Powered By 画RSS

    石平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/06/09(木) 00:22:42.73 ID:
     

    石平氏の最新著『韓民族こそ歴史の加害者である』が面白い。タイトルこそセンセーショナルだが、冷静な筆致で史実を丹念に辿り、その上で、このタイトル通りの結論を引き出している。

    「目から鱗(うろこ)」という使い古された表現があるが、この本はまさに、今まで我々の目を覆っていた「韓民族は日本帝国主義の被害者だった」という鱗を取り除き、韓民族の真の姿をはっきりと見せつけてくれる。今後、この本を読まずして、北朝鮮や韓国に関する歴史も外交も議論できない事になるだろう。

    前置きが長くなったが、本書は、韓民族が内部抗争に勝つために周辺諸国を戦争に引きずり込んだ、というパターンが、7世紀初頭の高句麗・百済・新羅の三国統一戦争から、20世紀の朝鮮戦争まで繰り返されたという史実を克明に描いている。

    その中で、日本が巻き込まれたのが、西暦661年の白村江の戦い、1274(文永11)年、1281(弘安4)年の元寇、そして近代の日清戦争、日露戦争である。特に元寇では、高麗国王が自らの生き残りのために、日本征伐をフビライに提案する経緯が生々しく描かれていて、「そうだったのか」と思わせる。

    本稿では、このうちの近代における日清、日露、朝鮮戦争の部分のさわりを紹介して、同書への誘(いざな)いとしたい。
    (中略:長文に付き引用元参照)

    活用し損ねた歴史の叡知

    こうして朝鮮半島の歴史を通観して見ると、日清、日露、朝鮮戦争という3つの戦争とも、同じ構造をしていることが明らかになる。韓民族が内部抗争に勝つために、それぞれ周辺諸国を戦争に引きずり込むというパターンである。

    通常の民族のように、韓民族が一つにまとまって独立統一国家を作っていれば、中国、ロシア、日本の緩衝地帯となり、東アジアの平和が保たれていた可能性もある。そう考えると、韓民族は「東アジアのトラブルメーカー」だ、という石平氏の指摘は説得力を持つ。

    韓民族が内部抗争という宿痾を自ら克服できないなら、今のように南北でせめぎ合い、結果として日米中ソの緩衝地帯になっている方が良い、というのは、冷酷な地政学的戦略から言えば、合理性がある。米中とも、現在はその戦略をとっているのだろう。だから、北朝鮮で膨大な餓死者が出ようと、各国は手は出さないのである。これが冷厳な国際社会の実態である。

    「半島とは一定の距離をおいて、韓民族内部の紛争にできるだけ関与しないようにするのが、もっとも賢明な道」とは石平氏の結論であるが、この本で半島の歴史を丹念に辿ってみれば、頷くしかない結論である。

    この結論は、日清戦争前に金玉均が残忍な方法で処刑された後、彼を支援していた福沢諭吉が『脱亜論』で「我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」と語ったのと同じである。この叡知を当時から活用していれば、我が国の近代史もまた別の形になったであろう。我々は歴史の叡知を活用し損ねたようだ。

    文責:伊勢雅臣/メールマガジン『Japan On the Globe 国際派日本人養成講座』発行者。

    ソース:mag2news【書評】寄らば大樹の陰。朝鮮内部抗争に振り回された日本の歴史
    http://www.mag2.com/p/news/206369/3


    ▲『韓民族こそ歴史の加害者である』石平・著 飛鳥新社 


    8
    :2016/06/09(木) 00:32:58.46 ID:
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【韓国は 「東アジアのトラブルメーカー」韓民族の内部抗争に振り回された日本の歴史~『韓民族こそ歴史の加害者である』石平・著】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/31(木) 07:32:16.37 ID:
    石平太郎@liyonyon
    昨夜の反安保法集会で、シールズの奥田君は安倍首相のことを「国の最高責任者じゃない」
    と言う。日本の議会民主主義の基本に対する彼自身の無知を露呈しただけである。
    呆れるほどに無知であるこの浅薄な若者を、まるで救世主のように崇める日本の野党となれば、それはまさに最低と言うしかない。
    15:03 - 2016年3月29日
    https://twitter.com/liyonyon/status/714935979983765505?ref_src=twsrc^tfw

    プロフィール

    石平(せき・へい、シー・ピン)。1962年生まれ。
    中華人民共和国四川省生まれのソグド・漢族系中国人であり、
    現在中国系日本人(1世)の評論家。拓殖大学客員教授。
    2007年(平成19年)末に日本に帰化。主に日中の政治・経済・外交問題について論じている。

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【正論】元中国人「SEALDsの奥田君は呆れるほどにアホな若者である」→奥田「僕らはアホじゃない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/23(水) 20:27:24.61 ID:
    【石平】

    習近平に辞任を求める書簡の一件で、中国人ジャーナリスト5人がいっせいに「失踪」。
    そんなことすると、辞任を求める書簡の内容は益々全国的関心を集め、習近平にとっての逆宣伝になるだけ。
    そんなことも知らずに何振り構わずの暴挙に出たとは、政権はすでに理性的判断出来なくなった末期状態である。
    https://twitter.com/liyonyon/status/712101311467163648
    2:2016/03/23(水) 21:44:57.36 ID:
    >>1
    は行方不明になってないか。
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【石平】習近平に辞任を求め中国人ジャーナリスト5人「失踪」事件は習近平に逆宣伝になるだけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/21(月) 18:46:38.29 ID:
    【石平】
    韓国人学校に貸す都有地をどうして保育園整備に使わないのかとの批判に対し、
    舛添都知事が「恩返し」と言って弁解する。
    しかし韓国がこの日本に、あるいは東京都民に一体何の「恩」があるのだろう。
    これから東京都民が保育園落ちてどうしても「◯◯死ね」と書くなら、舛添さんの名前を入れるしかない。
    https://twitter.com/liyonyon/status/71166982125191168
     


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【正論】石平vs舛添都知事「都有地を韓国人学校に?都民で保育園落ちた人は「舛添死ね」と書くしかない」】の続きを読む

    このページのトップヘ