Powered By 画RSS

    尖閣

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/06/13(月)10:09:07 ID:
    中国軍艦侵入、「尖閣の地名変更」を牽制か 大高未貴氏緊急リポート (1/2ページ)
    2016.06.13

    中国海軍のフリゲート艦が、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に侵入した問題で、新たな事実が分かった。
    同県石垣市議会が今週から、尖閣諸島の地名変更の審議を始めていたのだ。
    挑発行為のレベルを一段上げた隣国は、同市議会の議決に圧力をかける狙いがあったのか。
    ジャーナリストの大高未貴氏が緊急リポートする。

     ◇

     これまで、日本の海上保安庁にあたる海警局の公船を派遣していた中国だが、
    9日未明のフリゲート艦による接続水域侵入は次元が違う。軍艦はあくまでも戦闘を目的としているからだ。

     尖閣諸島を行政区とする石垣市の仲間均市議は「わが石垣市を威嚇する目的ではないか。
    実は、石垣市議会では今月7日から、尖閣諸島の地名を変更する審議を始めていた」と明かす。

     現在、尖閣諸島の地名は「石垣市字登野城」で、「尖閣」という文字は行政上使用されていない。この変更案が浮上していたのだ。
     地名変更の陳情書を提出した南西諸島安全保障研究所の奥茂治氏は「私は20年前から、尖閣諸島に本籍地を置いている。子供が学校で地理を習い始めて、『自分の本籍が、地図上ではどこかすぐ分からない』と言われた。その時、(領土・領海を守るためにも)地名に『尖閣』という文字を入れるべきだと確信した」という。

     尖閣諸島は、国際法上も歴史的にも日本固有の領土であり、断固守り抜かなければならないが、地名変更は確固たる決意を示すことになる。

     前出の仲間氏は「昨年9月に陳情書を受け取った。私はその内容が正鵠(せいこく)を得ていると判断し、今年3月の市議会で取り上げた。多くの賛同を得て、行政地番『石垣市字登野城』を、『石垣市字尖閣○○番地』と変更する審議が始まった。侵入当日の9日にも、本格的審議をする予定だった」という。

     この地名変更には、県内外の「親中派組織」が警戒していたという。同組織が、中国側に“通報”したのか。

     仲間氏は「われわれは、どんな脅しにも屈しない。合法的に対応するだけです。早ければ今月末には地名は変更される」と語った。

     ■大高未貴(おおたか・みき) ジャーナリスト。1969年、東京都生まれ。フェリス女学院大学卒業。95年、ダライ・ラマ14世や、PLOのアラファト議長のインタビューでデビュー。世界100カ国以上を回り、中東の紛争地域では4年間、潜入取材を行った。98年、タリバン政権下のアフガニスタンから、アフガン崩壊の予兆をスクープする。著書に『「強欲チャンプル」沖縄の真実』(飛鳥新社)、『ISISイスラム国 残虐支配の真実』(双葉社)など。
    5: :2016/06/13(月)11:45:00 ID:
    市に対抗するなんて、ちっちゃいな

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【中国軍艦侵入】尖閣諸島の地名変更を警戒する親中派のヤバ過ぎる行動を石垣市市議が大暴露!(大高未貴氏緊急リポート)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/20(水)12:52:35 ID:
    政治
    日中開戦「僅か5日」で敗北、米国は尖閣を見捨てる
    渡瀬 裕哉



    米国の権威ある外交専門誌「Foreign Policy」が尖閣諸島を舞台とした日中衝突、
    日米同盟の顛末についての机上演習の結果を発表しました。
    机上演習を行った主体は米国最有力・軍事研究所であるランド研究所となります。

    How FP Stumbled Into a War With China  ̄ and Lost
    http://foreignpolicy.com/2016/01/15/how-fp-stumbled-into-a-war-with-china-and-lost/?wp_login_redirect=0

    「見捨てられる日本、尖閣諸島へのコミットメントを回避する米国」

    簡単に言うと、上記の机上演習の結果として、中国に日米同盟は惨敗して多大な被害を出すことが予測されるため、
    米国は尖閣諸島で何が起きても無視をするべき・・・、ということが提言されています。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【米紙】日本と中国が戦争開戦「僅か5日」で敗北、アメリカは尖閣を見捨てる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/07(木)15:11:15 ID:
     2016年の正月を挟んで、中国海警局巡視船団が尖閣諸島周辺の日本接続水域を航行し、
    一時は日本領海内にも侵入した。

     2015年のクリスマス前の12月22日から25日にかけて、
    中国海警局の巡視船3隻(「海警31239」「海警2307」「海警2308」)が
    尖閣諸島沖の日本接続水域内を航行しているのが海上保安庁により確認された。
    そして26日になると、これらの巡視船は日本領海内に侵入した。

     さらに1月3日には、同じく中国海警局の4隻の巡視船
    (「海警31241」「海警2101」「海警2166」「海警2401」)が、
    尖閣周辺日本接続水域を航行しているのが海上保安庁によって確認された。

     これらの中国巡視船のうち、「海警31239」と「海警31241」は
    それぞれ連装機関砲とみられる砲塔4基を装備している重武装巡視船であった。
    日本のメディアはあまり取り上げていないが、アメリカ海軍関係者などの間ではこのことが問題視されている。

     なぜならば、中国が尖閣周辺海域に重武装巡視船を投入したのは、今回が初めてだからである。



    全文 Yahoo!ニュース/JBpress 1月7日(木)6時15分配信 北村 淳 全3ページ
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160107-00045700-jbpressz-int

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 34◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451185156/481
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【画像】中国、機関砲を搭載した武装船で尖閣&沖縄をガチで奪いに来たぞ!】の続きを読む

    このページのトップヘ