Powered By 画RSS

    慰安婦像

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/28(金)12:15:59 ID:

     産経新聞によると、日本大使館前に韓国の市民団体が「徴用工の像」を立てる計画について、菅官房長官は、
     「日韓関係に好ましくない影響を与え、外交関係に関するウィーン条約の規定に照らしても極めて問題である」
     とし、外交ルートを通じて韓国側に適切な処置を求めるという。
     徴用工問題については、
     「民間人徴用工問題を含む日本と韓国との間の財産・請求権の問題は、日韓請求権・経済協力協定により完全
     かつ最終的に解決済みの問題である」と語った。
     朝日新聞によると、市民団体は28日に記者会見して正式に発表するという。
     詳細は産経新聞と朝日新聞で。
     

    【動画】
     
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】菅官房長官、慰安婦像に続き日本大使館前に「徴用工の像」設置の反日行為をたった一言でフルボッコ論破www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/27(木) 11:02:32.36 ID:
     韓国大統領選に立候補した中道野党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)氏(55)と保守系与党「自由韓国党(旧セヌリ党)」の洪準杓(ホンジュンピョ)氏(62)が、西日本新聞の書面インタビューに応じた。革新系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)氏(64)に次いで支持率2位の安氏は、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意を撤回し、元慰安婦の支援を担う韓国の「和解・癒やし財団」の解散も訴えた。

     同3位の洪氏も日韓合意については「お金で解決する問題ではない」と破棄方針を明言。インタビューに応じなかった文氏も再交渉を訴えており、主要候補全員の姿勢が変わっていない実態が浮き彫りになった。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【慰安婦教w】韓国・アン大統領候補「少女像、国家の歴史のシンボルにだ!裏で像の撤去を確認した親日野郎の経緯を必ず明らかにする必要がある!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/19(水) 21:16:12.07 ID:

    一方この日、釜山(プサン)では、日本総領事館前に設置された慰安婦像を「撤去してやる」と豪語する男性(78)が現れ、実際に像に飛び蹴りをしようとしたものの警察官に制止される騒動があった。
    男性は「平和の少女像(慰安婦像)のせいで日本と近しくなれないでいる」「日本との関係を回復することこそ愛国だ」などと主張したという。(翻訳・編集/吉金) 

    https://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_172355.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【親日罪】韓国人男性(78)、慰安婦像に飛び蹴り喰らわせようとして警官に制止される→「これこそ愛国にだ」衝撃の理由www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/08(土) 11:45:31.41 ID:

     韓国の出版社「銀杏(いちょう)の木」は7日、慰安婦を象徴する「少女像」についての作家筒井康隆氏のツイッターの書き込みに「失望した」として、同社が翻訳出版している筒井氏の小説
    「モナドの領域」を販売中止にしたと発表した。出版を予定していた小説「旅のラゴス」も、日本の著作権会社などに契約解除を通知したと明らかにした。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【嫌韓作家w】韓国出版社、筒井康隆の慰安婦像をバカにしたツイートに怒りの制裁→なおノーダメージの模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/03(月) 19:46:14.10 ID:
     【ソウル=名村隆寛】長嶺安政駐韓大使がソウルに帰任することについて、韓国外務省当局者は3日、「帰任を契機に両国間の意思疎通がより緊密になることを期待する」と述べた。

     釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が違法に設置されたことへの対抗措置として長嶺氏が帰国して3カ月近く、韓国政府は想像以上の日本側の強い反発に当惑していた。特に朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾訴追、罷免、逮捕で国政の停滞が続き、外交も行き詰まっていた。

     トランプ米政権が発足する中での外交の“出遅れ感”。自ら招いた対日関係の悪化。米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備への中国の猛反発と対中関係の悪化。韓国では国際的な孤立への懸念や不安感が高まり続けている。

     こうした中、長嶺氏の帰任に韓国政府は安堵(あんど)しているようだ。慰安婦像については従来、「民間団体がやったこと」と韓国政府は大統領以下、放任していたが、「必ず克服できるよう努める」(黄教安(ファン・ギョアン)首相)、「外交公館の保護に関する国際儀礼や慣行の面から望ましくない」(韓国外務省)と態度を変えている。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【駐韓大使帰任】 韓国、歓迎の一方で慰安婦像撤去の兆しなし→韓国国民の78%が慰安婦像撤去に反対の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/04(火) 08:58:38.34 ID:

    駐韓大使帰任 日韓関係の再生を急げ

    日本政府を代表する駐韓大使と釜山総領事が、韓国での任地に戻ることになった。岸田文雄外相がきのう、発表した。
    3カ月近くも大使らが隣国にいないという異常事態がやっと解消される。遅きに失したとはいえ、当然の措置である。
    韓国はいま、前大統領の朴槿恵(パククネ)氏が弾劾(だんがい)されて座を追われ、次期大統領選が1カ月余り後に迫っている。
    日韓関係の立て直しを急がねばならない。

    大使らの「一時帰国」は、釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が立ったことへの対抗措置とされた。
    この間、韓国政界では大統領選へ向けた様々な動きが活発化した。きのうは最大野党「共に民主党」の公認候補に、文在寅(ムンジェイン)・前代表が決まった。
    ところが外務省関係者によると、日本は大使が不在のため、有力候補の陣営幹部との人脈づくりなどが遅れた。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国大使帰任】アホの朝日新聞「安倍政権は慰安婦像の移転で韓国に負けたまま矛を収めし日韓関係の再生を急げよ!」→なお朝鮮半島有事の邦人保護はスルーwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/03/27(月) 23:57:40.44 ID:
    日本の安倍晋三総理が韓国の慰安婦少女像設置問題について韓国が日本の主張に対する理解が不足しているという認識を示したと共同通信が27日明らかにした。

    安倍総理はこの日、総理公館で自民党国際局所属の人々と夕食をとりながら韓国と米国などで慰安婦少女像が相次いで設置されていることについて「(韓国が)日本(の主張)を理解できない面がある」と話した。安倍総理が慰安婦少女像問題について直接言及したのは異例だ。

    安倍総理は日本政府が長嶺安政駐韓日本大使の帰任を発表した直後の去る1月8日に放送されたNHK番組で「韓国に(慰安婦合意の対価で)10億円の金を出した」と強調し「韓国側がきちんと誠意を見せるべきだ」と話したことがある。

    この日、安倍総理の発言は韓国側の態度変化を望む既存の立場を繰り返したもの。安倍総理は「政党間、議員間の外交は国家と国民のために非常に重要なだけに、これからも頑張って欲しい」と参席者らに話した。
    (聯合ニュース)

    ソース:SBSニュース(韓国語) 日安倍「韓国、日本主張理解できない面あって」
    http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004115720
    2:2017/03/27(月) 23:58:15.50 ID:
    朝鮮人は人の言葉を解せない
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】安倍総理「韓国は日本の主張を理解できない面がある!韓国側がきちんと誠意を見せるべきだ」慰安婦像問題に異例の直接言及www】の続きを読む

    このページのトップヘ