Powered By 画RSS

    ドナルド・トランプ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    52:2017/02/13(月) 15:40:34.15 ID:
    >>1
    日本のテレビワイドショーはやっぱり安倍批判


    ・ TBSひるおびにて

    「これはトランプのケツの穴に安倍がキスするような外交」と、
    コメンテーターの海野・ 明治大学教授がアメリカ民主党下院議員の発言を紹介。
    :large


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日TBS】明治大学・海野「これはトランプのケツの穴に安倍がキスするような外交」「安倍とトランプは「恋人かよ」」ひるおびスタジオにて大笑いwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/02/13(月) 18:18:15.12 ID:

    共産党の小池晃書記局長は13日の記者会見で、安倍晋三首相とトランプ米大統領による初めての
    日米首脳会談について「異常な『トランプ追随』を際立たせた会談になった」と批判した。

    さらに「異常な従属体制の根本にあるのは日米安全保障条約だ」とも述べ、改めて日米安保条約の廃棄を求めた。

    小池氏は、トランプ政権がイスラム圏7カ国からの入国を禁止した大統領令について首相がコメントを避けたことや、
    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を「唯一の選択肢」と確認したことなどを指摘し
    「日本国民にとっていいことは全然ない」と強調した。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【共産党】小池晃「安倍の異常な従属体制の根本が日米安全保障条約だ!世界中が懸念の目を向けている!日本国民にとっていいことは全然ない! 」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/02/13(月) 21:48:11.12 ID:
    ドナルド・トランプ米国大統領就任後、グローバル為替レート戦争が本格化する兆しを見せている。そのなかで本当の為替レート操作国はトランプ大統領が指定した中国や日本ではなく韓国と台湾だという分析が出てきた。

    英国日刊紙ファイナンシャル・タイムズ(FT)は13日、為替レート操作の主犯が韓国と台湾、シンガポールなどだと釘をさした。FTはこれらの国が半導体やディスプレイなど特定製造業分野で強力な点を持つだけに、わずかな為替レートの調整だけでもアジア圏はもちろんグローバル貿易で優位を占めることができるとし、このように主張した。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【英国メディア「韓国こそ本当の為替操作国だ!日本や中国では無くトランプは怒りの矛先を間違えている!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/02/13(月) 21:08:09.25 ID:


    2017年2月13日、安倍晋三首相とトランプ米大統領の“ぎこちない握手”が韓国で話題となっている。力比べのように見える握手と、その後に見せた表情に両国の関係がそのまま表れていると指摘する声も出ている。

    10日(現地時間)に米ワシントンで首脳会談を行った安倍首相とトランプ大統領は、会談前に報道陣の前で握手を交わした。19秒に及ぶ長い握手だった。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国の反応】これが今の日米関係の現実ニダよ!→安倍首相とトランプ大統領の「ぎこちない握手」と話題にwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/02/13(月) 13:34:50.94 ID:


    ▲米国のあるメディアがトランプ大統領がホワイトハウスの庭で安倍総理と話している写真を公開した。安倍総理はトランプ大統領の話を聞きながら二つのこぶしをぎゅっと握っており、
    良い話が行き来したようではないと推定される。先生が学生をこらしめているような場面を演出した。(写真出処=ブルームバーグ)

    最近、米国のトランプ大統領の歩みを一言で要約すれば、親韓・親露・反日・反中に圧縮できる。1970年代、旧ソ連を崩壊させるために「親中政策」を広げたことがあるので
    中国を崩壊させるために「親露政策」を行っても全く変ではない。しかし、韓国と日本に対するトランプ大統領の行動を見れば状況はちょっと違う。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ホルホル】韓国人記者「トランプは、なぜ韓国が大好きで日本と中国を嫌うのか?トランプの態度を見れば一目瞭然ニダwww」】の続きを読む

    このページのトップヘ