1:2017/02/23(木) 13:38:26.39 ID:
国民の財産が不当に安く処分されたのではないか。そういう疑いを抱かざるを得ない。

大阪府豊中市の国有地が学校法人に評価額を大幅に下回る価格で売却された。財務省は「適正に処理した」と主張するが、判明してきた事実を見れば、売却をめぐる疑惑はむしろ膨らむ。

国有地は8770平方メートルあり、国土交通省大阪航空局が管理していた。近畿財務局が売却先を公募し、小学校新設予定地として取得を希望した学校法人「森友学園」(大阪市)と昨年6月に随意契約を結び、1億3400万円で売った。不動産鑑定士の評価額は9億5600万円で、8億円以上も減額したことになる。


ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
【【社説】毎日新聞、森友学園で在日韓国・中国人への差別文書を配布!首相の名前を勝手に利用なら抗議して国会で徹底究明を!!!】の続きを読む