Powered By 画RSS

    ヘイトスピーチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/17(土) 09:19:14.70 ID:
    神奈川県川崎市は16日、市立公園や公民館などの公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するガイドライン案を市議会常任委員会で示した。ヘイトスピーチによって他の利用者への危険性が明らかな場合にのみ、施設利用の不許可と許可取り消しが可能とした。20日から1カ月間、パブリックコメント(意見公募)を受け付け、11月にガイドラインを策定、来年3月末から運用を開始する方針。ヘイトスピーチを事前に抑止する全国初の施策となる。

     ガイドライン案では、公的施設の利用に関して「不当な差別的言動の恐れが客観的な事実に照らして具体的に認められる場合」に、警告、条件付き許可、不許可、許可取り消しができるとした。その上で、不許可と許可取り消しについては、他の利用者に著しく迷惑を及ぼす危険が明白な場合にのみ可能と明記。判断の公平性や透明性を担保するため、市が設置する第三者機関に事前に意見を求めることを義務付けた。

     ガイドラインは施設側が利用制限する際の基準を明確にするために策定する。市の担当者は「運用開始前でも、施設管理者はガイドラインに沿った形で不許可の判断ができる」と説明した。

    http://www.sankei.com/life/news/170617/lif1706170010-n1.html
    2017.6.17 08:22

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【言論統制】川崎市で全国初のヘイトスピーチ事前規制案→危険明らかなら施設利用制限www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/02(金) 20:18:44.52 ID:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000082-mai-soci

     ◇対策法施行から1年 言動過激化の経緯証言

     6月3日、ヘイトスピーチ対策法が施行されて1年となる。在日コリアンらを標的に、差別をあおるヘイトスピーチデモに参加し、「突撃隊長」と呼ばれた男性会社員(38)が毎日新聞のインタビューに応じた。ネット上に掲載されたデマを真実と思い込んでデモに参加し続け、言動が過激化していった経緯を証言した。「いま振り返ると間違っていた」。そう、深い後悔の念を示す。【後藤由耶/写真映像報道センター】

     ◇参加のきっかけは東日本大震災

     ヘイトスピーチデモに参加したきっかけは、2011年3月11日の東日本大震災だった。東京電力福島第1原発事故に伴う計画停電の影響で、勤務先の業務に支障が生じ、3日間も帰宅できなかった。そんな中、ネットで「反原発は、左翼勢力と在日コリアンの勢力が結託して日本経済を破壊するために行っている」といった趣旨の書き込みをいくつも目にした。そのうちそれを信じ込み、反原発運動や原発の停止に不満を募らせていった。

     翌4月、原発再稼働を訴えるデモをネットで知って参加した。帰宅してネットにアップされたデモの動画に寄せられたコメントなどを読むと、思いは共有されていると感じた。このデモにはこれまでヘイトスピーチを繰り返してきた団体が参加していた。団体の活動をネットで調べると、共感することも多かった。声を上げなくてはいけないという「正義感」から、繰り返しデモに足を運ぶことになった。

     高校卒業後、男性は運送関係に勤めたが、倒産や事業の縮小で会社を転々とした。20代前半、ネットで見つけたサバイバルゲームのチームに入り、週末に関東の山中に集まっては戦うのが趣味になったという。

     偶然見つけたチーム。ただ、メンバー同士の会話は、ネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みそのものだったと振り返る。何か失敗すると「お前は在日か」と責められ、語尾に「~ニダ」を付けて話すことがはやっていた。ゲームの合間、仲間から教えてもらった人物のブログを読むのが日課になった。「中国のスパイが日本にいる」「長野五輪の応援で来た中国人に人民解放軍の関係者が紛れていた」などと書き連ねるその内容に、マスコミが報じない真実が書かれていると感じたのだ。

     2002年9月、日朝首脳会談で北朝鮮の金正日総書記は日本人拉致事件を認め、「これからは絶対にない」と謝罪した。それまで無関心だったが、男性は「北朝鮮憎し」の感情がわき出てきたという。サバイバルゲームでも、金総書記のお面をかぶせたマネキンをエアガンの的にし、バットで殴ったり、首にロープを掛けて引きずり回したりした。ゲーム仲間との会話は、およそ10年後に出会うヘイトデモのメンバーと交わす会話と変わらなかった。

    中略

     ◇傷ついたマイノリティーを忘れずに

     <ヘイトスピーチ問題に詳しいジャーナリスト、安田浩一さんの話>自分自身を批判的に語り、ヘイトスピーチをしてきたことを反省する人を彼以外にほとんど知らない。彼の反省の言葉を信じたい。

     彼のようにネットで何かを感じ取って、ついデモに参加し人間関係ができて、気づいたらヘイトデモの隊列のど真ん中にいたという人は少なくない。実社会とヘイトデモの隊列にはそんなに大きな段差はないということだと思う。ネット言論に端を発したメディアや政治家などが作り出す空気で、差別を一つ一つ学んでいく人が多い。それらが、彼のような人を生み出してしまっているのではないか。

     社会をかき乱し、亀裂と分裂を与え、人のことを傷つけても、やめれば本人は何事もなかったかのように日常を送ることも可能だろう。しかし、傷つき絶望を感じ、被害を忘れたくても忘れることのできない多くのマイノリティーがいることを忘れてはいけない。ヘイトスピーチとはマイノリティーの尊厳を奪う暴力であり、制度的にも被害救済が確立されておらず、かき乱された心の傷は容易にはいやされることはないからだ。
    2:2017/06/02(金) 20:19:41.50 ID:
    まだ架空人物か
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【毎日新聞】ヘイトデモの参加を後悔し「在日特権はデマだった」と語る突撃隊長が胡散臭すぎると話題にwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/27(土) 21:10:43.94 ID:
    上念 司@smith796000
    しばき隊など極左暴力集団がリアルタイムでやっている悪事を暴く本。必読です。私も買います。


    香山リカ@rkayama
    上念さんこんにちは。私は人の心を守る精神科医なので、近年、心を破壊するヘイトスピーチに反対を唱えています。
    あなたのおっしゃる「しばき隊」とは、私のような者を含むヘイトスピーチに反対している人たちを広く指すと思われますが、私たちが「リアルタイムでやっている悪事」とは何でしょうか。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日発狂】香山リカvs上念司「私は人の心を守る精神科医なので心を破壊するヘイトスピーチに反対を唱えています!しばき隊の悪事ってなんですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/23(火) 02:11:38.37 ID:
    津田大介「ニュースのコメント欄で広がる排斥意識」
    (更新 2017/5/20 16:00)

    津田大介 (c)朝日新聞社
    https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2017051700063_1

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。今回はヤフー・ニュースにあるコメント欄について取り上げる。

    *  *  *
     4月28日、ネットの言説を巡る興味深いリポートが公表された。ネットワーク社会論を専門とする立教大学の木村忠正教授とヤフー・ニュースが、同サイトのニュース記事に設けられている「コメント欄」について詳細な分析を行い、その結果を朝日新聞が報じたのだ。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク脳】津田大介「中国・韓国への排斥意識など見るに堪えないヤフーニュースのコメント欄は廃止などヘイトスピーチ対策を講じるべき!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/16(火)11:41:46 ID:
    神戸市
    ヘイトスピーチ抑止条例、制定検討

     特定の民族や人種などへの差別を扇動するヘイトスピーチを抑止するため、神戸市議会(定数69)の
    全会派の議員が参加する日韓友好神戸市議連盟(約50人)が、議員提案による市条例制定を検討している
    ことが15日、分かった。ヘイトスピーチ抑止条例は昨年1月に大阪市が全国で初めて制定。
    関西ではこれに続く2例目となる見込みで、年度内の成立を目指す。

    続き 毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20170516/k00/00m/040/143000c

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【差別にだw】大阪民国に続き神戸市 ヘイトスピーチ抑止条例、制定検討→北朝鮮がミサイル撃って来てるのに朝鮮ファーストわろたwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/13(土) 10:45:27.04 ID:
    https://mobile.twitter.com/tokyo_satokei/status/863170974975315970?p=p
    佐藤 圭
    @tokyo_satokei
    高江ヘリパッド抗議中に逮捕され、半年以上も勾留された添田充啓さんのインタビュー記事を本日13日の東京新聞特報面に掲載しました。反ヘイトのリーダーとしても知られる添田さん。見出しは「反差別の人間が反基地…狙われた」「沖縄へのいじめ、関心向けて」。 pic.twitter.com/hicQqgsZQz




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【東京新聞】佐藤圭、添田充啓を反ヘイトのリーダーとしてインタビュー掲載→「反差別の人間が反基地…狙われた」「沖縄へのいじめ、関心向けて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/10(水) 09:05:59.99 ID:
    【東京聯合ニュース】

    9日に実施された韓国大統領選で当選を決めた「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏に対し、日本で暮らす同胞たちは悪化の一途をたどる韓日関係の改善に期待を寄せる。

    過去の歴史問題に阻まれ、政府間協力が円滑に進まなかった朴槿恵(パク・クネ)政権の事例を反面教師に、歴史問題と安保・経済協力などを切り離し、腰を据えて両国の協力関係を構築するよう求める。

    在日本大韓民国民団(民団)中央本部の呉公太(オ・ゴンテ)団長は「日本に住む同胞として最も望むことは韓日関係の改善だ。韓日関係が在日同胞の暮らしに及ぼす影響は非常に大きい」と強調する。

    特に両国が互いに譲らずにいる歴史問題について、「韓国国内の世論の反発を生まず、日本が受け入れられる方法を探さなければならない」と訴える。また「安保、経済でも韓日両国が共に解決しなければならない問題が多い。解決が難しい歴史問題と、安保や経済問題は切り離して推進しなければならない」と話す。

    さらに新政権が米国のトランプ大統領、中国の習近平国家主席、日本の安倍晋三首相、ロシアのプーチン大統領など強い指導者との外交で声を上げなければならない難しさを指摘した上で、うまくバランスを取って賢く対処してほしいと求めた。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【差別にだw】韓国・新大統領に在日「在日同胞の辛い状況を理解して優先的に考えて韓日関係改善を!ヘイトにさらされ同胞が打撃を受けるニダ…」】の続きを読む

    このページのトップヘ