Powered By 画RSS

    長谷川幸洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    長谷川幸洋

    twitternew_thumb
     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】長谷川幸洋「国家戦略特区は安倍政権の目玉政策だから『首相案件』は当たり前」⇒辛坊治郎「殆どの人がわかってない!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    財務省

    twitternew_thumb
     
    【動画】 ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【マスゴミ】元東京新聞記者、女好き役人から情報を取るべくハニトラを仕込み弱みを握るまでの衝撃の手口を大暴露してしまい女性記者セクハラ事件のカラクリがwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本の野党はリベラルでも保守でもない

    twitternew_thumb
     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】長谷川幸洋「日本の野党はリベラルでも保守でもない中途半端な存在!安倍総理の経済政策や自民党こそが真のリベラルだ!」⇒田原総一朗ブチギレ発狂www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    田原総一朗

    twitternew_thumb
     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【老害パヨク脳w】田原総一郎「(北の脅威を)安倍総理が煽ってるせいで国民が怖がってる!」⇒まさかの東京新聞記者のド正論にフルボッコ論破されてしまうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    青木理

    twitternew_thumb
     
    【動画】

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【パヨク発狂w】テレ朝アナ、青木理の矛盾だらけの反アベ思想をフルボッコ論破 ⇒ 室井佑月と田原総一朗が火病で発狂する面白すぎる展開がネットで話題にwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    長谷川幸洋

    twitternew_thumb
     
    【ニュースソース】

    年の瀬が近づいてきた。そこで、私の「今年の3大ニュース」を挙げてみる。1位はなんと言っても「緊迫する北朝鮮情勢」だ。2位は「野党の迷走」、そして3位は「左派系マスコミの暴走と偏向報道」である。

    この3つは深いところで密接に関係している。どういうことかといえば、出発点は北朝鮮情勢である。

    核とミサイル開発を続ける北朝鮮が日本の平和と繁栄を脅かしているのは言うまでもない。そんな北朝鮮に加えて、尖閣諸島に領土的野心を抱く中国の脅威も視野に入れて、安倍晋三政権は米国との同盟強化に力を注いできた。

    2013年に成立した特定秘密保護法や15年の平和安全法制(安保法制の見直し)、さらに17年のテロ等準備罪を含む組織的犯罪処罰法の改正は、いずれも同盟強化を念頭に置いている。憲法改正論議も同様だ。

    野党勢力は一連の法案や憲法改正に激しく反対してきた。だが、現実は北朝鮮の脅威が高まる一方で、多くの有権者は10月の解散・総選挙で安倍政権を支持した。野党がことし前半、国会で何をしてきたかと言えば、ひたすら「モリカケ問題」の追及である。

    そんな野党に支持が集まるわけもない。求心力を失っていた民進党は解散に慌てふためいて、希望の党とドタバタ騒ぎを演じ、無所属議員も合わせると4分裂する羽目に陥ってしまった。そんな野党に絶望し、代わって政権を追及したのが左派系マスコミである。

    野党がしっかりしていて政権交代が展望できるような情勢であったなら、左派系マスコミがこれほど偏向することはなかっただろう。彼らだって、表向きは「客観中立報道」の建前を掲げている。あからさまな野党肩入れ報道は本来、しにくいのだ。

    (略)

    左派系マスコミも針路を見失って、動揺を隠せないでいる。朝日新聞はモリカケ報道を批判した作家に抗議して、なんと賠償まで求めた。前代未聞だ。言論で勝負する報道機関の矜持はどこへいったのか。

    東京新聞もグラグラしているようだ。私は現役記者から「会いたい」という電話とメールをもらった。なんの用かと思ったら「いまのままでは東京新聞はヤバイという話になって最近、よく社内会議が開かれる。長谷川さんの話を聞きたい」という。

    同じような話は別の記者からも聞いた。さすがに、これまでの極左路線は「マズイ」と気が付いたのだろう。とはいえ、いまさら遅い。現実に目をつぶって、自分たちの偏向した能書きばかり垂れているから「左翼サークルの同好会新聞」になってしまったのだ。

    全文詳細は以下より
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53840


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ド正論】長谷川幸洋「東京新聞の現役記者が今のままではヤバイと社内会議が良く開かれる!と言っていたが、いまさら遅い!左翼サークルの同好会新聞になってしまった!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    長谷川幸洋

    twitternew_thumb
     

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【東京新聞記者「昔は子供による殺人なんて無かった!」 ⇒ 昔の方が圧倒的に多かったので完全にデマでしたwww】の続きを読む

    このページのトップヘ