Powered By 画RSS

    ムン・ジェイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/28(日) 00:08:27.89 ID:
    左派大統領誕生で、韓国の「反日」がエスカレートするのは必至だ。これから日本に向けられる“攻撃”を覚悟しなくてはならない。在韓ジャーナリストの藤原修平氏が解説する。

    中国が猛反対する「高高度ミサイル防衛体系(THAAD)」について、米国との関係を重視する安哲秀は「配備賛成」を打ち出す一方、文在寅は「配備の見直し」を求める。文在寅が所属する「共に民主党」からは、「THAAD撤廃」の声も聞こえる。

    仮に配備延期や撤廃となれば中国には喜ばしいことだが、米国が黙ってはいない。相当な圧力をかけるだろうが、新政権が怯まなければ、米韓関係は確実に悪化する。韓国が共に血を流す同盟国に値しないとトランプ大統領が判断すれば、在韓米軍の撤退にまでつながりかねない。

    その場合、日本の安全保障は危機的状況になる。米国からさらなる対米軍事協力と、防衛費を増額して自前の軍事力を増すことを求められるだろう。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【反日正義】韓国・文新政権「天皇への謝罪要求」の可能性が急浮上www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/23(火) 20:41:25.50 ID:
    ■ 在日朝鮮人人権・平和運動家の徐勝(ソ・スン)教授

    (写真)

    ▲ 済州大学在日済州人センターに訪問学者として来ている徐勝・日本立命館大学特任教授
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    「19年間の獄中生活の末に釈放されてから、私の関心事は刑務所内の政治犯の釈放問題と拷問
    の撤廃でした。日本はもちろん、米国やカナダ、ヨーロッパ、南米などを回りながら多くの話をしま
    した。ところが、世界を歩き回りながら北東アジアの状況を見ているうちに、人権運動や統一運動も
    いいが、何よりも戦争が起きてはいけないと思いました。平和を守ることが重要な課題だと認識して、
    平和運動にまい進するようになりました」

    昨年11月、東アジア地域の国家暴力と人権侵害の現場踏査をもとに歴史・人文の紀行文である
    『東アジアのウフカジ』を出版した人権・平和運動家の徐勝(ソ・スン)立命館大学特任教授(72)は、
    平和運動に集中してきた理由をこう語った。「ウフカジ」とは大きな風を意味する沖縄言葉で、沖縄
    の知人らが情熱的に平和・人権運動に取り組む彼に付けてくれたニックネームだ。この3月から
    済州(チェジュ)大学在日済州人センターの訪問学者として(済州に)滞在している彼に、21日に
    会った。

    ■ 済州大学在日済州人センター訪問学者に  
    ■ 韓日中の踏査した歴史・人文の紀行文を出版  
    ■ 『東アジアのウフカジ』済州で出版記念会  
    ■ ニックネーム「ウフカジ」沖縄の言葉で「大きな風」 
     
    ■ 海軍基地反対の講演・ろうそく集会にも参加  
    ■ 「統一も民主化も“戦争なくしてこそ”可能」

    徐教授は1971年4月、朴正煕(パク・チョンヒ)維新独裁政権がねつ造し「在日同胞学園浸透スパイ
    団事件」で逮捕され、19年間の辛苦を経て、1990年2月に釈放された後、平和・人権運動に献身
    してきた。

    彼は今月12日、済州市のブックカフェ「カク」でささやかな出版記念会を開いた。済州道(チェジュド)
    との特別な縁のためだ。日本で大学に通っていた時代、彼は済州出身の同胞から「4・3抗争」の話
    を聞き、1998年には「東アジアの冷戦と国家テロリズム」をテーマにした「第2回国際シンポジウム」
    を済州開催を企画した。ここ数年間は、済州西帰浦(ソグィポ)海軍基地建設反対闘争の現場を
    訪れては講演もした。

    彼は「6年前、大学を定年退職し、特任教授という名で現役から退いた後、私が経験したことを伝え
    なければならないという一種の使命感に駆られた」と話した。これまで彼は韓国や日本、中国など
    多くの国の人たちと一緒に旅行団を作って東アジアを踏査した。沖縄をはじめとする日本や台湾、
    済州、中国の南京と東北部地方など、歴史の現場を歩き回りながら話し合い、現地活動家たち
    にも会った。

    このような過程を経て出た本が『東アジアのウフカジ』(1・2)だ。第1巻には韓国や台湾、中国など
    で講演した「国家暴力と人権」、「東アジア平和」などの講義内容と、東北アジア平和安全保障に
    関するコラム、文化芸術活動に関する内容をまとめた。

    彼は「統一や民主化も“平和”という土台の上で議論されなければならない。言葉だけの平和では
    なく、現実的・歴史的な脈絡で平和を認識し、行動しなければならないが、このような認識があまり
    根付いていない」と指摘した。

    ソース:ハンギョレ
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27421.html

    >>2につづく
    前スレ
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1495500732/
    2:2017/05/23(火) 20:41:53.32 ID:
    >>1
    長い間市民社会領域で平和・人権運動を行ってきた彼は、東アジアに平和を定着させるためには、
    市民社会の連帯と努力が必要だと強調している。彼は「韓国の真実和解委員会のように、各国の
    市民らが中心となった東アジア真実和解委員会を作る必要がある。これを通じて共同研究して
    共同認識を作っていく過程が必要である。簡単ではないかもしれないが、地道に努力していけば
    いい」と話した。彼は「平和達成のためには偏見のない交流が前提条件となる。平和構築は相互
    交流であり、相互理解」だとしたうえで、「何より重要なのは信頼だ。信頼を構築して武装しなくても
    安心できる関係を作らねばならない」と指摘した。彼の平和認識は「朝鮮籍」を持った在日同胞の
    問題につながった。

    彼は「朝鮮籍の在日同胞たちは故郷に行きたくてもいけない。朝鮮籍であるため、韓国に入ること
    もできず、済州の故郷に墓参りもできない人が多い。このような非人間的な仕打ちがどこにある
    のか。信頼を築くためには、このような障壁を撤廃しなければならない」とし、「文在寅(ムン・
    ジェイン)政権にかける期待が大きい」と話した。

    最近数年間、開発ブームが起きている済州島の状況について、徐教授は「済州島が2005年1月
    『平和の島』に指定されたが、内部には開発主義が蔓延しているようだ。済州海軍基地も平和を
    掲げている。総論は平和を叫ぶが、各論に入ると、開発至上主義、環境破壊、軍事主義に走って
    いる」と指摘した。

    済州で開かれたろうそく集会に参加したこともある徐教授は「私たちがろうそく集会で認識した
    のは、『私たちが主人であり、決定権者だ』という意識」とし、国民主権意識をまともに認識できる
    ようになったのは、ろうそく集会の最大の成果であり、民主主義の基礎だと評価した。

    おしまい☆
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朗報】「文在寅政権で在日韓国・朝鮮人が帰国できるよう期待しているニダ」=徐勝・立命館大学特任教授[】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/15(月) 08:35:53.30 ID:
    読売新聞社の全国世論調査で、韓国の文在寅大統領が、大統領選挙の期間中、慰安婦問題を巡る日韓合意の再交渉を求めていたことについて聞くと、
    日本政府が再交渉に「応じるべきではない」と答えた人は61%に上り、「応じるべきだ」の25%を大きく上回った。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【世論調査】 慰安婦を巡る再交渉、61%「不要」韓国新大統領は役立たず、65%・・・読売新聞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/13(土) 07:54:50.96 ID:
    高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、韓国の新大統領となった文在寅氏がテーマです。

    ──新しく就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領について、お話をうかがいたいと思います。

    高須:これまた面倒な人が大統領になってしまったという印象だね。

    ──文氏は、親北朝鮮路線で反日路線ですよね。

    高須:安倍首相としては付き合いにくい相手であることは間違いないよ。だって、こんなに北朝鮮情勢が緊迫しているというのに、北朝鮮に歩み寄ろうとしている人が大統領になるんだからね。

    なんというか、韓国の選挙というのは、国際的な流れとはまったく関係ないところで動いているんだろうな。「とにかく朴槿恵が憎いから、その敵に票を入れればいい」というのが韓国民の考え方なのかな?


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日発狂w】高須院長「韓国・文大統領の態度次第では国交断絶もアリ!」「そんなワガママを言って、恥ずかしいとは思わないのかね?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/12(金) 12:11:40.03 ID:
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、中国の習近平国家主席と40分間にわたり電話会談した。
    韓国大統領府(青瓦台)のユン・ヨンチャン国民疎通首席秘書官によると、電話は習主席が文大統領の就任を祝うためにかけてきたとし、「中国の国家主席が韓国大統領に当選祝いのの電話をかけてきたのは初めてだ」と述べた。

    習主席は「早期に直接会うことを望んでいる」と述べ、文大統領の訪問を公式に求めた。

    北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員 , 金真明(キム・ジンミョン)記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/12/2017051200556.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【The属国w】習主席「さっさと北京に朝貢に来いアル!」→中国国家主席が韓国大統領に当選祝いの電話は初めてwww】の続きを読む

    このページのトップヘ