Powered By 画RSS

    大阪民国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日新聞

    (社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ
    2017年11月19日05時00分

    太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

    サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

    像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

    大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

    ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

    (略)

    外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

    韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

    ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】朝日新聞、大阪市と米S市が慰安婦像で姉妹都市解消の危機 ⇒ 「ちょっと待ってほしい!大阪市の姿勢は安倍政権と同じ!強硬措置がもたらす副作用も考えろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」  2017.11.14 11:30
    吉村市長

    慰安婦像と碑の公共物化をめぐり、13日、米サンフランシスコ市との姉妹都市関係の「年内解消」に言及した吉村洋文大阪市長。産経新聞の単独インタビューでは「姉妹都市というカウンターパートとして、『受け入れられない』と明確な意思表示をしなければならない」と強調。「国際社会では、黙っていれば認めたと受け取られる」と国や他都市にも警鐘を鳴らした。14日(日本時間15日)のサ市議会で在米中国系民間団体からの像や碑の寄贈受け入れ決議を可決し、24日(同25日)の期限までにエドウィン・M・リー市長が拒否権を行使しなければ、サ市として正式な受け入れが決まることになる。

    「性的に奴隷化」「何十万人」「捕らわれの身のまま亡くなった」…碑文は不確かな主張

    吉村市長は碑文にある「性的に奴隷化」という表現「(被害者が)何十万人」という数字、「戦時中の捕らわれの身のまま亡くなった」という3点について、「歴史家の間でも見解が一致せず日本政府の見解などとも違う不確かな主張を一方的に真実かのように記している」と指摘。「僕自身の歴史認識とも異なる」とした。

    また、国際社会で互いに非難し合うことを控えることなどで合意した、平成27年の慰安婦問題に関する日韓合意にも言及。ケリー米国務長官(当時)ら政府高官が「国際社会に合意を支持するよう求める」と述べるなど、米国も合意の内容を尊重する立場であり、「サ市が碑や慰安婦像を展開するのは、米連邦政府の方針と違う」とも指摘した。

    DOj-0QSUEAAXLCC


    続きは以下より
    http://www.sankei.com/west/news/171114/wst1711140029-n1.html



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】大阪市長、米サ市に慰安婦像設置にブチギレ反論!「黙っていれば認めたと受け取られる!明確な意思表示が必要だ!僕自身の歴史認識とも異なるし米政府の方針とも違う!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    吉村大阪市長

    twitternew_thumb 吉村洋文(大阪市長)‏認証済みアカウント @hiroyoshimura
    吉村洋文(大阪市長)さんがエヌ.をリツイートしました

    大阪市の条例は、外国人へのヘイトだけを対象としていません。
    日本人へのヘイトも対象としています。こんなデマが流れてるんですね。

    https://twitter.com/hiroyoshimura/status/929219329442197504
     
    ↓↓↓RT元↓↓↓



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日悲報w】吉村市長「大阪市の条例は日本人へのヘイトも対象です!外国人だけを対象としたものではありません!デマ拡散すんな!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    百田尚樹

    twitternew_thumb DAPPI‏ @take_off_dress

    百田尚樹「普段から慰安婦に関して『何とかしない!』と言ってる自民党の大阪選出議員は、
    大阪市が慰安婦像設置するサンフランシスコと姉妹都市解消を反対してる府連を非難しないのは、
    選挙の時に自民党の大阪府連が自分を応援してくれなくなるから。
    日本人の名誉より自分の議席の方が大事な人達です」

    https://twitter.com/take_off_dress/status/928148575980216320
     
    【動画】


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【百田尚樹「大阪は異常!大阪の吉村市長はS市が慰安婦像設置なら姉妹都市解消を主張してる!しかし大阪の自民・公明・共産は友好関係がなくなると言って反対してる!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    松井一郎

    ↓平松氏のコメント↓


    ↓松井一郎の反論↓


    「姉妹都市の終了検討に大きな落胆」 米サンフランシスコ市長から大阪市長への公開書簡(全文)

    2017年10月2日
    大阪市長 吉村洋文様
    拝啓  

    サンフランシスコにおける慰安婦像に関し、懸念を表明する親書に感謝する。ご存じのとおり、慰安婦像は、地域の活動家グループがその先頭に立って率いる民間資金によるプロジェクトとして、9月22日に除幕された。  

    貴信については細心の注意をはらって拝読し、また、駐日アメリカ大使や報道機関に対する貴殿の声明についても改めて精査させて頂いた。  

    私は、貴殿が両市の姉妹都市関係の終了を検討されているということに大きな落胆を覚えている。60年以上の長きにわたり、我々の姉妹都市関係は何百もの交流・友好行事の育まれてきた。これらの事業は両市にとって相互利益をもたらしてきただけでなく、両市市民の相互理解を深めてきている。  

    姉妹都市という概念は、「人対人 People-to-People」プログラムを生み出し、また促進することで、政府の干渉を排除したうえで、多様な文化と市民をひとつにまとめることを目的として提唱されたものである。我々の60年にも亘る関係は、たとえ歴史や文化、言語が異なっているとしても、ともに力を合わせることで、人間愛が我々に共通する中核的な価値観であること、我々がともに平和に生きていけることを示してきた。 http://www.sankei.com/west/news/171005/wst1710050009-n1.html
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】松井府知事、大阪を韓国人の好き勝手にさせて来た元政治家の事なかれ主義な主張をバッサリと論破www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    松井一郎




    【動画】



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ワロタw】松井府知事「大阪の民進党をズバッと切った小池さん腹固まった!ポンコツを一掃してもらいたい!この時点で信頼できる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    百田尚樹




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【大阪民国】百田尚樹「大阪市議の自民党と公明党は全員韓国人なのか?SC市の慰安婦像設置に抗議する決議案に反対した!日本人の心を持ってはいない!」】の続きを読む

    このページのトップヘ