日本への大量難民を想定、感染症対策を検討開始マラリアなど流行も厚労省研究班
2017.11.13 19:21
北朝鮮難民


緊迫する北朝鮮情勢を受け、厚生労働省が有事に伴い大量の難民が日本にやってきた場合の感染症対策について検討を始めたことが13日、分かった。今年度中をめどに研究班が対策案を取りまとめ、国は医療体制や医薬品の整備などにつなげる方針だ。厚労省によると、北朝鮮からの難民を想定した感染症対策の研究は初めて。

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
【【武装難民】北朝鮮で有事を想定し厚生労働省がヤバ過ぎる対策研究を行う ⇒ 生物・細菌兵器と化した大量の朝鮮人の上陸を防げと話題にwww】の続きを読む