1:2016/01/18(月)00:52:19 ID:
 台湾独立志向の最大野党、民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が当選した台湾総統選について、中
国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は16日深夜、社説で「民進党が勝ったが、台湾
の民衆が台湾独立路線を支持したわけではない」と指摘、蔡氏をけん制した。

 社説は、民進党政権が独立色を強めた場合、中国側には「多くのカードがある」とした。一例とし
て、台湾と外交関係のある一部の国々も中国と国交を結ぶことを希望しており、その気になればいつ
でも断交させ「台湾への懲罰として奪い取る」ことができるとした。

後略:各紙は国営新華社の蔡氏をけん制する談話記事を転載。当局の規制と思われる。AIIBの開業が
1面トップで台湾総統選は小さい扱いだった。

(共同)

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160117/wor1601170026-n1.html

【台湾・総統選】日本大使に中国の立場説明 外務次官補 あらためて「一つの中国」強調か

前略:孔鉉佑外務次官補が木寺昌人駐中国大使と外務省で会談。総統選に関して中台関係の立場を説
明した。

 中国は台湾問題への外国政府の関与に神経をとがらせている。詳しいやりとりは不明だが、日本に
対し、安倍晋三首相とも関係が近いとされる蔡氏の当選を受けて、あらためて「一つの中国」などの
原則的立場を説明したとみられる。

 木寺氏は孔氏に対し「台湾に関する日本の立場に変わりはない」と表明したという。(共同)

省略部の詳細はソースで
産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160117/wor1601170051-n1.html
2:2016/01/18(月)00:56:06 ID:
中国政府高官に単独取材 台湾民進党圧勝を中国はどう見ているか?

一部を抜粋

 Q1:蔡英文氏の当選をどう思っているか?

 A1:民進党は党規約に台独(台湾独立)を書いているので、蔡英文がどんなに「現状維持」と言っ
ても、中国は信じていない。ただし、5月までは馬英九が総統なので、決定権を持っていないため、
何もできないだろう。しかし陳水扁(2000年から2008年まで総統に就任)より、蔡英文の方が台独に
関しては強固な意志を持っている。能力も高い。だから中国は決して安心してはいない。

 Q2:「九二コンセンサス」に関しては?

 A2:蔡英文は「九二コンセンサス」を受け容れてないので、両岸交流はスムーズに進むはずがな
い。「九二コンセンサス」を認めなければ、蔡英文は必ず窮地に追い込まれる。台湾経済は破綻し、
すぐに下野せざるを得なくなる。なぜなら台湾経済は大陸への投資と市場によって成り立っており、
これなしに台湾経済は存続しえないからだ。中国はこの日のために、早くから中国大陸における台商
(台湾商人)に便宜を図り、「九二コンセンサス」を認めれば優遇し、認めなければひどい目に遭う
ことを(思い)知らせてある。

 
ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
【【台湾・総統選】独立志向の最大野党、民進党躍進で中国が露骨過ぎる恫喝を開始キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!】の続きを読む