Powered By 画RSS

    日刊ゲンダイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/05/26(木)05:19:42 ID:
    1回100万円超も 舛添知事より酷い麻生大臣の“クラブ通い”

     ドケチ都知事が、ますますチンケに見える。昨年公開の政治資金収支報告書(14年分)によると、
    閣僚トップの集金力を誇るのは麻生財務相だ。2億円近い政治資金をカキ集めたが、使い道はメチャクチャだ。

     資金管理団体「素淮会」は14年だけでも政治活動費の名目で計137回、
    総額1531万円を飲み食いに浪費。支出先も銀座のミシュラン3つ星すし店
    「すきやばし次郎」など高級店ばかり。

    続き 日刊ゲンダイ
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181984
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181984/2
    3:2016/05/26(木)05:26:00 ID:
    ゲンダイに擁護されたら終了

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ゲンダイ】舛添知事より酷い麻生大臣の“クラブ通い”が問題ニダ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/05/16(月) 09:01:35.32 ID:
     

    https://twitter.com/_monobook/status/730993122889498624

    シンガポールの送金先のコンサル企業のオフィスとされる場所


    東京五輪招致「コンサルタント料」、契約書はある筈だが保存場所は分からない
    http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20160514/Tbs_news_59242.html

    五輪招致 送金先“会社代表”「会社はもうない」「業務内容や受け取った金額は話せない」
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160514-00000032-nnn-int

    東京五輪招致の2億円ワイロ問題 疑惑の中心人物P.ディアク氏が「日本からのお金はもらっていない」と授受を否定
    http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/05/15/0009087078.shtml
     根本を揺るがす大問題なのに、なぜ日本のメディアは及び腰なのか。

     2020年東京五輪の招致過程で、IOCの委員を務めたラミン・ディアク氏に日本の招致委員会側から裏金が支払われたと英紙「ガーディアン」が報じた一件だ。2億円以上もの大金が、13年9月に五輪の東京開催が決まった前後、ディアク氏の息子が関係するシンガポールの口座に振り込まれていた。フランスの検察当局が捜査に乗りだしている。

     今年、世界を騒がせたロシア陸連によるドーピング問題でディアク氏は逮捕され、息子のパパマッサタ氏もインターポール(国際刑事警察機構)に指名手配されている。

     ガーディアン紙の報道によると、日本の大手広告代理店がこの裏金事件に絡んでいるというのだが、不思議なことに、日本のメディアはこれを一切報じない。辛うじて裏金疑惑を報じたメディアも、ガーディアンが掲載した裏金の相関図から、わざわざ代理店の名前を消していた。
    「FIFAもそうでしたが、スポーツビジネスの世界は利権まみれなのです。メディアもスポンサーの関係などあって、裏金の問題には目くじらを立てられない事情がある。とはいえ、五輪を楽しみにしている日本のスポーツファンは、裏金を使っての招致など望んでいなかったはずです。日本国内でもしっかり調べて、クリアにしてほしいと思います」(スポーツライター・工藤健策氏)


    ■JOCは「正当なコンサル料」と釈明も 

    政府与党は当初、菅官房長官が「政府として調査することはない」と言い切るなど、この問題にフタをするつもりだった。 

    しかし、フランス当局が本気で捜査するとなれば、さすがに知らん顔もできない。 

    「解散した招致委員会が進めていたことは分からない」などとフザケたことを言っていた日本オリンピック委員会(JOC)も 
    13日、民進党の追及チームに呼ばれると、「正当なコンサル料」と釈明する方針に変えた。 

    「日本国内はそれで納得させられるかもしれませんが、フランス当局に裏金だと断定されたらどうするのか。 
    その裏金の出どころはどこなのか。もし税金が入っていたら大変なことで、五輪開催を返上しなければならないくらいの話です」 
    (工藤健策氏) 
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181386/3
    4: :2016/05/16(月) 09:02:27.56 ID:
    逮捕クル?

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ゲンダイ】東京オリンピック中止!JOCパパ・ディアク容疑者が国際指名手配へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/02/06(土)15:31:42 ID:
     詭弁はここまで極められるものなのか、と思わず感心しそうになった。
    無論、安倍晋三首相が昨日国会で述べた“仰天発言”の話だ。それは民主党の階猛議員の質問が発端だった。

    階議員は憲法21条「表現の自由」が、自民党憲法改正草案では制限がかけられていることを説明した上で、
    このように改憲されれば「国民、ひいては言論機関が萎縮して権力者の意向を忖度し、
    権力者の批判を控えるようになるのでは?」と質問。

    「現に今も安倍政権に批判的なテレビキャスターやコメンテーターが次々と番組を降板している」と、
    『NEWS23』(TBS)や『報道ステーション』(テレビ朝日)、『クローズアップ現代』(NHK)の
    キャスター降板劇を取り上げた。

     だが、安倍首相は「現在、まるで言論機関が萎縮しているかのような表現があったが、まったくしていない」と
    反論し、いつものニヤケ面を浮かべながら、こう言い出したのだ。

    「きょう、帰りにでも日刊ゲンダイを読んでみてくださいよ(笑)。これがですね、萎縮している姿ですか?」

     おいおい、日本の代表的言論機関が日刊ゲンダイって、そりゃないだろう(失礼)。
    たしかに日刊ゲンダイは政権批判に力を入れているが、ここまではっきり批判を書いているメディアなんて、
    あとは、しんぶん赤旗と本サイトくらい。

    日刊ゲンダイ編集部も「日刊ゲンダイが自由に報道していることで、報道の自由全体が確保されている
    との主張はあまりにもご都合主義ではないか」と安倍発言に対して反論コメントを出しているが、まったくその通りである。
     しかも、安倍首相はつづけてヒートアップして、こんなことまで口走っていた。
    「萎縮はしないんですよ、毎晩の報道を観ていただければわかるように。それはですね、むしろ言論機関に対して失礼だ」
    「萎縮している機関があるなら言っていただきたい」
    「外国から誤解される恐れがある。まるでそんな国だと思われるわけでありますから」
     いや、「毎晩の報道」を観るかぎりNHKや日本テレビ、フジテレビなどは萎縮どころか、
    政権の代弁者と化しているし、気を吐いていた古舘伊知郎や膳場貴子キャスター、岸井成格は姿を消してしまうではないか。
    それに「外国から誤解される」と言うが、誤解でもなんでもなく“事実”だとわかっているから、
    昨年11月、国連の「表現の自由」特別報告者の来日を政府は中止させたのではないか。

    だいたい、「報道の自由ランキング」では民主党政権時の2010年は11位だったのに
    昨年は61位まで大幅ランクダウンしているが、これこそが海外から見た客観的な評価なのだ。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    リテラ 2月5日付け
    http://lite-ra.com/2016/02/post-1952.html
    2:2016/02/06(土)15:34:46 ID:
    リテラがある

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【リテラ】「日刊ゲンダイがあるんだから報道の自由は守られてる」とネトウヨ答弁した安倍首相に官邸の報道介入の実態を改めて突きつける!】の続きを読む

    このページのトップヘ