Powered By 画RSS

    蓮舫

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/11(月) 09:06:19.80 ID:
    コトがガソリンだけに“炎上”している――。地球5周分に相当するガソリン代を政治資金収支報告書に計上していた問題で、
    民進党の山尾志桜里政調会長(41)が6日、定例会見で釈明したものの、疑惑払拭とはならなかった。

    これまで甘利明前経済再生担当相(66)の金銭問題を追及してきた山尾氏だが、甘利氏と同じく「秘書のせい」にする始末。
    さらに甘利氏と違って役職の辞任はなしときたから、あきれるばかりだ。

    とはいえ、こんな“勇み足”会見になったのは、蓮舫代表代行(48)のせいという声が党内で上がっている。

    午後3時に開始予定だった会見は午後6時半にずれ込んだ。さらに山尾氏は約15分の遅刻をした。
    「お待ちいただいた分、しっかり調べてまいりました」と不敵な笑みを浮かべながら巨額のガソリン代などの疑惑について説明した。

    自身が代表を務める政党支部の2012年の収支報告書に地球5周分にもなる230万円分のガソリン代が計上されており、
    量のプリペイドカードが購入されていた。山尾氏は「換金されたり、有権者に渡された事実はないと考えている」と明言。

    山尾氏の調べでは11年8月から12年5月に月30万円以上がガソリン代として計上されており「ある秘書の在籍期間と合致していると分かった」。
    この秘書はすでに辞めているという。

    プリカのレシートを調べると不自然な点があり、プリカ発券機そばの不要なレシート入れの中から、元秘書がレシートを拾ってきた可能性が浮上したという。
    当時、元秘書が会計実務を担当しており「多額のガソリン代の支出に秘書が関わっている蓋然性が高い」と山尾氏は結論付けた。
    実際にプリカは購入されていなかったというのだ。

    ほかにも受信に同意していない有権者へ電子メールを送信したことや、個人の寄付が法で決められている上限を超えていたことについて、「手違い」を強調。
    また、新築祝いとして選挙区内の店舗に支出していたことについても「そういうことではない」と釈明した。

    その上で「事務所の監督が至らず申し訳ない。国民の期待に応えるために精一杯努力していきます」と議員職はもちろん、政調会長も続投すると話した。

    つまり、ガソリン代については当時の元秘書が拾ったレシートで不正請求をしたと言いたいわけだが、
    「秘書の使い込みか」との質問には「こういったことを断定するのは重いこと。すごく強く疑問を持っている」とほのめかすにとどめた。法的措置を今後、弁護士と相談するという。

    過去に多くの政治家が不祥事について「秘書のせい」としてきたが、山尾氏もまた同様だった。
    今回の調査に当たって、疑惑のある元秘書への聞き取りは行っていない。

    それにしても、なぜここまで中途半端な会見になったのか。

    民進党関係者は「蓮舫氏が『今週中に会見する』と言ってしまったのが悪かった。これで山尾氏が疑惑についての会見をする必要に迫られたんです。
    本来なら秘書に聞き取りしてからの方がよかった。蓮舫氏が余計なことを言わなければ、この日の定例会見(の開催)は避けられないとしても、違う展開になったはず」と指摘する。

    もう少し時間をかけて調査すれば説得力ある説明ができたかもしれない。当選2回で政調会長に抜てきされた“シンデレラガール”には
    党内でも一部、嫉妬する向きがある。姉貴分に当たる蓮舫氏が山尾氏にイジワルでもしたのか?

    「いや、それはないと思います。山尾氏が辞める衝撃の方が民進党にとってはマイナス。ガソリン代については、山尾氏は被害者だと考えています」(同関係者)
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/527725/
    9:2016/04/11(月) 09:09:56.77 ID:
    被害者ねえ…
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ガソリン代】 民進党で内ゲバ勃発w「山尾氏 “炎上” は蓮舫のせいだ」→「プリカばれたの私だ!蓮舫死ね」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/04/09(土)12:02:17 ID:
    有馬 晴海 :政治評論家

    安倍首相はSNS世代に全く理解がない

    (略)

    蓮舫:確かに「保育所落ちた日本死ね!!!」は匿名での政権批判でした。
    しかし国民の多くは、匿名性をわかったうえで、待機児童問題がリアルな問題だと
    認識して共鳴しているのです。なのに、総理や野次を飛ばした議員は、
    出所などにばかりこだわった。総理は、自分に都合よい匿名性ばかりを「良し」とする、
    心地よいSNSの世界しか知らないのです。だから、都合の悪い匿名性は「悪」になる。

    そうじゃないんです。確かにネット世界はカオス(混沌)の側面があるし、難しい。
    でも、その中で良質なものは残ります。ネットの中から、どうやって国民の皆さんの
    リアル(真実)を見つけ、その中からwish(要望)やhope(希望)をどう見つけて、
    実現するか。ネットには常にその重要な手掛かりがあります。
    だから、私はネットをとても大事にしています。

    続き 東洋経済オンライン 全9ページ
    http://toyokeizai.net/articles/-/112706
    10:2016/04/09(土)12:44:15 ID:
    SNS世代?
    マジコン世代の間違いでは?

    2
    : :2016/04/09(土)12:04:48 ID:
    堂々とツイッターでマジコン使用に言及しちゃう方が
    よっぽどSNS世代を理解してないと思うんだが 
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ブーメラン】蓮舫が語った「安倍政権の問題点」→「安倍首相はSNS世代を理解していない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/03/29(火) 19:37:56.21 ID:
    蓮舫@民進党 @renho_sha 4時間前

    週刊誌から確認取材を受けました。
    乙武洋匡さんとはこれまでも友人であり、昨年夏以降は私の仲間も交え複数回会食をしました。
    私と会ったかどうかを週刊朝日に問われ『事実ではございません』と回答されたと聞きました。
    実際に会ったことを「ない」と言うのは嘘ではないでしょうか。とても残念です。

    https://twitter.com/renho_sha/status/714701535264055297

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民進党】蓮舫「乙武さんとは昨年夏以降、複数回会食をしました。乙武さんが『会ってない』と言うのは嘘ではないでしょうか。残念です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【民主党ブーメラン】玉木&蓮舫「民主政権で仕分け?デマニダ」→渡邉哲也氏「嘘乙」証拠を提示 ⇒ 蓮舫にツイッターでブロックwww動画アリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/01/07(木)20:11:15 ID:
     蓮舫代表代行は7日午後、定例記者会見を国会内で開き、
    同日の参院本会議での民主党の前川清成議員、大野元裕議員らの代表質問に対する
    安倍総理の答弁について「品がない。誠意がない。謙虚さがない」と切り捨てた。

     「良いことがあったときは自分のおかげ。
    自分にとって都合の悪いことは民主党と他者の責任にしている」
    と安倍総理の答弁に一貫する特徴を指摘。その一例として
    「参院選直前の5月、6月に、なぜ1100万人の高齢者に(1人当たり)
    3万円を1回だけ配るのかという質問に対して、
    総理は『民主党もそうではないか』とよく批判する。
    しかし党首討論で海江田前代表は、国民年金だけで生活している高齢者に対して、
    消費税率を10%に上げることで生まれる安定財源によって
    毎月5千円を継続的に給付するという民自公の3党合意が実際に行われるのかを問うたのだ」
    と反論し、総理の指摘はまったく当たらないと述べた。さらに
    「(民主党が主張した)低所得者層に対して継続的に支援をする政策を先送りし、
    票を買うようなバラマキを行うのは、まったく説得力、納得できるものではなかった」
    と強く批判した。



    岡田代表が6日に維新の党との新党結成についての見通しを語ったことについて記者から受け止めを問われると、「一強他弱を止めていく手段は、統一会派や選挙協力などいろいろある。代表はその選択肢の一つに新党があることを否定しなかったということだと思う」と述べた。維新の党と日本を元気にする会とが参院で統一会派を結成したことについては、「維新の党が参院で新たな方たちと会派を組むというのは一義的には維新が考えること」との見解を示した。そのうえで、元気会と統一会派を組んだ維新の党が今後、民主党と統一会派を組むためには、「安保法制への賛否や党議拘束の問題を問われ、全員が無条件で私たちと統一会派を組めるわけではない」と明言した。

     岡田代表が5日の年頭記者会見で、被選挙権年齢の引き下げ法案を今国会に提出する意向を示したことについて感想を問われ、「代表らしいと思った。代表は『若者、若者、若者』と次の世代に光を当てる。特に(若い世代の)人口が少なくなり、投票率が上がっても絶対的に人生の先輩層より薄い人たちの声を代弁していきたいという思いが被選挙権年齢の引き下げにも表れたのだと思う」と述べた。

    民主党広報委員会
    BLOGOS/民主党2016年01月07日 17:44
    http://blogos.com/article/153656/
    2: :2016/01/07(木)20:12:20 ID:
    お前が言うな

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【民主党ブーメラン「安倍総理の答弁は品がない。誠意がない。謙虚さがない」蓮舫代表代行→気品溢れる蓮舫さんの過去を見てみようwww】の続きを読む

    このページのトップヘ