Powered By 画RSS

    差別にだ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(愛知県) [IN] 2017/10/17(火) 22:11:34.64 ID:bmaDK6Bn0 BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

    no title

    「これはヤバイだろうと思っていたら、案の定、悲惨な結果になったようですね」 
    さる出版関係者がこう語るのは、10月2日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)のこと。 

    創刊51周年に突入する記念月間のトップとなる号の表紙&グラビアに、女優でモデルの水原希子が登場。 
    しかも巻頭全ページ&センターグラビア増ページ、両A面ポスターの付録までついていたのだが……。 

    「今回のグラビアはロサンゼルスで撮影されたもので、水原側の気合は相当なもの。 
    『単にセクシャルなだけでなく、後から見返した時に宝物になるような写真が撮れたら』という 
    彼女の決意を聞いた編集部は、なんと41ページという異例の大ボリュームでグラビア掲載を敢行。 

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日芸能人】差別騒動の水原希子をゴリ押しした週刊誌の末路が悲惨過ぎワロタwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ねこ名無し ★ 2017/10/09(月) 03:02:37.09 ID:CAP_USER
    山本太郎

    9月29日、リベラル派として知られる山本太郎参議院議員(自由党共同代表)が在日本大韓民国民団(韓国民団)主催の記者・市民セミナーで講演を行った。セミナー終了後、筆者は山本氏に現在の政局や今後の出処進退について話を聞いた。講演の内容は後述することとし、まずは山本氏のインタビューをお伝えする。 

    「小池代表はバリバリの歴史修正主義者」 

    ――自由党と希望の党の合流が取り沙汰されていますが、自身の出処進退については。 

    山本 私は、希望の党には入党できないです。思想や信条がまったく違います。小池代表はバリバリの歴史修正主義者であり、沖縄、安全保障法制、憲法改正、いずれの問題についても考え方が違い、その“踏み絵”を踏むことは政治家としてできません。 

    ちなみに、冗談みたいな話ですが、私は中学2年生の頃は核武装論者でした。今ではあり得ませんけどね。小池代表も、以前はそういう考え方の持ち主でした。しかし、小池代表は風や空気を読むのがとてもうまく、『これをオープンにするとまずい』と感じれば、ホームページを修正して過去の主張を降ろしています。 

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク脳w】山本太郎「在日コリアンに対する寛容さが失われ世界に顔向けできないヘイトが蔓延!日本人であることしか誇れない人は追い込まれています!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/10/08(日) 09:34:53.94 ID:CAP_USER9
    朴水石

    https://mobile.twitter.com/Yonge_Finch/status/916651414885064705 
    spark 
    @Yonge_Finch 
    日本は以下の通り改憲すべき。 まず、憲法裁判所を設けること 人権を不可侵のものであり 差別は根絶すべき悪であると釘を刺す 首相の解散権を制限する 侵略戦争に対する反省と軍国主義、ファシズムを永久に認めないことを誓う 天皇制は廃止するか、少なくとも継承権における男女の差別を撤廃する

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【在日韓国系カナダ人「日本は以下の通り改憲すべき」⇒「差別は根絶すべき悪!天皇制は廃止するか、継承権における男女差別を撤廃!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2017/10/06(金) 10:59:30.29 ID:CAP_USER
    「しんぶん赤旗」の消費税増税反対キャンペーン

    「彼女と、あの党の本質がわかった」。日本に生まれ育った韓国籍の友人が憤っていました。多様性や寛容を看板にしながら、じつは差別主義者だったと 

    ▼小池百合子都知事率いる「希望の党」が民進党からの入党希望者に突きつけた政策協定書。その踏み絵の中の一項目「外国人に対する地方参政権の付与に反対すること」が波紋をひろげています 

    ▼いまや100万人をこえる永住外国人。それぞれが生活を通して地方政治と深くかかわり、税金を納め、日本国民と同じように自治体にたいして多くの要求や意見をもっています。こうした人びとが参政権を認められ、住民自治の担い手となることは民主主義の基本です 

    ▼小池氏の姿勢は関東大震災の際に虐殺された朝鮮人犠牲者に追悼文を送らなかったことにも現れています。在日韓国青年会は、偏狭なナショナリズムをもつ公人、人権を阻害する政党であることが明らかになったとして抗議声明を出しています 

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【しんぶん赤旗】在日韓国人の友人「安倍首相が出てきて日本の社会は生き辛くなった!差別を煽る勢力に、あなたの1票を与えないで!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2017/10/06(金) 07:31:01.76 ID:9r8zQi5J0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    毎日新聞

    10/5(木) 21:06配信 

    毎日新聞 
     今年のノーベル文学賞に、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロさん(62)が選ばれた。 

     記憶を残すか捨てるかの葛藤を通し、価値が激しく変化する時代の人間の弱さを描いてきた。平易な文章で、世界に多くの読者を持つ作家だ。 

     2015年6月、10年ぶりの長編小説として発表した「忘れられた巨人」(土屋政雄訳)の宣伝のため来日した際にインタビューした。 
    「ほお……。初めて聞きました。本当ですか、なぜですか」。イシグロさんがソファから身を乗り出したのは、私が「日本では東日本大震災後、 
    負の歴史をなかったことにし、例えばヘイトスピーチを容認するかのような排外的空気が強まっている。どう思うか」と問うた時だ。日本語は話せないが、かなり聞き取れるのだという。 


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【差別にだw】毎日新聞、ノーベル文学賞のイシグロさんに「日本でヘイト排外主義が強まっている!どう思うか?」と反日誘導質問に秀逸すぎる回答 キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2017/10/02(月) 20:49:52.30 ID:CAP_USER
    小池百合子

    ゆか@fuwarihonwaka 
    希望の党 政策協定書 

    2.安保法制容認 
    3.憲法改正支持 
    5.外国人地方参政権反対 

    『5.外国人に対する地方参政権の付与については反対すること』これを協定書に入れるとは。 

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【差別にだw】在日韓国人3世「外国人地方参政権反対の小池はネトウヨのレイシスト!希望の党は排外主義の極右政党だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/10/01(日) 22:08:41.08 ID:CAP_USER9
    朴水石

    https://mobile.twitter.com/Yonge_Finch/status/914355053049212929 
    spark 
    @Yonge_Finch 
    差別をするネトウヨ、直接の加害者も問題だけど、そいつらに対する怒りを共有しない大多数の傍観者の日本人にも怒りを感じる。こういう話は、在日外国人の友人と話すとよーーーく理解し、怒りを共有できるが、日本人の殆どはこの問題の深刻さを真に受けず、単に流したり話を逸らそうとする。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【在日韓国系カナダ人「差別をするネトウヨに対する怒りを共有しない大多数の傍観者の日本人にも怒りを感じる!日本人の殆どは深刻さを真に受けず話を逸らそうとする!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ