Powered By 画RSS

    古谷経衡

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    古谷経衡

    twitternew_thumb
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【古谷経衡「杉田水脈は保守おじさんに煽てられ政治の世界に登場!モテないオタサーの姫となり満足!だから努力も切磋琢磨もなく男性優位社会に甘えている!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/08/23(火)15:08:52 ID:
    NHK「貧困女子高生」報道炎上~ネット右翼と融合する政治家~
    古谷経衡 | 評論家/著述家
    2016年8月23日 10時9分配信


    (略)

    ・「反NHK」はネット右翼の精神的支柱

    NHKへのネット右翼の本格的憎悪は、2009年に始まる。同年4月にNHKが放送した「ジャパンデビュー・アジアの一等国」
    の放送内容について、その内容が日本の台湾統治を悪玉であると決めつけ、取材対象となった台湾少数民族を「人間動物園」
    などと誹謗したなどとして、「NHKの偏向報道」と銘打ち、右派系の独立放送局「日本文化チャンネル桜」が中心となって、
    ネット上で原告を集め、集団提訴に及んだのが端緒である(いわゆる「1万人訴訟」)。

    この裁判は、2012年の第一審(東京地裁)で原告・チャンネル桜側が敗訴。しかし翌2013年の控訴審(東京高裁)で
    原告・チャンネル桜が逆転勝訴し、高裁はNHK側に賠償請求を命じた。
    NHK側は上告し、2016年1月、上告審(最高裁判所)により、原告・チャンネル桜の主張が全面的に棄却され、原告敗訴が確定した。
    このときの裁判所の判決には「(NHKは)日本による台湾統治の際に人種差別的な扱いがあったと番組の中で批判的に論評しているのであって、
    台湾少数民族に対する名誉を棄損することには到底あたらない」などとしている。

    しかしこの判決以後、ネット右翼層にとって、NHKは唾棄すべき巨悪の対象になった。
    今回の騒動も、ネットユーザーの中でも右派的、保守的と目されるネット右翼層が主導して火付け役の機能を果たしている。
    片山議員もこうしたネット右翼の潮流をトレースしていることは明らかである。やはり、ある種のネット右翼と融合しているのではないか、
    と見做されても致し方ない。

    ・片山議員の行為は問題ではないのか

    繰り返すように、私はNHKの報道内容の真偽を検証する、というある種のネットユーザーによる義侠心を否定するつもりはない。
    前述したように、「本人特定」はネットのお家芸だからだ。しかし、その対象が私人である以上、公僕たる国会議員が、
    市井の日本人に対するネット右翼層の糾弾の騒擾に便乗するのは、果たして国会議員の本務なのだろうか。

    続き Yahoo!ニュース
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20160823-00061409/
    5:2016/08/23(火)15:26:22 ID:
    カスゴミが仕事しないからいけないんだろ?
    BPO()

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【偽装保守】NHK「貧困女子高生」報道炎上~ネット右翼と融合する片山議員の行為は問題ではないのか?古谷経衡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/07/15(金)13:28:48 ID:
    2016年5月24日「ヘイトスピーチ解消法」が国会で成立、6月3日に施行された。
    同法の成立を受けて、5月30日、川崎市は在日コリアンの排外を訴える
    「ヘイトスピーチ・デモ」が使用予定の公園2カ所(同市川崎区)の使用禁止を決定。
    6月2日、横浜地裁川崎支部は同デモが川崎市川崎区にある社会福祉法人ビルから
    半径500メートルに近づかないよう通告する仮処分を下す。

    同法施行後の6月5日、ハンドルネーム「五十六パパ」なる
    ネット右翼(ネット上で右派的、排外的言説を標榜(ひょうぼう)するもの)主導で、
    川崎市で予定されていた「日本浄化デモ」は、許可が下りなかった川崎区の公園ではなく、
    やや北上した中原区の公園付近で実施を試みた。

    結局、ヘイトデモに反対するいわゆる「カウンター」の人々と、
    警察・公安関係者が集結し騒然とした状況になり、主催者側が警察に中止を申し入れ、
    最終的には開催されることなく終わった。

    筆者は、「ヘイト解消法」の立法自体は評価する。が、しかし熾烈(しれつ)に盛り上がっていた
    「ヘイトデモ」最盛期からみると、現在はほとんど、「ヘイトデモ」は実行されなくなった。
    その理由は第一に、民主党政権が2012年12月で終えんを迎え、
    保守政権である第2次安倍晋三内閣が総選挙の結果により誕生(同月)したことによる主敵の喪失である。

    「ヘイト解消法」施行のはるか以前から、警察や公安、あるいは裁判所は、
    「ヘイトデモ」の解消や撲滅に向けて、事実上の圧力を加えていた状況にある。そ
    このような流れの最後に出てきたのが冒頭の「ヘイト解消法」であり、
    実質的には「ヘイトデモ」にとどめを刺した格好だ。

    一方、排外的な傾向を有するネットユーザーの多くは、これまでも、
    そしてこれからも実際の街路での「デモ」に参加しないサイレント・マジョリティーである。
    「ヘイト解消法」で「ヘイトデモ」はかなりの部分、根絶されると思うが、
    元来、「ヘイトデモ」に参加する人々はレイシスト的ユーザーの全体から考えてもわずかであることを考えると、
    「ヘイトデモ」につながる問題の根源は「ヘイト解消法」では払拭(ふっしょく)されていないとみるべきだろう。

    「ヘイト」を生むのは、ネット上の動画とSNS、ブログである。そこには事実に基づかないデマとトンデモ理論がうごめいている。
    「朝鮮人は戦後、日本人を数百万人殺した」「マスメディアは在日コリアンが牛耳っている」
    「芸能人、政治家の○○は在日コリアン」等々のデマである。ここから、「ヘイト」が常に発生する。

    「ヘイト」のふるさとは、特にネット動画だ。これに対する対策も、近年進みつつある。『ニコニコ動画』を運営するドワンゴは、
    前述の在特会の公式アカウントを削除する措置をとった。
    あるいはYouTubeは、いわれなき嫌韓・反韓動画を投稿する特定の右派系 “ユーチューバー” への
    広告料の支払いを事実上停止する措置をとった。一歩一歩だが、確実に「根拠なきデマとヘイト」は勢いを失いつつある。
    「ヘイトデモ」は衰退しているが、それを生み出す「ゆりかご」たる粗悪なネット言論へのさらなる制裁強化が、次なる課題であろう。

    特に右派系ユーチューバーは潜在的差別意識の温床となっており、デモには加担しないまでも、
    「ヘイトデモ」参加への潜在予備軍を作り出している。これに対する包囲網は狭まっているが、より一層の対策が必要だ。
    2020年、東京五輪に合わせて多数の外国人観光客が来日し、観光立国を目指す日本の国策に照らし合わせても、
    このようないわれなきヘイトスピーチに加担するあらゆる勢力は日本の国益を害する存在だ。
    彼らには、法に基づいた制裁措置で鉄槌(てっつい)を下すべきである。(2016年7月4日 記)

    http://www.nippon.com/ja/currents/d00224/
    2:2016/07/15(金)13:33:17 ID:
    朝鮮への批判は許さないという恐怖政治

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【自称保守】古谷経衡「ヘイト対策法は在日韓国・朝鮮人へのデモにとどめを刺した。後はネトウヨに法的制裁強化するのみ」】の続きを読む

    このページのトップヘ