Powered By 画RSS

    ケント・ギルバート

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/17(土) 10:30:18.18 ID:
     いくら憲法で「言論の自由」が保障される日本でも、限度はある。

     「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」

     民進党の辻元清美衆院議員が、民間国際交流団体「ピースボート」を設立して政界進出する前、1987年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)の中で、皇室についてこう記していた。皇室制度を「悪の根源」とまで断じていたという。産経新聞が9日報じた。

     これは、日本維新の会の足立康史衆院議員が8日の衆院憲法審査会で取り上げたものだ。足立氏は、皇室制度の廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

     これに対し、辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めたうえで、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べた。

     辻元氏が、深く反省したのはいつなのか。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】Kギルバート「辻元清美は北朝鮮の金一族の存在は生理的にいやだと思わない?とでも記者会見で発言すれば日本国民の溜飲が下がる!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/09(金) 10:46:39.66 ID:
    「儒教の呪いを肌で感じた。日本はやっぱり、この国との付き合い方を根本的に考え直さなければいけないと思う」

     著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏は、5月の2日間の緊急ソウル取材を終えて、そう感想を語った。大統領選が終わった直後の韓国に飛んだケント氏が見たものとは──。

     * * *
     文在寅大統領は、早くも「日韓合意破棄」をちらつかせている。彼らは、もっと日本に謝ってほしいのだろうか?  あるいはもっとカネをよこせというのか? 仮にそうしたとしよう。すると、またすぐ「もっと謝れ」と言ってくるはずだ。

     上下関係を重んじる儒教の考え方では、一度謝ると自ら罪人だと認めていることになり、永久に「謝り続ける」「下」の立場が固定化する。日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」したのだから、「もっと謝れ」には付き合うべきではない。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】Kギルバート「韓国はベトナム女性に謝罪する像を建てるべき」「日本は韓国との付き合い方を考え直さなければいけない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/22(月) 14:01:53.88 ID:
    なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。

    百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから、その屈辱感が凄い。それで今、韓国は日本固有の文化を全部、「朝鮮半島由来」と主張し始めました。柔道、茶道、華道……。

    ケント:歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食も韓国起源だと言っていますね。

    百田:納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、納豆も韓国がルーツだと言い出しています。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】Kギルバート「韓国には嘘が恥ずかしいという概念がないのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/22(土) 23:57:03.29 ID:
     先日まで、学校法人「森友学園」の話題ばかり取り上げていた日本メディアが、やっと北朝鮮の核実験やミサイル開発問題を報じるようになった。だが、どこか傍観者的な印象を受ける。

     北朝鮮は弾道ミサイルの攻撃目標に、在日米軍基地や日本の都市が含まれると公言している。同国が事実上の核兵器保有国であり、猛毒のサリンや神経剤VXなど、生物化学兵器を大量保有することも周知の事実だ。安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮がサリンを弾頭につけて着弾させる技術を保有している可能性を指摘した。

     朝日新聞は翌14日の「素粒子」欄で、こう書いた。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】Kギルバート「共産党の志位委員長『北朝鮮にリアルな危険ない』今でも言えるか?“中二病の独裁者”め!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/05(水) 13:34:00.59 ID:
    安倍政権が推進する「移民受け入れ」政策は、はたして日本の国益に繋がるのか。40年近く日本で暮らす弁護士でタレントのケント・ギルバート氏(64)が、「在日外国人」の立場からあえて移民問題に斬り込む。

     * * *

    私は移民の受け入れを頭ごなしに否定するつもりはない。
    むしろ、受け入れ態勢の拡充や、法整備を前提とした議論は大いにすべきだと考えている。

    ちなみに私は人生の半分以上を日本で過ごしてきたが、帰化はしていない。
    在留資格は「定住者」で、日本で働くために5年に1度、就労ビザを更新している。

    だが、日本が現状のまま無条件に移民を受け入れることには反対だ。
    なぜなら、受け入れ側も、日本に来る外国人も共に不幸になることが目に見えているからだ。

    安倍政権は少子高齢化による労働力不足を補うため、介護や建設などを受け持つ「単純外国人労働者」や、高い技術や知識を持った「高度外国人人材」の受け入れを進める方針とされる。
    しかし、安直な外国人労働者の受け入れは日本社会を大混乱に陥れかねない。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日発狂の正論】Kギルバート「移民外国人の参政権付与は日本に忠誠誓った帰化人に限定せよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ