Powered By 画RSS

    反日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/07(月)16:10:07 ID:
    (略)

     慰安婦問題の「日韓合意」に絡む1月18日の参院予算委員会の審議。
    安倍晋三首相は「性奴隷という事実はない」と答弁し、
    岸田文雄外相は「(性奴隷という言葉は)不適切で、使用すべきではない」と断定した。

     果たして、そうだろうか? 「軍や官憲による強制連行を直接示す資料は見当たらない」
    というのが政府の言い分のようだが、「慰安所」が旧日本軍の要請で設営され、
    管理、移送にも軍が関与したのは事実だ。

    (略)

     毎度、実家が料亭を営んでいた東京・柳橋の花柳界の話になって恐縮だが、
    戦前は芸妓(げいぎ)・娼妓(しょうぎ)と置き屋の関係が、いつも問題になっていた。
    人身売買を疑い、事実上の奴隷制と見る向きも少なくなかった。

     では慰安婦は? 「性奴隷」だった!と僕は思う。「事実ではない」と首相が言う背景には、
    「国の責任」を小さく見せようとする意図が隠されていないだろうか。
    寡聞にして、米国が「丸山発言」に激怒したとの話は知らないが、「従軍慰安婦」問題は違う。
    多くの米国人が「軍が組織的に『慰安婦狩り』をしたかどうかは問題ではなく、
    『人権問題』である以上、日本が責任を負うべきだ」と考えているのだ。(客員編集委員)

    全文 毎日新聞
    http://mainichi.jp/articles/20160307/dde/012/070/006000c

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【毎日新聞】慰安婦は「性奴隷」と僕は思う。首相は「国の責任」を小さく見せようとする。反日、客員編集委員「牧太郎」の大きな声では言えないが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/07(月)03:31:23 ID:
    記事名/宮様スキー大会で破裂音 任意聴取の男、署を出る 札幌市
    フジテレビ系(FNN) 3月7日(月)0時24分配信

    6日午前、三笠宮彬子さまが出席された北海道・札幌市のスキー大会で、
    破裂音がする騒ぎがあり、警察が音を鳴らしたとみられる男から、任意で事情を聴いている。

    彬子さまは、スタートの合図を終えて、駐車場に向かっている途中、階段に差しかかったところで、爆発音が鳴った。

    そして、近くにいて、手を挙げていた男を、警察官が取り押さえた。
    6日午前10時すぎ、札幌市で開かれた宮様(みやさま)スキー大会のパレードで、
    大きな破裂音がして、近くにいた男が取り押さえられた。

    当時、会場には、少なくとも300人がいたが、けが人はなく、
    十数メートル離れた場所にいた三笠宮彬子さまにも、けがはなかった。

    (中略)

    男は、長さおよそ50cm、直径4cmほどの金属パイプのようなものを持っていたということで、警察は男から任意で事情を聴いていたが、6日夜、署を出た。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160307-00000153-fnn-soci

    12:2016/03/07(月)08:18:53 ID:
    テロの一言すら言えない言論弾圧
    もうウンザリだわ
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【 【マスゴミ】天皇家「三笠宮彬子さま」を狙った反日テロ事件を「破裂音事件 」と報道!鉄パイプ爆弾、男から任意で事情を聴くが即釈放で国籍も報道なし・・・!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/02/26(金)12:32:45 ID:
    ニューヨークタイムズ前支局長が安倍政権の海外メディア圧殺の手口を暴露! 「日本の報道は安倍に分断されている」と警告も

     一昨日、本サイトで取り上げたように、イギリスの大手紙「ガーディアン」や「エコノミスト」が
    こぞって安倍政権におけるメディア圧力の実態を報じるなど、
    すでに、日本は先進国のなかで突出して“言論統制された国”であることが世界に露見し始めている。
     だが、おそらく安倍政権は、今後、こうした報道すら許さないよう、
    あらゆる手段で海外メディアまでもを封じ込めていくだろう。
    事実、第二次安倍政権以降、政府は露骨に“海外メディア対策”を強化させているのだ。
     米「ニューヨーク・タイムズ」前東京支局長で、日本取材歴20年を誇る
    アメリカ人ジャーナリスト、マーティン・ファクラー氏が、新著『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)のなかで、
    その実態を告発している。


     まずは、安倍政権による記者会見での海外メディアの扱い方だ。

    〈そもそも安倍首相は、他の総理大臣に比べてぶら下がり会見を含め、記者会見の回数がやけに少ない。
    そのうえ記者会見に出ても、限られた時間の中で、まず記者クラブメディアの記者が優先されて指名される。
    私のような海外メディアの記者は当てられるかどうかはわからないし、仮に質問できたとしても、
    まるで政権公約を要約したような通り一遍の答えしか出てこないのだ。〉
    (『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』より、以下同)

     ようするに、安倍政権は、海外メディアが日本政府に直接質問をぶつける機会すら奪っているのだ。
    実際、自民党が政権与党に返り咲いて以降、一度として日本外国特派員協会(FCCJ)による
    安倍首相の記者会見は実現していない。
    しかも、ファクラー氏によれば、〈そもそも、選挙前ともなるとFCCJは自民党からほとんど無視されてしまう〉という。
    〈FCCJでは海外の記者会見のスタイルを踏襲し、記者からタフな質問が次々と飛んでくる。どんな質問が出るのか、
    事前に把握することは難しい(本来、当たり前のことなのだが)。
    自民党の議員たちはその論戦に耐えられないと考えているのだろう。
    自分たちがコントロールできない場所は、戦う前に避けているのだ。〉
     海外の記者会見のスタンダードでは、政治家は記者から鋭い質問を受け、それにアドリブで答えていく。
    しかし、日本の記者クラブは“特オチ”を恐れて、各社横並びの報道に終始してしまっているのが現状だ。
    この構造についてファクラー氏は、官邸が指名を予定している記者に対して事前に質問項目を出すよう
    要求していることなどを例に、〈日本では官邸が記者クラブメディアをがっちりコントロールして〉おり、
    〈官邸の記者たちは、権力側からの管理によってあまりにも縛られ、またそのことに慣れすぎている〉と、厳しく批判する。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    http://lite-ra.com/2016/02/post-2010.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【反日リテラ】ニューヨークタイムズ前支局長を使って安倍政権は、海外メディアが質問をぶつける機会を奪っていると偏向報道キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/02/19(金) 10:18:12.91 ID:
     
    自民党の丸山和也参議院議員が国会内で「黒人奴隷が大統領になるなんて考えもしない」という発言をし
    野党から「問題発言だ!」と指摘されていた。
    これに対して丸山議員は「人種差別的発言はなかった」としており、民主党から辞職を求める声もあることに対して
    「全くの見当違い」と返した。
    この丸山議員の発言がメディアにより意図的に編集されたものだというのが判明。
    メディアの報道は次の通りだ。

    「例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。これ奴隷ですよはっきり言って」
    「まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が台頭量になるなんて考えもしない」

    と発言。

    しかし、1つ目の発言と2つめの発言はかなり端折られており実際は次の通りである。

    バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。
    これ奴隷ですよはっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。
    マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。
    でもですね、まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が台頭量になるなんて考えもしない。
    これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

    と、これが実際の発言である。全文で見るとなんら問題無い発言なのがおわかりだろうか。悪意のある編集なのか、
    分かりやすい部分だけを編集したのかは不明であるが、編集前と編集後では意味合いが全く異なる。

    丸山議員の奴隷発言とは異なるが、朝日新聞は過去に“オバマ大統領の祖先「米国最初の奴隷」 家系図調査”という
    記事を公開している。記事の内容を簡単に説明すると、「オバマ米大統領は、実は米国で最初の奴隷の血をひいていた」という
    もので、米家系図調査会社を元に記事を起こしたもの。「米史上最初に終身奴隷となったアフリカ系男性」と書かれている。

    http://gogotsu.com/archives/15641

    朝日記事


    7:2016/02/19(金) 10:22:15.62 ID:
    マスコミのやり方はチンピラ
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】丸山議員の「オバマは黒人の血を引く奴隷」発言はメディアの捏造な上に完全にブーメランだった件www毎日新聞でもミシェル夫人と子供を奴隷の子孫と表現www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/02/17(水)18:30:28 ID:
    【日本国の恥晒し】
    委員会から一夜明け、これから帰国します。
    いつも仕事は自分との戦いだと思ってやってきましたが、今回は違いました。
    目の前に敵がいる!
    大量の左翼軍団です。
    大型連休でもない、また観光シーズンでもないこの時期にスイス・ジュネーブに100人を超す日本人が訪れるのはやはり異様です。
    彼らは街でも、レストランでも、ホテルでも、国連の中でも一目でわかります。
    ハッキリ言って“小汚い”なんでこんなにきたない人ばっかりで集団を作れるのか不思議です。
    曲がりなりにも国際会議です。近所のスーパーに買い物に行くのとはわけが違います。(私は近所のスーパーに行く時でもあんな格好はしませんが)「場をわきまえる」という日本人なら誰でもできることができていないのです。
    我々はみんな各自でフライトやホテルを予約して、現地集合です。
    (あっちはツアーで来ているのか、胸にバッチを付けています。そういうツアーを専門的に請け合うところがあると優美子さんに聞きました。そこからして規模が違う。)
    今回も一人でお気に入りのホテルに泊まっていたのですが、朝食のレストランに行くと、それらしい集団が居て、ジロッと一斉に睨まれる。
    私は左翼活動家の名前も顔も一切知りませんが、向こうは知っているかもしれません。さすがにゾッとしました。
    レストランでも我々が食事をしていると近くのテーブルにそれらしい団体が座ります。その途端、話を中断しなければいけません。
    国連の会議室では小汚い格好に加え、チマチョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさんまで登場。完全に品格に問題があります。
    そんな中、唯一見たことがある方を発見しました。糸数慶子参議院議員です。確か今は国会会期中のはず。不思議に思って名刺交換をして少しお話しを伺いました。
    そのことは今度詳しく書くとして、国会議員が在特会なんかと写真に写ると大問題になるのに(在特会のことは全く支持しませんが)、左翼活動家と写真に写っても何の問題にもならないなんて、おかしな世の中です。
    左翼活動家の方が暴力的で危険ですし、共産党員は公安の監視対象です。

    委員会終了後、彼らが記者会見をするというので聞きに行こうとしました。日本政府の発言を受け、どんな反応かを知りたかったのです。
    でも、近寄ろうとすると大勢の人間に囲まれました。辺野古の時と同じです。
    「あなた、杉田さんですよね。(やっぱり知っている!)こっちに来ないでください。」
    「どうしてですか?皆さん、多くの人に知って欲しくて記者会見するんですよね?私は一般市民です。聞かせてください。広く広報したいのに一般市民に聞かせないなんて矛盾していませんか?」とお願いしてみました。
    「駄目です!あなた、杉田水脈でしょ!来ないでください。」と、人間の壁を作られてしまいました。


    とにかく、同じ空気を吸っているだけでも気分が悪くなるくらい気持ち悪く、国連を出る頃には身体に変調をきたすほどでした。
    とにかく、左翼の気持ち悪さ、恐ろしさを再確認した今回のジュネーブでした。
    ハッキリ言います。
    彼らは、存在だけで日本国の恥晒しです。






    全文は「杉田水脈の公式ブログ」の「【日本国の恥晒し】流石に怖かった今回の国連」で
    http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/8508016.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日本国の恥晒し】国連に集合した反日パヨク団体の実態を杉田水脈が大暴露→小汚い格好、チマチョゴリ、アイヌ民族衣装のコスプレ→「同じ空気を吸っているだけでも気分が悪くなる」】の続きを読む

    このページのトップヘ