Powered By 画RSS

    桂春蝶

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    桂春蝶

    twitternew_thumb 桂 春蝶‏ @shunchoukatsura

    米国へのすりより、へつらいを批判する社民党。でもあなた方はまず国民へ「寄り添う」事を
    第一に考えてみてはどうか? 社民党は「支持政党なし」と言う奇怪な政党にすら
    ダブルスコアで敗退している。人の揚げ足をとる前に、まず自分の足元を固めては?

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/927696776307531776
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】桂春蝶‏ 「社民党は「支持政党なし」と言う奇怪な政党にすらダブルスコアで敗退している!人の揚げ足をとる前に、まず自分の足元を固めては?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    桂春蝶

    twitternew_thumb 桂 春蝶‏ @shunchoukatsura

    大変尾籠な表現で申し訳ないが、
    この党はそろそろ「立チン民主党」に改名した方がいいと思う。
    女性に迷惑をかけた事で党員資格停止。
    しかし当人は「わいせつ行為をした事実は一切ない」何を言ってるの?
    こんな事で鉄壁の与党をどう追求するのかね?

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/925996117166190593
     
    立憲民主党、早くも2人目の“セクハラ”処分(2017/11/02 07:03)
    mcZOQBvI

     立憲民主党は、知人女性にわいせつな行為をした疑惑が週刊誌で報じられた初鹿明博議員を6カ月の役職停止処分にすると決めました。

     立憲民主党・福山哲郎幹事長:「国民の皆さんに非常に不信感を招いたこと、当該女性の方に不快な思いをさせてご迷惑を掛けたことがあるということで、そこに関してはおわび申し上げます」
     初鹿議員は政調副会長に内定していましたが、6カ月間の役職停止処分となりました。初鹿議員は「わいせつ行為をした事実は一切ない」とコメントしています。立憲民主党では先日、青山雅幸議員が女性秘書へのセクハラ疑惑で無期限の党員資格停止処分となっていて、早くも2人目となりました。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000113629.html




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】落語家「立憲民主党は『立チン民主党』に改名した方が良いw初鹿は党員資格停止なのに行為をした事実は一切ないって何を言ってんだ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    桂春蝶


    twitternew_thumb
    桂 春蝶‏ @shunchoukatsura
    桂 春蝶さんが東京新聞政治部をリツイートしました

    まだ言ってんのか?森友問題。 左派にとって虎の子ネタなのか?
    大衆がこれを言えばまだ振り向くとでもまだ思ってるのかな?
    それって感覚としては金正恩のミサイル実験と一緒で「こっち見て!構ってぇ!」
    という愚鈍で低劣、極めて稚拙なアピール。やればやるほど世論が引いていくのを理解すべき。

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/923458493813633025
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】桂春蝶「森友問題まだ言ってんのか?金正恩のミサイルと一緒で「こっち見て!構ってぇ!」」という稚拙なアピール!やればやるほど世論が引いていくのを理解すべき!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    桂春蝶


    twitternew_thumb
    桂 春蝶‏ @shunchoukatsura

    近所に二年に一回くらいのペースで店の名前だけ変える中華料理屋がある。
    味は中の下。流行ってない。 でも一部の客は余程洞察力が無いと見え、
    変えた一瞬だけ流行るがまたすぐ廃る。そして再度看板を変える。
    希望の党、立憲民主党は正にこの店と同じ事をした。老舗の自民に勝てる筈など無いです。https://twitter.com/shunchoukatsura/status/922129317957480449
    ↓パヨク発狂↓
    twitternew_thumb
    不滅の巨人と65年‏ @kenzoh2002

    面白半分に悪口を言うな 安倍の卑怯な解散で、立憲民主党は前原・小池の悪だくみで
    止む無く「リベラル」という旗を掲げ、結党して、短期間で今回の成果を上げた
    単なる数集めの野合集団ではないことの証明 ゲスな譬えが間違いだったことを知らしめてやる
    桂春蝶よ、覚えておけ!

    https://twitter.com/kenzoh2002/status/922365819220193280
     

    twitternew_thumb
    桂 春蝶‏ @shunchoukatsura

    リベラルという言葉は、僕のように本当の権力(例えば大マスコミ)とは何かを
    見定めてそれに抗う憂国の人達を指します。 立憲民主党やあなた方は左翼です。
    そして、リベラルとは左翼と言われたくない方々の「自称」になってしまっているところが
    残念ですな。 よく覚えておいて下さいませ。

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/922370544049184768
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク発狂w】桂春蝶「立憲民主党はリベラルでは無く左翼です!リベラルとは本当の権力(例えば大マスコミ)に抗う憂国の人達を指します!自称リベラルは残念!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DM0uEE-UMAAoDC2


    twitternew_thumb
    桂 春蝶‏ @shunchoukatsura

    共産党の池内沙織さんが落選。
    彼女は安倍首相の顔写真を貼ったドラムを叩き批判された事で有名だ。 僕は思う。
    反権力的な事は大いにいいが「品位を欠くもの」は全て排除されゆく時代に今後益々なってゆくと。 僕に悪絡みをしてくる人、言葉がまぁ低劣だよ。笑 品格ある議論を是非希望致します。

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/922444164012240898
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】桂春蝶「共産党・池内沙織が落選!彼女は安倍首相の顔写真を貼ったドラムを叩き批判された事で有名だ!品位を欠くものは全て排除されゆく時代になると僕は思う!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    桂春蝶

    twitternew_thumb

    桂 春蝶‏ @shunchoukatsura

    自民大勝利。 国民の多くは安定した政権を選択した。
    理由は旧民進党の愚かさ、小池さんの野望が空回りした事が大きい。
    特筆すべきはマスコミがモリカケ等を騒ぎ立て
    「安倍一強にNO」との大号令、それに有権者は見向きもしなかった事だ。
    実は今回の選挙、最も負けたのは偏向したマスコミなのだ。

    https://twitter.com/shunchoukatsura/status/922061126900203522DMvRsM3V4AYojdg

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】桂春蝶「実は今回の選挙、最も負けたのは偏向マスコミ! 特筆すべきはモリカケを騒ぎ立て「安倍一強にNO」と大号令!それに有権者は見向きもしなかった!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    桂春蝶




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】落語家「この国のマスコミには「リベラル」という岩盤規制と既得権益がある!保守論を唱えても孤立するだけ…仕事に悪影響ある可能性だって大アリです!」】の続きを読む

    このページのトップヘ