Powered By 画RSS

    嫌韓

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/26(月) 06:29:12.49 ID:
    http://news.searchina.net/id/1638453?page=1

     日本を訪れる中国大陸の観光客はこの5年で爆発的に増えたが、同じく台湾からの観光客も激増している。台湾メディア・東森新聞雲は23日、「台湾人の旅行、日本はブームで韓国は好まず 5つの残酷な真相」とする記事を掲載した。

     記事は、台湾・交通部観光局が発表した2011ー16年の出国目的地別人数統計のデータを紹介。16年に日本へ出かけた台湾人が延べ429万5000人だったのに対して、韓国は80万8000人と5倍以上の差が開いていることを伝えた。

     日本を訪れた台湾人観光客は04年に100万人を突破して以降11年までは100万人台前半を推移していたが、その後6年間でほぼ4倍となる急増を見せている。一方韓国は15年の50万人から1年間で30万人ほど増えたが、日本はそれ以上のペースで増加した。

     記事はこの統計について台湾のネット上で「日本と韓国ではフライト時間はあまり変わらないのに、どうして5倍もの差がついたのか。韓国はつまらないのか、それとも他の理由があるのか」という疑問があるネットユーザーから投げかけられたことを紹介。これに対して、ほかのユーザーから様々な意見が寄せられたと伝えた。

     そして、ユーザーから寄せられた意見をまとめた結果「多くの人が、韓国と台湾がとても似ていること、文化的な特色が不鮮明であること、遊べる場所が少ないこと、行く目的がショッピングに限られていること、韓流スターの追っかけだけが目的になっていること」という「5つの真相」が浮かびあがったとしている。

     韓国を目的地にする台湾人観光客も増えていることから、決して「台湾人は韓国が嫌い」という訳ではなさそうだ。現状として、それ以上に日本旅行に注目が集まっているということだろう。ただ「魅力に欠ける」という台湾ネットユーザーの意見をしっかり汲み取って、台湾人が魅力に感じるコンテンツ開発やPRに取り組む必要があるのは、言うまでもない。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【親日嫌韓w】台湾人が日本に行きたがり、韓国には行きたがらない理由くそワロタwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/20(火) 21:55:48.01 ID:

    ▲TBS社長室国際部韓流担当部長・長生啓(ナガオ・アキラ)氏

    中国との関係悪化で韓流コンテンツ輸出が危機になって久しい。現地の「嫌韓」感情が日に日に激しくなり、コンテンツ輸出の活路も行き詰って国内ドラマ製作者の息の根もやはり詰まている。すっきりした解決策もない。一方、日本を見ても韓流熱風は冷めた境遇を免れない。

    文化輸出の旗じるしを掲げて得た熱風と政治的危機を言い訳に冷めてしまった沈滞を体験して日本での「韓流の危機」はターニングポイントが可能だろうか。日本放送会社TBS社長室国際部韓流担当部長、長生啓(ナガオ・アキラ、写真)氏との一問一答を通じてその実体に少しでも接近してみた。

    長生啓氏は2008~2014年まで韓国ドラマを購入、韓日共同製作などの業務を担当した日本国内韓流コンテンツ専門家だ。私たちの立場では聞き苦るしい毒舌があるが、彼の意見なので返事を加減なしに掲載した。以下は彼との一問一答だ。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【どうした?w】 TBSのエラい人「日本人の間で韓国コンテンツが流行することないと思う!反日だけどドラマは買え!というのはもう通用しない!」とド正論直球www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/19(月) 06:51:31.54 ID:
    読売新聞社と韓国日報社の共同世論調査の結果が6月12日に発表され、日韓関係の「今後」に対する両国の意識に大きなズレが生じていることがわかった。

    共同世論調査によると、今後の日韓関係について日本では「変わらない」が70%で最も多く、続いて「悪くなる」が20%、「良くなる」は5%だけだった。対する韓国では「良くなる」が56%と過半数を占め、「変わらない」32%、「悪くなる」7%の順だ。

    現在の日韓関係を「悪い」と考えているのは、日本77%、韓国81%と両国ほぼ同じなので双方ともに現状認識は一致していると言えるが、未来に向けての意識が大きくズレているという結果が興味深い。

    ■韓国人はなぜ「良くなる」と考えるのか


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【嫌韓】韓国人「日韓関係は今後良くなるニダ!」→衝撃の理由が判明www実は日韓より中韓関係が深刻だった模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/16(金) 01:03:53.29 ID:

    韓国人の反日感情は、非常に強いわけではない

     6月13日付の読売新聞朝刊に、興味深い記事があった。
    読売新聞社と韓国日報社が共同で世論調査を実施し、ムン新政権が発足したことによる、今後の日韓関係への影響を聞いたものだ。

     日本では、「変わらない」が70%、「悪くなる」が20%、「良くなる」が5%。これに対して、韓国では、「良くなる」が56%、「変わらない」が32%、「悪くなる」が7%だった。

     この結果をどう読むか。僕は韓国国民が日韓関係に対してある種の「期待」をしていると受け取った。
    日本人の多くは、「韓国人は反日感情が強いから、日韓合意にも反対している」というイメージを持っている。
    ところが、今回の世論調査によると、韓国人の方が日韓関係について前向きに考えているようだ。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【田原総一朗「韓国の反日より日本人の嫌韓感情の根本的な理由はよく分からない…韓国人の方が前向きだ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/05/29(月) 15:15:56.70 ID:

     元駐韓大使によるこのタイトルは衝撃的である。
    この期に及んで「従北・反日」の大統領を選んだ韓国への著者の嘆きは、大きい。なぜ、韓国人は文在寅を選んだのか。

     著者はそこに「頭よりハートで考える」韓国人特有の気質を見る。

     それにしても「韓国の競争社会で順応し、成功を収めていくことは、並大抵ではない。そのワイルドさを持ち合わせていない私には、とても韓国人はつとまらない」

     著者はため息をつくかのようにそう述べる。

     やがて訪れる「文在寅クライシス」への対応を考えるとともに、隣国の行く末を案じる「憂韓の書」でもある。(悟空出版・1250円+税)



    『韓国人に生まれなくてよかった』武藤正敏著 隣国の行く末を案じる書 日本を襲う〝文在寅クライシス〟
    http://www.sankei.com/life/news/170527/lif1705270041-n1.html
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【嫌韓本w】元駐韓大使が『韓国人に生まれなくてよかった』という本が出版→「頭よりハートで考える韓国人特有の気質…」www】の続きを読む

    このページのトップヘ