Powered By 画RSS

    日韓断交

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/30(月) 19:35:40.23 ID:
     国内に対韓不信が広がっている。産経新聞社とFNNが28、29両日に実施した合同世論調査では、「韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できない」との回答が77・9%に達した。「信頼できる」は17・0%にとどまった。韓国は朴槿恵大統領が弾劾されて政治的な空白に陥っていることに加え、釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置や、地方自治体首長の竹島(島根県隠岐の島町)上陸などが重なったためとみられる。



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【大嫌韓時代】日本国民の8割が「韓国を外交、経済活動の相手国として信頼できない」→日韓合意も約9割が守らないと回答www産経・FNN合同世論調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/28(土) 09:31:13.88 ID:
     「もう、どうにもならない」。元米政府関係者は「最終的かつ不可逆的に解決」とした慰安婦問題の日韓合意を破棄しようとする動きが韓国内に広がると、こうため息を漏らした。韓国内では朴槿恵(パク・クネ)政権の崩壊とともに慰安婦問題に関する日韓合意への反発も広がり、韓国大統領選への出馬を事実上表明した潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長までも合意つぶしに乗り出している。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【慰安婦像】韓国の執拗な反日に米国あきれ顔で「もう、どうにもならない…」と遂に日韓断交の可能性がwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/26(木) 22:03:20.78 ID:

     韓国の大田(テジョン)地裁が、長崎県対馬市の観音寺から盗まれた仏像を韓国の寺に引き渡すよう命じた判決ついて、観音寺前住職の田中節孝氏は
    「品性を疑う判決。これが韓国という国なのか。やはり理解できない国だと改めて感じた」と怒りをあらわにした。産経新聞の取材に答えた。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】仏像盗まれた住職「韓国とは永遠に分かり合えない!」対馬盗難仏像判決でブチギレwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/25(水) 09:31:18.60 ID:
    憎悪と寛容の間 / ギムジュンギ仁川外来教授
    (略)
    だからといってそこに怒って憎悪する心で日本に対抗する行動も無意味である。賞賛は
    受けるよりすることがより困難に許さも受信者も人が大きい人である。さらに、賞賛する
    よりも、許すことはなおさら難しいことであり、それにもこのような態度を見せる国が
    大国である。いくら領土が広く、人口が多くても、これらの物理的な条件で大国になる
    ことはない。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【悲報】韓国の知識人達がヘタレる…「総領事館前の慰安婦像は別の場所に移さなければならないニダ…偉大な我が民族は日本の過ちに目をつぶる寛大さを施しても良いのでは?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/25(水) 12:12:52.44 ID:
    1月25日 12時04分
    韓国で、島根県竹島の管轄権を主張する東部キョンサン(慶尚)北道の知事が、25日午前、竹島に上陸し、ソウルの日本大使館が「日本固有の領土である竹島に上陸したことは遺憾だ」として、韓国政府に抗議しました。
    韓国で、島根県竹島の管轄権を主張する東部キョンサン北道は、25日午前、キム・グァンヨン(金寛容)知事が竹島に上陸したと発表しました。



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【速報】韓国キョンサン北道知事、竹島に上陸!【速報】韓国キョンサン北道知事、竹島に上陸!【速報】韓国キョンサン北道知事、竹島に上陸!】の続きを読む

    このページのトップヘ