Powered By 画RSS

    二重国籍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/03/07(火) 17:39:32.55 ID:
    【動画】


    足立 「蓮舫さんが代表を退かれる前に取り上げる必要があると思います。そういう思いでパネルを持ってまいりました。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】維新・足立議員 「蓮舫さんの国籍離脱発言が嘘だったら辞任!」「山尾議員のガソリン問題がメディアで報道されない理由は…」ぶっちゃけ過ぎて委員長が怒られるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/23(月)09:24:31 ID:
    n-RENHO-JAPAN-large570

    石井孝明? @ishiitakaaki
    蓮舫のバッジの付け方、
    たしかに和服に穴を開けるのは変だ。
    レンタルの場合は特に。細かいことだが3点。

    1・日本人の常識がない。
    2・女性議員に友達がいない。
    3・党と事務所の広報、スタッフに常識がない(党首になってからずっと感じてる)


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【二重国籍】民進党・蓮舫が日本人になりすまそうとしてするも日本文化を全く理解出来ず醜態を晒すwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/05(木)11:35:36 ID:
    中韓嫌い? @HARUHIKOBOY
    早速ツッコまれてシナ語削除してる
    相変わらず卑怯ですね
    【民進党 蓮舫氏 新年一発目の挨拶はなぜか中国語・・・・
     「新年快楽!」】
    https://mobile.twitter.com/takarin_7/status/816819823019573249


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民進党】蓮舫代表、新年早々に在日・中国人の民族性を晒して早速で削除www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/04(水) 05:48:45.95 ID:
    あのビートたけしさんが、蓮舫氏の二重国籍問題に言及されていました。

    “安倍政権は長期になってるね。中曽根康弘元首相を超えて、戦後歴代4位だもん。ちょっと、やっぱり、野党第1党の民進党が蓮舫を担ぎ出してるのがおかしいよ。力ないもん。もし政権交代したら、蓮舫が総理大臣かい? 有権者だって、あれに政権渡すわけないじゃん。冗談じゃないよ。二重国籍なんてスパイみたいじゃん。台湾経由の中国のスパイだったら笑うだろうね。アブねーって。【たけし世相斬り】小池都知事は言ったことを一つも実現できていない(東スポWeb)(http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/633970/)”


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日発狂】ビートたけし「蓮舫が総理大臣?中国のスパイだったらアブねーってw冗談じゃないよ。二重国籍なんてスパイみたいじゃん。」民進党崩壊ものの超絶正論フルボッコwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/12/31(土) 08:47:52.76 ID:


    ニッポン2016年 このまま流されますか 
    2016年12月31日(土)付 

    2016年が終わる。政治では、悲しいかな、ことしもカネの問題があった。 

    「私の政治家としての美学、生き様に反する」 
    業者から現金をもらった甘利明経済再生相は1月に、こんな発言を残して閣僚を辞めた。 
    その後の国会を「睡眠障害」で欠席し、関係者の不起訴が決まると、さっさと復帰した。 

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【今年最後のアホの朝日新聞】都合のいい言い換えや言葉遣いをする卑怯者が日本には溢れている!】の続きを読む

    このページのトップヘ