Powered By 画RSS

    森友学園

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    小川一毎日新聞代取
    twitternew_thumb
    小川一‏認証済みアカウント @pinpinkiri

    「森友・加計学園問題、終わっていない」新聞27社が社説でくぎ刺しています。
    愛媛新聞は「街頭演説では全く触れず党首討論などでも質問にまともに答えなかった。
    説明責任をまるで果たしていない」

    https://twitter.com/pinpinkiri/status/923369870598684672
     

    【動画】

    23日朝刊の全国紙・ブロック紙社説の森友・加計学園問題への言及(要旨)


    毎日新聞   首相は選挙での勝利を口実として、過去の問題だと片付けるべきではない。

    読売新聞   (言及せず)

    朝日新聞   首相の「丁寧な説明」は果たされていない。行政の公正・公平が問われる問題だ。勝ったらリセット、とはいかない。

    日本経済新聞 政権への不信感はなお払拭されていないと見るべきだろう。「みそぎは済んだ」などと浮かれないことである。

    産経新聞   (言及せず)

    北海道新聞  国民が納得していないのは明白だ。首相は「丁寧な説明」を実行に移す責務がある。

    河北新報   選挙で「みそぎ」が済んだわけではない。今後も丁寧な説明が求められる。

    中日新聞   選挙を経たからといって免責されるわけでもない。東京新聞 首相自身、問題の解明に進んで協力し、丁寧な説明に努めるべきである。

    中国新聞   政府側には、納得できる説明が求められる。昭恵夫人や加計学園の加計孝太郎理事長を国会に招いて話を聴くことも必要ではないか。

    西日本新聞  首相は自らの疑惑を払拭し切れなかった。

    https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171026/ddm/004/010/017000c





    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【毎日新聞・小川取締役「森友・加計学園問題、終わっていない!新聞27社が社説でくぎ刺しています!説明責任をまるで果たしていない!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    毎日新聞



    twitternew_thumb
    雨雲‏ @N74580626

    毎日新聞の投書欄より 「経済の99%は民間次第だから経済指標の好転をアベノミクスの成果と言うのはおかしい」 これだと民主党政権当時の民間企業はダメダメだったってことになるよね。当時苦労した経営者の方々は怒っていいんじゃないかな。なお最後のモリカケのくだりはもはや意味不明😓

    https://twitter.com/N74580626/status/923055206044012545

    DM9ZzV2UEAAmZ8T
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【毎日新聞・投書欄「経済の99%は民間次第だから経済指標の好転をアベノミクスの成果と言うのはおかしい!モリカケ問題のやり方に起因している!」 ⇒ ???w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ウーマン村本大輔


    twitternew_thumb
    ブルー‏ @blue_kbx

    村本大輔「報ステの党首討論を見たが、モリカケばかりで未来の話がなかった」
    平将明「それは視聴率が取れるから」
    小松アナ「あの回は余り数字が良くなかった。テレビ局も色々考え直すべきで、
    政局を語るとか、強い所を叩けばいいみたいな風潮に疑問を感じる。
    是々非々の議論をやるべき(意訳)」←

    https://twitter.com/blue_kbx/status/922734373266272256
     

    【動画】


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【ウーマン村本「報ステの党首討論見たけど、モリカケ問題ばかりで未来の話が無い!」 ⇒ テレ朝アナ「テレビ局も考え直すべき!是々非々の議論をやるべき!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    89984819g4あ89g489あg498あs4fさ

    twitternew_thumb

    雨雲‏ @N74580626

    説明しろ(説明しろとは言ってない)
    安倍首相に森友加計問題をしつこく問いただす富川アナ。
    安倍首相が丁寧に説明するも、テレビ朝日にとって不都合な事実に触れると
    唐突にフェードアウト。説明責任を果たせと言いながら説明させない
    テレビ朝日のやり方がズルすぎて引く😰

    #選挙ステーション
    https://twitter.com/N74580626/status/922100351750172672
     

    【動画】



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【報ステ】富川アナ、安倍総理にモリカケ問題の説明を求める ⇒ 安倍総理が丁寧に説明するもテレ朝にとって不都合な事実に触れると唐突にフェードアウトwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    山口二郎


    DMtwKoyVQAABeZZ
    twitternew_thumb
    横川圭希‏ @keiki22

    こいつバカ?
    https://twitter.com/keiki22/status/921953898121773056
     

    twitternew_thumb

    山口二郎‏ @260yamaguchi  山口二郎さんが横川圭希をリツイートしました

    小川榮太郎という人は、放送法順守を求めるとかいう運動をしていたが、
    MXが事実無根の沖縄へイトを垂れ流したときには、
    放送法違反という批判を一切していなかったと記憶する。
    要するに、政権を擁護するメディアは虚偽を垂れ流してもよいと考えているわけだ。

    https://twitter.com/260yamaguchi/status/921986487976996864
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク脳w】山口二郎、森友・加計事件の検証本に噛み付き著者にアッサリと論破されるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    坪井ゆづる


    twitternew_thumb

    CatNA‏ @CatNewsAgency

    安倍総理に偏向報道を批判されシドロモドロになっていた朝日新聞・坪井ゆづる論説委員が、
    言い訳を書いている。『アリバイづくり、などと記事の分量を持ち出したのは論理のすり替え』
    →否、それが重要なんでしょ。回数なんか関係ない。
    『あの時、問い返すべきだった』→負け犬の遠吠え。(笑)

    https://twitter.com/CatNewsAgency/status/921198762713694208 DMjBV7_U8AINkby


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝日新聞】安倍総理にモリカケ偏向報道を批判された坪井論説委が社説で反論 ⇒ 負け犬の遠吠えだと話題にwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    img_b5f49c2fa0c9e69301e364b902917e42108929

    twitternew_thumb
    甘利 明‏認証済みアカウント @Akira_Amari

    皆さんのご関心が大変高いようですので、
    今一度「モリカケ」の真実についてをご紹介申し上げます。
    報道の自由から、報道「しない」自由になっている昨今、
    これをご覧になったらどうか周りの方々に「正しい事実」をお広めください。

    https://twitter.com/Akira_Amari/status/920618135220191232
    甘利明がド正論!「森友加計問題の真実は、

    【動画】




    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【甘利明、マスゴミの報道しない自由と前川喜平のトンデモ無い矛盾をつくド正論を有権者に向け発信⇒森友加計問題の真実はコレだった件www】の続きを読む

    このページのトップヘ