Powered By 画RSS

    池田信夫

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    f8609b23





    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【朝日新聞・鮫島記者の妄言が元NHK職員にボッコボコに叩かれブーメラン直撃の面白すぎる事態へ→冤罪でも安倍叩きを継続する模様…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/07/26(水)11:54:31 ID:
    (略)

    文科省から出てきた怪文書を否定した菅官房長官の初期の対応はまずかったが、その中身は加計学園の獣医学部新設が「総理の意向」だ
    という内閣府の話を文科省の官僚が書いたメモにすぎない。
    たとえ国家戦略特区で首相の意向が働いたとしても、金銭の授受がない限り違法性はない。

    特区は内閣府の所管だから、文科省の縄張りを守りたい前川喜平氏は不愉快かもしれないが、特区とはそういうものだ。
    「総理は自分の口からは言えないから、私が代わって言う」という和泉補佐官の言葉さえ否定され、前川氏は証拠が出せなかった。
    それが彼の憶測だといわれてもしょうがない。

    しかも安倍首相は、加計学園の件を知ったのは「今年1月20日」だと答弁している。その細部に誤りがあったが、話は一貫している。
    蓮舫代表がそれを「虚偽答弁だ」というなら、20日ではない証拠を出さないと話にならない。きょうの審議で彼女はこう質問した。

    ------------
    アゴラ2017年07月25日 21:30
    http://agora-web.jp/archives/2027408.html

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】元NHK職員「 安倍首相は違法ではないが蓮舫代表は違法である!」「首相に退陣を求めるなら、まず自分が辞任しろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/02/01(水) 01:04:28.93 ID:
     
    朝日新聞は、このごろ「放射能いじめ」の追及に熱心だ。1月30日の「『放射能来た』いじめられ、
    でも「やめて」と伝えたら…」という記事では、転校先の小学校でいじめられた小学生の話を報じている。
    大したニュースではないが、これは朝日の方向転換を示唆している。

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】池田信夫「放射能イジメの元祖は朝日新聞!マスコミは自分のデマを棚に上げ叩く側に回っているのだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/07(金) 06:13:38.85 ID:


    500円@_500yen

    記者「国籍選択をした日は何時なのか。戸籍を公開しないのか」

    蓮舫「国連の女子差別撤廃条約がー、日本国籍取得が認められてー、区役所に届けた」←言い訳w

    記者「戸籍に国籍選択した日の確認をしたのか」

    蓮舫「極めて個人的な戸籍の問題を話す気はない」←これは宣言してなかったフラグw

    2016年10月6日 19:22


    蓮舫氏は正直だ。国会の質問ではテンポよくたたみかける彼女が、都合の悪い質問になると「え~」とか「あの~」などの言葉が入り、おどおどした表情になってスピードが半分ぐらいに落ちる。特に嘘をつくとき目が左右にキョロキョロ泳ぐので、「私は嘘をついてます」と顔で表現しながら嘘をついている。

    「極めて個人的な戸籍の問題を話す気はない」という答は、小野田紀美議員が戸籍謄本を公開した後では、まったく説得力がない。任意で答えないのなら、偽証罪のある証人喚問しかない。また告発を受けた検察も、放置できない。

    戸籍謄本も出せないということは、国籍選択の日付が今年9月(あるいは今も選択してない)で、違法状態を31年続けたと自供したに等しい。これは国籍法14条違反で、それ自体には罰則がないが、旅券法違反は5年以下の懲役だ。これは微罪ではなく、不法滞在の外国人を強制送還できる強力な規定だ。

    もちろん検察もこの会見は見ているので、対応を協議しているだろう。一般人がここまであからさまに違法行為を公言したらすぐ逮捕だが、国会議員には不逮捕特権があるので、国会の閉会後に辻元清美議員のように逮捕だろう。旅券法には5年の時効があるが、彼女が今も有効な旅券をもっていれば起訴できる。

    旅券法違反は、逮捕のきっかけに過ぎない。本丸は「私は台湾籍」といいながら公式ホームページなどに「台湾籍から帰化」と今年まで書き、他方で「生まれながらの日本人」と二重の嘘をついていた公選法違反だ。これは被選挙権を失うので、当選無効で失職だ。その容疑を知っていながら彼女を代表に選出した民進党は、解散するしかない。

    追記:専門家によると、原口元総務相のいう「日本人ではないので国会議員になれない」という解釈は微妙だ。公選法10条の被選挙権は「日本国民」を要件としており、外国籍の離脱は条件にしていないが、戸籍謄本で国籍選択の「宣言」を今年9月までしていない状態で参議院議員に当選したことをどう見るかは、判断のわかれるところだろう。とりあえず旅券法違反で逮捕し、あとは情状(どこまで犯意があったか)で決めるということもありうる。


    池田 信夫
    アゴラ研究所所長 青山学院大学非常勤講師 学術博士(慶應義塾大学)
    1953年生まれ。東大経済学部を卒業後、NHK入社。 93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長 SBI大学院大学客員教授 青山学院大学非常勤講師 学術博士(慶應義塾大学)。

    http://agora-web.jp/archives/2021911.html
    2:2016/10/07(金) 06:17:10.11 ID:
    …思いっきり同意見が池田氏から出てた…w<国籍法義務違反の自供

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民進党崩壊】池田信夫、蓮舫代表の国籍法違反を「自供」した決定的証拠を大暴露www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/30(金) 00:11:36.88 ID:

    核実験の数週間後、北朝鮮東部・元山で同国史上初めての航空ショー「元山国際友好航空祝典」が開催された(資料写真、2016年9月24日撮影)。(c)AFP/Ed Jones〔AFPBB News〕

     北朝鮮は9月9日、核弾頭の実験に成功したと発表した。今年に入って核実験は2度目で、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射実験を行なうなど、軍事的挑発のペースが上がっている。他方で最高幹部が「処刑」されたという情報が流れるなど、金正恩(キムジョンウン)労働党委員長の精神状態は不安定になっているようだ。

     かつての冷戦が核戦争にならなかったのは、米ソの首脳が合理的な官僚機構に支えられていたので「相互確証破壊」の抑止システムが機能したためだが、金正恩は理性を失っており、追い詰められると何をするか分からない。今や北朝鮮は「巨大なテロリスト」であり、いつ暴発してもおかしくない。

    切迫する「第2次朝鮮戦争」のリスク

     韓国では、先制攻撃を求める声が高まっている。韓国の国防相は「北朝鮮の核兵器の脅威に現実的に直面していると判断した場合、金正恩の除去を図る特殊部隊の出動を準備している」と国会で答弁し、「韓国は敵の指導部の根絶や主要地域での施設を狙って精密誘導ミサイル能力を用いる計画を保持している」と述べた。

     日本人は「まさか」と思うだろうが、戦争において時間は大事な要因である。太平洋戦争で日本が無謀な先制攻撃をしたのも、1941年中に米軍を叩かないと、長期戦になったら勝機はないと考えたからだ。

     同様に北朝鮮が本当に核ミサイルを発射できるようになると、ソウルを「火の海」にするのは容易だ。38度線の休戦ラインからソウルまでは、40キロ足らず。東京と横浜ぐらいしか離れていないので、通常兵器でも数分で届く。今回の核実験は10キロトン(広島に落とされた原爆の半分)と推定されているので、それだけでソウルは壊滅する。

     北朝鮮が核弾頭を実戦配備する前に、韓国が先制攻撃や暗殺を試みることは合理的だが、北の反撃も当然予想される。韓国が金正恩を一撃で倒すことに失敗したら、確実に報復してくるだろう。もちろん北朝鮮が先制攻撃してくる可能性もある。

     いずれにせよ潮匡人氏(軍事評論家)も指摘するように、第二次朝鮮戦争のリスクが高まってきた。これは日本とも無縁ではない。SLBMは秋田沖250キロに着弾しており、これまでに比べて大きく飛翔距離が伸びた。

     自衛隊はまだ北朝鮮の弾道ミサイルが「実戦レベルには達していない」とみているが、政府は自衛隊に北朝鮮ミサイルの破壊措置命令を出した。これは迎撃ではなく、憲法上の制約で「常に迎撃命令が発令された状態」に置くことだが、こんな分かりにくい態勢で国民の安全は守れるのだろうか。

    最大の問題は「金正恩後」の政権

     しかし今の段階では、まだ韓国もアメリカも先制攻撃はしないだろう。北朝鮮を殲滅することはイラク戦争より容易だが、そのときと同じ失敗を繰り返すおそれが強いからだ。このときはイラクが「大量破壊兵器」をもっていると示唆しただけで攻撃し、結果的には嘘だと判明した。

     今回は北朝鮮が何度も実験しているので、彼らが大量破壊兵器を持っていることは明白であり、政権を倒すことも難しくない。イラク戦争のとき米英軍は約40日でイラク全土を制圧し、死者はわずか500人だった(イラク軍は2万人以上)。

     問題は、その後の占領統治だ。アメリカ政府は、かつてマッカーサーが日本を占領したときのように、独裁者から解放されたイラク国民は米国旗を振って占領軍を迎えてくれると考えたが、実際にはシーア派イスラム教徒が各地で反乱を起こし、内戦が始まった。

     それ以来、イラクの内戦状態は終わらず、軍民あわせた死者は10万人を超え、「イスラム国」などの武装ゲリラによって戦争は中東全域に拡大した。北朝鮮についても金正恩の後の政権を用意しないと、同じような大混乱が起こるおそれが強い。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48013

    >>2以降に続く)
    2:2016/09/30(金) 00:11:56.37 ID:
    >>1の続き)

     北朝鮮は実質的な軍事政権なので、金正恩が暗殺されたら後任は軍の指導者になるだろうが、それが金よりましな指導者になるかどうかは分からない。最悪の場合には、軍内部の主導権争いで内戦状態になるおそれもある。

    「ボートピープル」が日本海で難破する

     逆にいうと、国家として破綻した北朝鮮の秩序をそれなりに保っているのは金正恩の恐怖政治なので、彼がいなくなると無政府状態になり、大量の脱北者が出るだろう。韓国は38度線で警備しているので、中国やロシアに逃げる難民が多いだろうが、それも国境警備を強めると、シリア難民のように船に乗って逃げるしかない。


    グーグルマップから作成

     だが38度線の北朝鮮側から日本の山陰地方までは、上の地図のように最短でも400キロ以上ある。大量の難民が船で逃げ出すと、シリア難民のように途中で船が沈没し、日本海で多くの死者が出るおそれが強い。公海上で追い返すのが最善だが、世界中のメディアが「ボートピープル」の悲劇を報じると、日本政府は救済せざるをえないだろう。

     そこから先はヨーロッパと同じだ。日本に漂着した(あるいは保護された)北朝鮮の難民は、日本政府が一定の施設に収容して入国管理しなければならない。朝日新聞などが「無限に難民を受け入れろ」と主張するだろうが、日本が温かく迎え入れてくれると分かると、難民はみんな日本を目指す。

     かつて「シリア難民の受け入れに上限はない」と表明して「ドイツの慈母」と世界から賞賛されたメルケル首相は、難民の暴行事件のおかげで選挙で連戦連敗し、「時計を(難民受け入れ前に)戻したい」と失敗を認めた。時計を戻すことはできないが、入国管理を厳格化するだろう。

     フランスでもテロが頻発し、国籍の管理を厳格化している。イギリスは難民の受け入れを拒んで、EU(ヨーロッパ連合)からの離脱を決めた。難民問題は、今や世界共通の問題だ。日本だけがそれと無縁だという保証はない。

     こういう世界情勢を知らない日本のメディアは、「二重国籍なんかどうでもいい」とか「難民をもっと受け入れろ」などと周回遅れの主張をしている。2015年に日本の受け入れた難民はわずか27人だが、技能実習生と称する擬装移民は18万人にのぼる。

     日本に無限の資源と博愛主義があれば、ドイツのように数十万人の難民を受け入れることもできるが、日本人はよくも悪くも異民族を受け入れた経験がほとんどない。財界や自民党は低賃金労働者を求めて「20万人の移民受け入れ」を主張しているが、そのメリットに比べると、治安対策や社会保障のコストのほうがはるかに大きい。

     日本人は歴史的に「国家」をほとんど意識しないで生きてきた幸福な国民だが、その幸福はそう長くは続かない。北朝鮮の崩壊は時間の問題であり、その準備を今からしても早くない。民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題が、日本人が国家意識に目覚めるきっかけになれば不幸中の幸いである。

    池田 信夫

    経済学者。1953年生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長 SBI大学院大学客員教授 青山学院大学非常勤講師 学術博士(慶應義塾大学)。主な著書に『ウェブは資本主義を超える』『ハイエク』『なぜ世界は不況に 陥ったのか』『希望を捨てる勇気』などがある。

    (おわり)
    3:2016/09/30(金) 00:13:07.50 ID:
    迎撃するしかない 一人も入れルナ
     
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【朝鮮戦争】池田信夫『北朝鮮が崩壊すると難民が日本に押し寄せる「巨大なテロリスト」への臨戦態勢が必要だ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/18(日) 21:19:07.83 ID:
     右派メディアが騒ぎ立てている民進党・蓮舫参議院議員のいわゆる「二重国籍」問題について、先日本サイトは、その根っこにあるのが「この国にはびこるグロテスクな純血主義がむき出しになった人種差別」だと断じた。
    だが、本サイトのような指摘はごく一部で、むしろ国籍を根拠にした右派メディアやネトウヨの攻撃はとどまることなく、重国籍者に対するヘイトは日に日に苛烈さをましている。

     実際、連中は蓮舫氏以外にも矛先を向け始めた。
    蓮舫攻撃キャンペーンを牽引したウェブサイト「アゴラ」の代表で、評論家の池田信夫氏が14日、日本とベトナムのハーフであるTBSアナウンサー・山内あゆ氏を標的にして、なんと"TBSは二重国籍のアナウンサーを解雇しろ!"と喚き始めたのだ。

    〈二重国籍者がカミングアウト。普通は解雇。〉
    〈TBS山内あゆ「私も(ベトナムと日本の)ハーフで22歳になってどちらかの国籍を選択しますかと連絡が来ただけで、二重国籍は問題ない」。これが事実とすると「催告」を無視したので、国籍法15条によって日本国籍を失う。〉
    〈この事件も彼女個人の問題ではなく、放送で公言したのでTBSのすみやかな説明が必要だ。〉(池田氏のツイッターより)
     
     どういうことか。調べてみると、ここで池田氏があげつらっているのは『Nスタ』(TBS)9月7日放送での山内アナの発言らしい。この日、『Nスタ』では蓮舫氏の「二重国籍」疑惑を特集し、スタジオでも法的な観点などからトークが行われた。このときの映像を確認したので、正確に再現しよう。

     まず、山内アナは「(私も)父がベトナム人で母が日本人で、二重国籍で。日本国籍を選択したんですけど、(ベトナム国籍の)離脱の届け出って、やってないんですよね」と発言した。

     そこで、MCの堀尾正明アナが「やっぱり22歳までにきたんですか?(ベトナム国籍を)離脱してくださいっていう」と聞くと、山内アナはこう返した。

    「きました。(でも)離脱ではなくて"日本国籍を選びますか"っていう"どちらかを選びますか"というものはきましたけれども、ベトナム側からの離脱してくださいはなかったんで......どうなってるんでしょう」

     ようするに、池田氏はこうした山内アナの発言に対して〈二重国籍者がカミングアウト。普通は解雇〉などと言っているわけである。

     まったく大丈夫だろうか、この人は。そもそも、仮に山内アナが「二重国籍」の状態にあるとしても、TBSを解雇されなければならない理由など1ミリもない。というか、国籍を根拠に解雇することはれっきとした違法行為だ。

     念のため言っておくが、労働基準法では第3条で《使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない》と、国籍による差別の禁止を定めている。
    国籍問題でキャンペーンを張っているくせに、池田氏はそんなことも知らないのか。はっきり言って論外だろう。

     また、池田氏の〈「催告」を無視したので、国籍法15条によって日本国籍を失う〉というツイートも、明らかに事実無根だ。

     たしかに、日本の国籍法は重国籍者に対し、所定の期間内にいずれかの国籍を選択させるように定めている(14条第1項)。
    だが、池田氏のいう同法15条は《法務大臣は、外国の国籍を有する日本国民で前条第一項に定める期限内に日本の国籍の選択をしないものに対して、書面により、国籍の選択をすべきことを催告することができる》(第1項)と規定したうえで、
    《催告を受けた日から一月以内に日本の国籍の選択をしなければ、その期間が経過した時に日本の国籍を失う》(第3項)としている。

     これは山内アナとはまったく無関係な規定だ。なぜなら山内アナはベトナム国籍離脱の届け出をしていないだけで、22歳のときに「日本国籍を選択した」とはっきり言っているからだ。

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12218-4997/

    動画が再生されない場合はこちら [動画再生]
    >>2以降に続く)
    2:2016/09/18(日) 21:19:35.22 ID:
    >>1の続き)

     日本国籍を選択するというのはどういうことなのか。同法14条第2項にはこうある。
    《日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによってする》。
    ここでいう「選択の宣言」とは、法務省ホームページによれば、具体的には「市区町村役場または大使館・領事館に『日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄する』旨の国籍選択届」を提出することを指す。
    ようするに、日本の国籍を選択する際には、この「選択届」を提出すれば、十分なのだ。

     したがって、山内アナがベトナム国籍の離脱をとっていなくても、日本国籍の選択届けを提出したならば、日本国内の手続きは完了しており、
    それ以上、法務省から催告されることはありえない(ちなみに選択届を出していなくても、法務省が催告したケースはほとんどないのだが)。

     つまり、催告がないのだから、山内アナが〈「催告」を無視した〉という池田氏の言い分はまるっきりのデマということになる。

     しかも、もっとヒドいデマは、池田氏が山内アナに対して「国籍を失う」など脅していることだ。改めて指摘しておくが、
    同法15条第3項は国籍選択をせず、法務省からの催告にも応じず、1カ月を経過したものに対する条件文であって、日本国籍を選択した山内アナが、「日本国籍を失う」なんてことがありうるわけがない。こんなことは小学生にだってわかるだろう。

     おそらく、池田氏は、同法の「国籍選択」について規定した15条と、「日本国籍選択後の外国籍離脱」についての"努力規定"である16条を混同しているのだ。

     同法16条は《選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない》(第1項)というものだが、これは文言が示しているとおり"努力規定"であり、罰則はない。
    そして、同条第2項を読めば、国籍の喪失がありうるケースはごく限定的な場合であることがわかる。

    《2 法務大臣は、選択の宣言をした日本国民で外国の国籍を失っていないもの が自己の志望によりその外国の公務員の職(その国の国籍を有しない者であっても就任することができる職を除く。)に就任した場合において、
    その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、その者に対し日本の国籍の喪失の宣告をすることができる。》

     いずれにしても、日本国籍を選択したある人間が、なんらかの理由で重国籍者だとしても、自動的に日本国籍を喪失するわけでは決してない。

     ようするに、池田氏は常識的に法令を読めば簡単にわかる話なのに、ありえない解釈にもとづいて、「日本国籍を失う」「普通は解雇」などとドヤ顔で言いふらしているのだ。
    しかも、17日にも〈山内アナはまだ自分の二重国籍状態を放置してるのか。「努力義務」を怠ると、日本国籍を失うよ。TBSのコンプライアンスは大丈夫?〉などと恥ずかしげもなくデマを垂れ流し続けている。

     加えれば、池田氏はツイートで、山内アナが「二重国籍は問題ない」と発言したとするが、
    実際には、山内アナは放送中に「二重国籍自体は問題があるわけではないんですよね?」と堀尾アナや出演者の飯田泰之明治大学准教授らに向かって質問しただけだ。難癖にすぎない。

     ここまでくれば、もう明らかだろう。池田氏の〈二重国籍者がカミングアウト。普通は解雇〉などという一連のツイートは、明らかな人種差別の意図をもって流されたデマである。
    そして、重国籍者バッシングに血眼になっている右派言論人や右派メディアの根っこが、グロテスクな純血思想と排外主義、差別主義に他ならぬことを証明したかたちになる。

     そして、この山内アナ叩きでわかったのは、連中の「国会議員だから出自は重要」という理屈は建前にすぎず、一般市民に対しても国籍、血統、出自というプライバシーの開示を強要し、そのうえで恫喝するという品性下劣さである。
    しかも「重国籍者は議員を辞職しろ!」「重国籍者は局アナを辞めろ!」という主張に法的根拠はない。どちらが"無法者"かは明らかだろう。

    (続く)


     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【リテラvsアゴラ】池田信夫が二重国籍問題でTBS山内アナにまで「日本国籍失う」「解雇しろ」とデマ&ヘイト攻撃しているニダ!関東大震災"朝鮮人虐殺"に酷似している!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/17(土) 21:19:33.34 ID:
    蓮舫氏の二重国籍問題をめぐって探偵さながらに活躍している池田信夫氏に津田大介氏が噛み付いた。津田大介氏いわく、池田信夫氏の投稿は事実誤認があるデマというのだが、デマを流していたのは津田大介氏のほうだった。

    まずは池田信夫氏の投稿から紹介したい。

    池田信夫@ikedanob
    TBS山内あゆ「私も(ベトナムと日本の)ハーフで22歳になってどちらかの国籍を選択しますかと連絡が来ただけで、二重国籍は問題ない」。これが事実とすると「催告」を無視したので、国籍法15条によって日本国籍を失う。 http://ow.ly/XZDR304c6zZ
    2016年9月14日 15:51

    池田信夫@ikedanob
    この事件も彼女個人の問題ではなく、放送で公言したのでTBSのすみやかな説明が必要だ。
    2016年9月14日 16:14

    池田信夫@ikedanob
    「どちらかの国籍を選択しますか」というのが催告。それを無視して今も二重国籍だったら、国籍法15条違反。 https://twitter.com/tsuda/status/775967852578824192
    2016年9月14日 17:11


    池田信夫氏はTBSの番組で山内あゆアナウンサーが「二重国籍は問題ない」と明らかに間違っている発言をした点を追及しており、さらに山内あゆアナ自身も法的に問題のある振る舞いをしたと指摘している。
    政治家ではないテレビ局の人間とはいえ、日本において二重国籍はやはり問題であろう。

    と、ここで急に噛み付いてきたのが津田大介氏。わざわざ池田信夫氏にリプライを送り、「そんな発言はなかった」と主張する。


    津田大介@tsuda
    @ikedanob 録画チェックしてみたら、同アナによる「二重国籍は問題ない」という発言はなく、そもそも彼女に「催告」も来ていませんでした。
    同番組で「法務省が実際に催告を行ったケースはない」という、外国人の法律問題や入管業務などを専門とする弁護士のコメントも紹介されていました。
    2016年9月14日 17:02

    津田大介@tsuda
    ネットで流れた不確かな情報の検証って大事ですよね(真顔)。
    2016年9月14日 17:14


    津田大介氏は実際に録画していた番組を確認したようだ。そして鋭く池田信夫氏を攻撃し、「情報の検証が大事」、つまり池田信夫氏は検証ができていなかったと暗に諭す。
    この流れを見た人は一斉に池田信夫氏がデマを流したとバッシングし、中にはわざわざブログの記事にする人まで現れた。

    さて、ここで実際の動画を確認してみよう。なんと動画冒頭で衝撃の発言が聞ける。

    山内あゆアナ「二重国籍自体は問題があるわけではないんですよね」。
    はっきりとそう言っている。つまり池田信夫氏の指摘は何も間違っておらず、デマを流したのは津田大介氏のほうだったのだ。
    「不確かな情報の検証が大事」と言っていた津田大介、わざわざ録画していた映像を確認したのに、なぜ「そんな発言はなかった」と言い切ったのだろうか。

    その後、津田大介氏の元には猛烈な抗議の嵐が押し寄せる。が、意味不明な返しをするばかり…。


    津田大介@tsuda
    山内アナの発言は堀尾アナに対しての「質問」。あなたのツイートは山内アナがこの二重国籍に対して「問題ない」と評価したように読めるミスリード。
    そのミスリードこそが問題という話なんですけど。俺に謝罪はいらないので山内アナにお願いしますね。 https://twitter.com/_500yen/status/775993432502218752
    2016年9月14日 19:12


    明らかに主張が変わっている。この投稿には「言い訳が苦しい」「質問ではなく見解じゃん」「じゃあ何で文字に書き起こさなかったの?」「論点すり替えてるね。言ったのは事実だろ」「動画見た。津田さんが嘘ついてる」などと圧倒的多数の反論が集まった。

    http://netgeek.biz/archives/83065

    >>2以降に続く)
    2:2016/09/17(土) 21:20:03.16 ID:
    >>1の続き)

    ▼思いっきり間違った情報を拡散している。いいえ、発言は存在しました。


    ▼該当部分をわざと避けて文字起こしする津田大介氏。


    動画を見ればその文脈から発言の趣旨が理解できるはずだ。山内あゆアナは自身もハーフで二重国籍状態だと認めており、ただそれでも何の問題も起きていないので「二重国籍自体には問題はないんですよね」と発言している。
    それにもかかわらず、津田大介氏はわざわざ文字起こしでは該当部分をカットし、池田信夫氏がでっちあげたと非難した。

    間違いに気づいたのならすぐに謝罪すべきだった。自分の非を認めないでぐだぐだと言い訳するのは非常にたちが悪い。

    ということで「池田信夫VS 津田大介」の戦いは池田信夫氏の勝ち。



    まだ動画を確認しておらず、津田大介氏の投稿だけをみて池田信夫氏がデマを流したと信じている人も多いので是非この記事をシェアして真実を広めてほしい。

    (おわり)

    3: :2016/09/17(土) 21:21:26.77 ID:コント

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日発狂】津田大介「池田信夫がデマ流しやがった!二重国籍が問題ないとは言っていない」→言っているのが見つかって大炎上→謝罪なしwww】の続きを読む

    このページのトップヘ