1:2017/04/08(土) 11:45:31.41 ID:

 韓国の出版社「銀杏(いちょう)の木」は7日、慰安婦を象徴する「少女像」についての作家筒井康隆氏のツイッターの書き込みに「失望した」として、同社が翻訳出版している筒井氏の小説
「モナドの領域」を販売中止にしたと発表した。出版を予定していた小説「旅のラゴス」も、日本の著作権会社などに契約解除を通知したと明らかにした。


ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
【【嫌韓作家w】韓国出版社、筒井康隆の慰安婦像をバカにしたツイートに怒りの制裁→なおノーダメージの模様www】の続きを読む