Powered By 画RSS

    金正日

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DPTuwlbUIAARpkp

    twitternew_thumb カミカゼ‏ @mynamekamikaze

    金日成・金正日主義研究のオリジナルTシャツ:  https://up-t.jp/info.php?type=item&id=9910000169520&PHPSESSID=i3idsqb3keecje6n8874t7o7p1 … 

    金正日主義研究は、金日成・金正日主義研究会が発行する季刊理論誌 中略
    副会長 結城久(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン阪南地区統括責任者)←注目 アカンwww全部清美っちゅう女が悪いんやwww https://twitter.com/mynamekamikaze/status/933634091915780096
     
    【ソース】

    金日成
    ・金正日主義研究のオリジナルTシャツ: 金日成
    ・金正日主義研究は、
    金日成
    ・金正日主義研究会が発行する季刊理論誌。
    旧名「キムイルソン主義研究」(第142号より現雑誌名に変更)。
    2013年1月現在143号を数える。
    金正日亡き以降は、
    新たに朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者となった金正恩のメッセージが毎号掲載されている。
    そのほか、
    主体思想についての研究記事などが多く掲載されているのがこの雑誌である。
    日本キムイルソン主義研究会は、
    群馬大学医学部で中核派の活動をしていた尾上健一が、
    中核派を離脱後、
    群馬ハンセン病訴訟をきっかけにチュチェ思想に触れ、
    創設した「群馬朝鮮問題研究会」が母体となり、
    キムイルソン主義普及活動の全国化に伴い結成された。
    キムイルソン主義者の個人加盟の形態をとり、
    キムイルソン主義に基づく前衛党の創設を目指していた。
    そのため、
    この団体の存在が、
    朝鮮労働党と日本共産党の対立を呼び覚ました。
    日本キムイルソン主義研究会の常任委員長は一貫して尾上健一であったが、
    会の活動を大衆化するとして改組し、
    尾上健一は一線から退き、
    会長:田代菊雄(ノートルダム清心女子大学人間生活学部教授)、
    副会長:大峰勝(連合高知副事務局長
    ・高知県日朝友好促進協会事務局長)
    ・結城久(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン阪南地区統括責任者)
    ・新里正武(朝鮮社会主義研究会事務局長
    ・沖縄社会大衆党中央執行委員)、
    事務局長:植木正治(東京都公立学校教職員組合渋谷区教職員組合委員長)が選出された。
    https://up-t.jp/info.php?type=item&id=9910000169520&PHPSESSID=i3idsqb3keecje6n8874t7o7p1



    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【セメントいてw】金日成・金正日主義研究会がオリジナルTシャツを発売 ⇒ 副会長(関西生コン阪南地区統括責任者)www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/04/16(日) 11:24:46.22 ID:
    朝鮮半島情勢が緊迫化する中、「北朝鮮の咸鏡南道新浦(シンポ)付近から弾道ミサイル1発が発射され、直後に爆発」との一報が流れた16日朝。

    在日朝鮮・韓国人が多く住む大阪市生野区のコリアタウンやその周辺では、
    金正恩(キム・ジョンウン)政権の度重なる挑発的な行動に対して非難の声が噴出した。
     
    コリアタウンで飲食店を営む女性(66)は
    「今朝、テレビのニュースを見て驚いた。『もういい加減にしてくれ』というのが正直な気持ちだ。
    ミサイルを撃つ金があるのなら、その金を使って経済を立て直すべきではないか」と憤りを隠せない。
     
    同タウン内のキムチ販売店で働く男性店員も「(ミサイル発射は)いつものことや」と吐き捨てるように語った。
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【北朝鮮】在日韓国人「もういい加減にしてニダ…」「金正日は、こんなことをしなかった…」金正恩のミサイル挑発行為に大阪・生野区のコリアタウンからも怒りの声…】の続きを読む

    このページのトップヘ