Powered By 画RSS

    日韓断交

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/21(水) 05:41:28.46 ID:

     慰安婦像問題に続いて、日韓外交の焦点となりそうなのが、「徴用工像」である。
    ソウルの日本大使館前への設置計画が取り沙汰され、両国の外交関係者に緊張を走らせている。
    ジャーナリスト・竹中明洋氏が当事者たちに話を訊いた。

     * * *
    「大統領選挙で我々の団体は徹底的に文在寅氏を支持しました。新政権はきっと我々のために積極的に動いてくれるでしょう」


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日韓断交w】韓国「慰安婦像がダメなら次はコレで謝罪と賠償を勝ち取るニダ!」 → 釜山の領事館前に新たな反日モニュメント設置 キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/15(木) 21:09:19.16 ID:
     自民党の二階俊博幹事長は14日、都内で講演し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、韓国側の着実な履行には時間がかかるとの見方を示した。

     合意履行を病に例え「時間をかけて治療した方がよい場合がある」と述べた。

     二階氏の発言は、12日にソウルで会談した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が合意履行に慎重な姿勢を示したことを受けたものだ。

     合意自体については「日韓が約束し、多数の国から高く評価されている」と強調した。

     二階氏は14日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、文氏との会談内容を報告した。首相は「日韓関係は重要だ。いろいろな交流が必要だ」と述べた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150017-n1.html


    韓国の文在寅大統領と握手する二階俊博・自民党幹事長(左)=12日、ソウルの大統領府(代表撮影)

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日韓合意】自民・二階俊博「韓国の反日は病気だよwしばらく放置しておきましょう!バカは死ななきゃ治らないってw」文在寅との会談内容を安倍総理に報告!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/06/11(日) 21:48:08.29 ID:

    【AFP=時事】カタール政府は11日、同国と国交を断絶した中東諸国出身の在カタール外国人に対し、母国からの命令に関わりなく引き続きカタールに滞在することを認めると発表した。

     カタール国営メディアが伝えた声明は、「カタール政府は、わが国に対する敵対的かつ偏向的な措置を背景に、
    わが国と断交または、外交代表部を縮小した国々の国籍を持つカタール在住者に対していかなる(対抗)措置もとらない」とし、さらに、同国は「強固な信念と道理に従って」行動していると述べている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000031-jij_afp-int

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【もしも日韓断交しても在日韓国人は日本に居続ける?】海外の例を見てみよう…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2017/05/26(金) 08:11:31.86 ID:DmWube450 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    韓国首相候補、慰安婦合意は「日本が現実認め、知恵を」
    http://www.asahi.com/articles/ASK5T5F8JK5TUHBI02G.html
    韓国の李洛淵(イナギョン)首相候補は25日、慰安婦問題をめぐる一昨年の日韓合意について
    「(日本側が)合意を絶対多数の韓国人が受け入れられない現実を認め、河野談話などに立脚して知恵を発揮してほしいというのが今の私の考えだ」と語った。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日韓断交w】韓国首相候補「慰安婦合意は日本が知恵を出せ、韓国国民の合意不支持は日本が悪いニダ!」「心からの謝罪をすれば日本が望む方向に行く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: フライングニールキック(東日本) [ニダ] 2017/04/23(日) 11:14:15.79 ID:8Rd7M/oM0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    日韓国交断絶が視野に入る中、5月に予定される韓国大統領選の候補者たちは、最有力といわれる最大野党「共に民主党」の
    文在寅・前代表を筆頭に、日韓合意の破棄や見直しを掲げている。

    もし日韓合意が破棄される事態を迎えるようなら、国交断絶も辞さずという怒りを込めて、日本は2018年平昌オリンピックのボイコットを突きつけるべきだ。

    日韓の国交が断絶しても困るのは韓国であって、日本はまったく国益を損なうことはない。そもそも駐韓大使が日本に帰国して久しいのに、
    政治的に何の支障も生じていないのが現実だ。



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朗報】日韓が「国交断絶」すると起きること…→ 韓国経済に壊滅的な打撃→日本側のメリットが判明www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 超竜ボム(catv?) [TH] 2017/04/23(日) 18:27:31.67 ID:SyBKjuv80 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    2017年4月21日、韓国・ニュース1によると、朝鮮半島情勢の緊迫化を受け、ゴールデンウイークの書き入れ時を前に日本人による訪韓旅行のキャンセルが相次いでいる。
    在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で中国人観光客が激減している韓国では、観光業界へのさらなる打撃が懸念されている。

    韓国の観光関連業界によると、日本人のキャンセルは、外務省が「韓国に滞在、渡航する人は最新の情報に注意するように」と促す海外安全情報を出した今月11日から増えている。
    韓国のA旅行社では12日以降、訪韓をキャンセルした日本人旅行者が3000~4000人に上った。
    また「日本人の割合は低い方だが、キャンセル事例が報告されている」とするB旅行社は、新規予約が低調なのが問題だとした。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【日韓断交】日本人による韓国旅行のキャンセルが続出し某旅行社では3000~4000人規模へ→韓国人「来なくて結構ニダ!」「日本に行くのはやめよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/03/27(月) 23:46:03.51 ID:

    【社説】経済再生、何もできない韓国・不可能はない日本
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401720.html
    技術競争力で後れを取る韓国、日本との経済格差再び拡大か
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/26/2017032601844.html
    【コラム】韓国の「中国傾斜」、日本の批判は正しかった
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401721.html
    韓経:【社説】韓国、日本には差を開けられ、中国にはすでに追いつかれ…
    http://japanese.joins.com/article/325/227325.html
    「日本、経済的地位が下落しても『ソフトパワー』は拡大…韓国も注目すべき」
    http://japanese.joins.com/article/331/227331.html
    韓経:【社説】ロボット・AIと高齢化で未来が暗い?日本を見よ
    http://japanese.joins.com/article/315/227315.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【超絶悲報】韓国メディア「韓国はもうダメだ。日本を見習おうニダ....」】の続きを読む

    このページのトップヘ