Powered By 画RSS

    自民党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/15(土)12:31:19 ID:

     衆議院議員長尾たかし氏ブログによると、ユネスコ分担金、日韓スワップについて党として反対の
    意思を示すべきだという提案をしたという。
     ユネスコについては、
     「日本から何も聴取をせず、中国からの資料を検証することもなく鵜呑みにし登録。その後、資料の閲覧をユネスコ事務局が認めず今日に至っております。」
     「外務省の担当官もヤル気です。」

     スワップについては、
     「韓国スワップについては、協議を開始するということしか決定しておらず、この会議において、
     党としては反対であるという意思を表明すべきだと提案を致しております。」

     詳細、原文は長尾たかし衆議院議員のブログで。
     全文転載できないので切り取って紹介しています。政治家の発言なので原文の参照をお勧めします。
     長尾議員は日韓スワップではなく、原文で「韓国スワップ」という言葉を使っています。
     スレタイではそのまま使用しました。


    >党として反対の意思を示すべきだ!!!
    衆議院議員長尾たかし氏ブログ http://blog.goo.ne.jp/japan-n
    2016-10-14 12:45:17
    http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/078086c35e459925cc96d32d8b71f819?fm=rss
     
    2:2016/10/15(土)13:51:44 ID:
    韓国スワップと言い切るところに長尾さんの意気込みを感じる
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国経済崩壊】自民党議員「韓国スワップ、党として反対の意思を示すべきだ!」「ユネスコ分担金で外務省担当もやる気です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/05(水) 08:58:56.15 ID:
     なぜマスコミは、ことの軽重を峻別して報道できないのでしょうか?

    村田蓮舫氏のケースは極悪、小野田紀美氏のケースは無実。
    同じ二重国籍でも両者は全く異なります。月とスッポン。

    蓮舫は国籍法14条義務違反に嘘を重ね、
    小野田氏は16条努力義務違反で正直に戸籍謄本を公開したからです。

    国籍法の基本的構成については3日の衆院予算委で紹介した通り(パネル参照)であり、

    蓮舫と小野田氏の違いについても4日の衆院総務委で指摘した通りです。

    蓮舫が嘘つきだと私が確信した理由は、まさに小野田氏が即日戸籍謄本を公開したように、
    国籍選択の日付は本人の戸籍謄本を見れば一目瞭然だからです。

    にもかかわらず蓮舫は自らが日本国籍を選択した日付を開示しません。これだけ同僚の民進議員に迷惑をかけ、
    私たち日本維新の会が再三、戸籍謄本の開示を求め、関連法案まで提出しているにもかかわらず、です。
    蓮舫が国籍選択の日付を明言しない理由はただ一つ、国籍選択義務違反以外には考えられません。

    蓮舫は未だに戸籍謄本を開示せず、「生まれた時から日本人」と白々しい嘘を重ね、
    “非難されるのは「悲しい」”とうそぶく。蓮舫は(少なくとも国会議員に立候補してからは)嘘に嘘を重ね、
    もう何も開示できなくなってしまったのです。開示すれば嘘つきの罪で辞任、開示しなくても嘘つきの罪で辞任です。

    小野田氏も日本国籍を選択したのは昨年の10月、十年以上も違法状態にあったわけで、
    三十年以上違法状態にあった蓮舫と五十歩百歩とも言えます。それでも私が小野田氏は“無実”というのは、
    小野田氏が国籍選択したタイミングが蓮舫の二重国籍問題が発覚するはるか以前、国会議員を志す前だからです。

    参院選に臨むにあたって日本国籍を選択した小野田氏は現行法に照らしても
    維新の二重国籍禁止法案に照らしても完全に合格、一方の蓮舫は完全にアウト、
    国会議員にあるまじき天下の大“嘘つき”なのです。

     (※詳細・全文は引用元へ→ 日本維新の会 あだち康史氏 公式サイト)
    http://adachiyasushi.jp/?p=6282
    32:2016/10/05(水) 09:08:51.60 ID:
    >>1
    この一件で維新は存在価値を示したな。求められてるのは
    自民より保守の野党

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【二重国籍 】維新議員「自民・小野田氏はセーフだけど蓮舫は戸籍謄本も開示せず嘘を重ねてるからアウトだよw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/04(火) 15:37:33.63 ID:
    自民にも「二重国籍」議員がいた 岡山県選出の参院議員小野田氏「米国籍離脱手続き中」


     7月の参院選で初当選した自民党の小野田紀美(きみ)参院議員(33)=岡山県選挙区=が、米国との二重国籍状態であることが4日、自民党関係者への取材で分かった。
    小野田氏の事務所によると、現在は米国籍の離脱手続き中といい、産経新聞の取材に「今後気をつけたい」と釈明した。
    国会議員の二重国籍をめぐっては、民進党の蓮舫参院議員(代表)が9月の党代表選前に判明していた。

     小野田氏は昭和57年、日本人の母親と米国人の父親との間に米国で生まれた。母親の地元、岡山県で小中高校に通い、大学卒業後は東京都北区議に当選。2期目途中で辞職し、7月の参院選に出馬した。

     小野田氏の事務所によると、小野田氏は米国との二重国籍状態だったため、参院選出馬前に日本国内で米国籍を放棄すると宣言、日本国籍を選択する手続きを終えた。
    しかし、米国当局に対しては米国籍放棄の手続きを取っていなかった。

     産経新聞の取材に対し、同事務所は「(蓮舫氏の二重国籍問題の)報道を機に確認したところ、米国で国籍放棄の手続きをする必要があることを知った。現在、米国における手続きを進めている」と説明している。

     法務省によると、二重国籍者について、未成年の場合は22歳の前日までに日本国籍か外国籍かを選び、日本を選んだ際には、国籍法16条により外国当局に届け出て外国籍の離脱に努めなければならないと定めている。

     日本維新の会は9月、蓮舫氏の二重国籍問題を踏まえ、国会議員の二重国籍を禁止する公職選挙法改正案を参院に提出している。
    http://www.sankei.com/west/news/161004/wst1610040043-n1.html
    162:2016/10/04(火) 16:21:05.41 ID:
    >>1
    だから自民は全然レンホーのこと追求しようとしなかったのか

    大正義維新w
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日発狂】自民党が蓮舫の二重国籍問題を追及しない決定的な理由が判明www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/15(木) 23:44:23.91 ID:
    諏訪原 健 @swa_swa_swatch 18時間前
    SEALDsは対立意見から逃げていたと言いたい人がいるようですが、
    フジテレビで自民党議員と対談した諏訪原という人間がいたことを
    覚えておいてほしいですね。そして打ち合わせの過程で、番組の
    主題が安保法制から、社会運動の新たな動きへと変更されたことも。逃げたのはどちらでしょうね。
    https://twitter.com/swa_swa_swatch/status/775954190132666369

    慶虎 @kehamatanobiru 13 時間前
    いきなり何のアピールだ??就職活動?注目されなくなったから?まだまだヒーロー扱いしてくれるところはあるでしょ?日刊ゲンダイとか・・
    https://twitter.com/kehamatanobiru/status/776023524896931841
    3:2016/09/15(木) 23:46:01.08 ID:
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【左翼悲報】SEALDs元No.2「SEALDsは逃げていた?むしろテレビ局や自民党議員が俺との議論から逃げた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/09/16(金) 00:13:38.15 ID:
    民進党 新代表に蓮舫氏 与野党の反応

    9月15日 18時37分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160915/k10010687741000.html

    民進党の新しい代表に蓮舫氏が決まったことについて、与野党の反応です。


    自民

    自民党の二階幹事長は、党本部で記者団に対し、「蓮舫新代表が、予想どおり、圧勝して選ばれたことは、民進党という党の安定から言って、大変結構なことだったのではないか。
    与党、野党の立場はあるが、われわれは、日本のため、国民のために、ともに手を携えて頑張らなければいけない使命があるのだから、お互いに協力し合っていければよいと思う」と述べました。
    一方、二階氏は、蓮舫氏の、いわゆる「二重国籍」問題について、「これだけ国際社会が進んでいる時代なのだから、蓮舫氏自身が、自分は何らやましい点はない、
    日本人だということで、これからご活躍をいただくのであれば、それはそれで、結構ではないか。この問題を取り上げるつもりはない」と述べました。


    公明

    公明党の山口代表は、国会内で記者団に対し、「野党が受け止めるべき民意もあり、健全な野党が存在することは民主主義の価値を高める。蓮舫新代表は、
    批判よりも提案を重視したいと言っているので、国会では建設的な立場で具体的な政策を提案してもらい、論議を深めたい。女性活躍の時代を体現する新代表として活躍を期待したい」と述べました。
    一方、山口氏は、蓮舫氏の、いわゆる「二重国籍」の問題について、「本人が説明責任を尽くすことが大切だし、民進党として国民にどう説明するかということも問われている」と述べました。


    共産

    共産党の志位委員長は、党本部で記者団に対し、「蓮舫新代表に、まずエールを送りたい。参議院選挙で大きな成果をあげた野党と市民の共闘を、次の衆議院選挙でも大きく発展させたい。
    来月行われる2つの衆議院の補欠選挙は、大変、大事な戦いであり、衆議院選挙に向けた前哨戦という位置づけにもなってくる。野党共闘を実現し、
    勝利を勝ち取るという立場で民進党と話し合っていきたい」と述べました。また、志位氏は、蓮舫氏のいわゆる「二重国籍」問題について、「本人も反省の弁を述べており、
    それ以上私が言うことは無い」と述べました。


    維新

    日本維新の会の馬場幹事長は、記者会見で、「いわゆる『二重国籍』の問題については、国民がスッと思えるような状況ではなく、蓮舫新代表は国民への説明責任を果たすべきだ。
    説明責任を果たさないまま、今後、国会で、政府やほかの政党に注文をつけていくのは、いささか疑問だ」と述べました。そのうえで、馬場氏は、
    「私たちが今後、議員立法で提出していく法案などで賛否が合致すれば、民進党と国会で共闘していくのは、やぶさかではない」と述べました。


    生活

    生活の党の小沢代表は、「蓮舫氏の、党代表としての活躍を大いに期待している。何より、『一強多弱』により議会制民主主義が崩壊寸前まで追い詰められている状況で、
    何としても早期に安倍政権を打倒し、再び健全な民主主義を回復させるべく、野党共闘の更なる推進のために奮闘していただきたい」とする談話を発表しました。


    社民

    社民党の又市幹事長は、「民進党の目指す政権交代を実現するためにも、衆議院選挙での野党共闘の継承・発展が不可欠だ。社民党をはじめ、ほかの野党と手を携え、
    安倍政治の暴走に正面から対じして、多くの国民の期待に応えるように希望するとともに衆議院の小選挙区選挙でのすみ分けをはじめとする選挙協力の前進を図りたい」などとする談話を発表しました。


    こころ

    日本のこころを大切にする党の中野正志幹事長は、「蓮舫氏の、二重国籍の問題とその対応には失望の念を禁じ得ない。蓮舫氏が、
    代表選の最中に虚偽の説明を繰り返してきたこと自体看過し難い問題だが、民進党の、党としての対応も理解に苦しむ。臨時国会では、
    二重国籍の問題を徹底的に議論し、しかるべき立法を講じなければならず、わが党はその最前線でたたかう覚悟だ」とする談話を発表しました。
    5:2016/09/16(金) 00:14:53.77 ID:
    2Fは本当に糞だな


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【自民党】二階幹事長、蓮舫新代表の二重国籍問題は問題視せず「これだけ国際社会が進んでいる時代なのだから、この問題を取り上げるつもりはない」】の続きを読む

    このページのトップヘ