Powered By 画RSS

    社説

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日新聞旗

    twitternew_thumb
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】朝日新聞「君が代判決、強制の追認でいいのか?軍国主義と密接な関係がある日の丸・君が代にどう向きあうかは微妙な問題!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日新聞

    twitternew_thumb 【動画】
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】朝日新聞「ミサイル防衛・陸上イージスは対中関係の緊張も招きかねない!再考を!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    安倍総理

    twitternew_thumb
    熊日新聞もどうかしている。「忖度させた責任はないのか」。こんな言葉で社説を掲載して恥ずかしくないのか?
    それとも共同通信にでも忖度しているのか?
    何様のつもりか知らないが、国民の選挙で選ばれた政権を愚弄するのもほどほどにしていただきたい。 pic.twitter.com/oNrwbTblmG
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】熊日新聞「安倍首相、忖度させた責任はないのか?佐川氏らにだけ責任を押し付けて済む話では無い!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    毎日新聞

    twitternew_thumb
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】毎日新聞「森友文書改ざん、不起訴でも国民を欺いた罪は消えぬ!改ざんは前代未聞のものだった!引き続き、この問題と向き合う必要がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日新聞

    twitternew_thumb
    朝日新聞さまが社説で国民をお叱りです

    【この国民にしてこの内閣】

    内閣を支持する国民、永田町(政治家)、霞が関(官僚)にのレベルにげんなりしているそうです

    総理が選挙演説妨害する人を「こんな人たち」と言いましたが
    朝日にとって、政権を支持する人が「こんな人たち」なのでしょう pic.twitter.com/x6Fw1ssakX
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【朝日新聞、ついに社説で国民をディスり出すwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日崩壊w

    twitternew_thumb
    日経社説「不祥事続出でも国会は審議するのが筋。全ての法案審議を欠席し国会空転させる理由にはならない」
    朝日社説「空転は与党のせい!空転が長引けば、審議拒否する野党に批判の矛先が向かうと考えてるだろ!」

    日経は国会空転させる野党は筋が通ってないと非難。
    一方で朝日は野党を全力擁護 pic.twitter.com/pNoN25Me8a
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】日経「不祥事続出でも国会審議するのが筋!欠席する理由にはならん!」⇒朝日「空転は与党のせい!長引けば野党に批判が向かうと考えてるだろ?」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    朝日新聞

    twitternew_thumb
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【社説】朝日新聞「安倍政権の公文書管理のずさんさは底なしの様相だ!」⇒維新・足立議員「それなら東日本大震災の記録の杜撰さは民主党政権の責任!印象操作!」】の続きを読む

    このページのトップヘ