Powered By 画RSS

    和田政宗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/28(日) 21:43:33.23 ID:
    https://mobile.twitter.com/wadamasamune/status/867749795078610945
    和田 政宗
    @wadamasamune
    前川氏会見⑤。すなわち前川氏は、多くの人達と、このバーやバーから連れ出して話をした。そうした人達は、高校を中退したり中学高校で不登校中退を経験している。そうした人達にお小遣いをあげた、と話している。広義の援助交際とみられてもおかしくない行為。話を聞くだけでなくなぜ小遣いを渡すのか


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【前川喜平出会い系バー問題】和田政宗「話を聞くだけでなくなぜ小遣いを渡すのか」→要友紀子「謝礼払うのは常識的で礼儀ある行為」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/19(金) 12:42:51.22 ID:
    加計学園と文科省の記事 大丈夫か?朝日新聞と民進党 第二弾


    おとといの記事で濁していた部分を少し詳しく書きます。

    加計学園関連の文科省内の文書とされるものが朝日新聞に報道されたわけですが、
    おとといの早い段階で、我々は誰がメディアに持ち込んだかを特定できていました。

    このところ当該人物は、様々な経緯から要注意人物としてマークされていました。

    朝日に掲載された文書は、この人物が偽造した可能性や、
    似た文書が文科省内にあったとしてもこの人物が加筆や改竄して持ち込んだ可能性は否定できません。

    だからこそ断定的に文書を取り上げることは危険であると指摘したのです。

    朝日はこの文書について当該人物以外にダブルチェックできていないはずです。

    そして民進党はどのメディアから文書を入手したのでしょうか?

    まさか、一部メディアが政権を追い落とすことを目的に民進党と結託したと言うことはないと信じたいですし、
    まさか民進党はメディアの情報の裏付けも取らずに断定的に取り上げているのではないと思いますが。

    第二の「永田メール事件」になりはしないでしょうか?

    http://blogos.com/article/223901/



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【加計学園】和田議員「メディアに持ち込んだ人物を特定しました!」「第二の『永田メール事件』になりはしないでしょうかw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/17(水) 13:28:43.52 ID:

    加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
    http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html
     安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、
    文部科学省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった。




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【捏造】アホの朝日新聞、加計学園の総理の意向文書がフェイクニュースの可能性が濃厚と保守系議員に早速突っ込まれるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/01(土) 23:20:46.89 ID:

    報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】足立議員 和田議員 山口敬之緊急参戦

    【森友学園の辻元疑惑追及SP】足立議員 和田議員...


    森友学園寄付振込受領証の裏には何が?国会議員とジャーナリストがネット番組で語った「推理」

    4月1日に動画が公開された「報道特注」の中で、参議院議員の和田政宗氏とジャーナリストの山口敬之氏が森友学園の振込受領証を巡っての興味深い指摘を披露しています。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【動画】足立康史・和田政宗・山口敬之が集結→籠池偽証罪確定?辻元報道アンコンの裏側を大暴露www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/03/21(火) 22:12:31.70 ID:
    http://blogos.com/article/214911/



    本日、参院沖縄及び北方問題に関する特別委員会に出席。

    山田宏理事が、沖縄の基地反対運動で逮捕された者のうち外国人は何人いるかと質問。

    基地反対運動においてここ2年で41人が逮捕されていることは先日の私の質疑で明らかになっていましたが、「41人中4人が外国籍の者」と警察庁の答弁。

    4人はいずれも韓国籍とのことです。

    沖縄の基地反対運動に外国籍の人物が入り込み、しかも逮捕されていることが公式に明らかになりました。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日犯罪】和田政宗「沖縄・反基地運動で外国籍の逮捕者が4人(いずれも韓国籍)いることが明らかになった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/18(日)18:41:36 ID:
    他国ではアウト事例がいくつも 蓮舫氏の二重国籍問題


    前にも述べたが、蓮舫氏の二重国籍問題は日本の法律を順守する姿勢があるか(あったか)ということ。

    蓮舫氏を支援する発言として「他国では二重国籍が認められているところが多いのだから問題ない」というものなどがあるが、全く意味不明だ。

    例えば、インドネシアでは二重国籍疑惑でエネルギー相が解任され、台湾では立法委員(国会議員)が二重国籍で議員辞職した。

    すなわちその国の法律でどうなっているのかが問題なのであり、他国や世界のスタンダードがどうかという議論は、法律の順守の上で全く意味がない。

    他国の国籍制度に詳しい専門家や政府関係者も「他国なら一発アウト」の認識だ。

    アメリカの大統領選において、大統領になれるのは「生まれながらのアメリカ市民」という憲法上の制限により、その候補は「生まれながら」なのかということがよく問題になる。

    しかしアメリカにおいて、他国ではそんな規定はないので、無視してよいというわけには当然ならない。

    蓮舫氏の問題は、最低でも国会議員に立候補するときにクリアにしておかなくてはならない問題を完全に放置してきたこと。

    これでは、法律を守る気のない(守る気がなかった)国会議員が法律を作るという、全くおかしなことになる。
    『インドネシア、エネルギー相を解任 二重国籍の疑いで』(ロイター)
    http://jp.reuters.com/article/indonesia-politics-idJPKCN10Q28S

    BLOGOS/和田 政宗オフィシャルブログ
    http://blogos.com/article/190969/
    2: :2016/09/18(日)18:46:21 ID:
    ええぞ、正宗公!びっしゃーと言うたって下さいや。
    他にも居てないとも思えませんわ。



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【正論】和田政宗議員「蓮舫氏の二重国籍問題、他国なら一発アウト事例がいくつもある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/05/22(日)16:33:07 ID:
    ツイッターで壮絶バトル 民進・有田氏と日本のこころ・和田氏 (1/2ページ)

    (略)

     なぜ、有田氏はこんな発信をしたのか?

     有田氏は「和田氏は参院憲法調査会で『大日本帝国憲法を素晴らしい』と評価した。
    そのような議員のいる日本のこころは極右政党だといえる。
    また、『差別の扇動』とはヘイトスピーチを容認するという意味だ。
    和田氏は、在特会(在日特権を許さない市民の会)が参加する会合に、ビデオメッセージを送ったことがある。
    京都や福岡の在特会は、日本のこころの旗を掲げている。これらは事実だ。私の発言に間違いない」と語った。

     これに対し、和田氏は「『極右政党』は評価の範囲内だとしても、『差別の扇動を許容する』は誹謗中傷であり、
    絶対に許せない。有田氏も国会議員なので分かるだろうが、パーティーや会合がしっかりした
    目的を持っていればメッセージは出す。保守系の会合にメッセージは送ったが、参加者全員など確認できない。
    たまたま、在特会の関係者が来ていたのだろう。民進党は勝手なレッテル貼りを許容する政党なのか」と反論した。

    国会議員の議院における演説や討論は、憲法51条によって免責特権がある。だが、ツイッターなど国会外での発言には免責は及ばない。当然、行き過ぎた表現活動は法の規制も及ぶ。

    ちなみに、民進党の江田憲司代表代行は16日の定例会見で、有田氏の発信について「少なくとも私はそういう言葉は使わない。公党に対する礼儀作法というのは基本的にあると思います」と語っている。 (ジャーナリスト・安積明子)
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ツイッター壮絶バトル】民進党・有田芳生vs日本のこころ・和田正宗→江田憲司代表代行の見解www】の続きを読む

    このページのトップヘ