷元・防衛相は十七日夜、熊本地震の被害拡大を受け、
    在日米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイによる輸送支援を受け入れることを明らかにした。

    中谷氏は省内で記者団に「大規模災害に対し、高い機動力や空輸力を併せ持つオスプレイの能力は必要だ」と述べた。
    安全性に対する懸念の声が根強いオスプレイが、国内で訓練以外に実際の任務で使われるのは初めてとなる。

    防衛省によると、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)配備の四機が、
    十七日に米軍岩国基地(山口県)に移動した。十八日から熊本県内などの被災地で、水や食料といった物資を孤立地域などに運ぶ。

    米軍は、別の輸送機による自衛隊員や自衛隊車両の輸送も行う。

    オスプレイは、国内では在日米軍が普天間飛行場に海兵隊仕様のMV22を二十四機配備する。
    昨年五月には米ハワイで死亡事故が発生するなどトラブルや事故が相次いでいる。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201604/CK2016041802000121.html

    【熊本地震】米軍、オスプレイで被災地輸送も 官房長官 ★3
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460886686/

    【震災】熊本地震で米軍支援受け入れ オスプレイで物資輸送  18日以降被災地へ入る
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460912612/
    99:2016/04/18(月) 09:27:23.98 ID:
    絶対言うと思った
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【東京新聞】熊本被災地輸送にオスプレイはダメ絶対!トラブルや事故が相次ぎ安全性に対する懸念の声が根強い・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/09(土)09:30:31 ID:
    【私説・論説室から】総・総分離のススメ
    2016年4月6日

     国会審議で、腑(ふ)に落ちないことがある。憲法改正をめぐる安倍晋三首相の答弁だ。
     自民党にとって現行憲法の自主的改正は結党以来の党是だ。すでに二次にわたり改正草案もまとめている。
    安倍氏が党総裁である以上、改正を目指すのは当然だろう。
     国会でも「現行憲法の基本的考え方を維持することを前提に、必要な改正は行うべきだと考えている」と、堂々と答弁している。
     しかし、安倍氏は首相でもあり、大臣として憲法擁護の義務を負う。にもかかわらず、
    首相の立場でなぜ、擁護義務とは相いれない改正論を展開できるのか。擁護義務を定めた憲法に反すると厳しく批判されて当然だ。
     この際、首相=総理と、党総裁とを分けたらどうだろうか。「総・総分離」である。
     安倍氏が改正に専念したいなら、首相を辞めて党総裁として陣頭指揮を執ればいい。
    国会議員にも大臣同様、憲法擁護の義務はあるが、改正の発議権は国会にあるので、首相でない方が自由に発言できるのではないか。
     首相として国民の負託に応える道を選ぶなら、憲法改正など口にせず、現行憲法に忠実に従って職務に専念すべきだろう。改正の仕事は別の党総裁に委ねればいい。
     総・総分離は自民党内でたびたび浮上する政治の知恵だ。「憲政の常道」に反するとの批判はあろうが、首相が憲法擁護義務を蔑(ないがし)ろにするよりはましである。 (豊田洋一)

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2016040602000210.html

     5: :2016/04/09(土)11:13:56 ID:
    頭狂新聞
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【東京新聞】この際、「総・総分離」である「首相として憲法改正など口にせず、職務に専念すべきだろう」】の続きを読む

    このページのトップヘ