Powered By 画RSS

    韓国メディア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/13(金) 23:05:21.76 ID:

    ▲「コリアは再び浮上する」/オ・チャンギュ著、262ページ、1万5000ウォン

    ひざを打たせる本だ。これまで知らなかった事実が随所にある。「大韓民国」という主題だけ深く掘り下げてくみ上げた人文・歴史知識だ。今、洛陽の紙価を高めている「知的対話のための広くて浅い知識」と比べるなら「大韓民国のための狭くて深い知識」というか。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【ウリジナル】韓国メディア、国難過ぎて頭がおかしくなる→「韓国の花である桜が日本の象徴にされた」「シルクは韓半島起源」「アリランは大きな国、韓国を意味するニダぁ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/12(木) 03:11:20.51 ID:
    【コラム】韓国が厄介な隣国と生きていく姿勢

    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2017年01月11日 08時30分

    韓国企画財政部と日本財務省、両国の経済官僚は毎年、サッカーの親善試合をしている。常に不安定な両国関係だが、
    2000年以降に行事が開かれなかったのは東日本大震災(2011年)当時とMERS事態(2015年)当時のわずか2回だけだ。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【用日】韓国メディア「日本は厄介な隣国だが経済協力が必要ニダ!共に生きてゆこう!」-中央日報】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/10(火) 02:27:50.47 ID:
    慰安婦:日本政界の親韓派、連日の韓国批判
    二階俊博・自民党幹事長「韓国は面倒な国」

     日本政界で代表的な親韓派として知られる政治家たちから連日のように韓国批判が飛び出し、日本のメディアや政治専門家の間で「親韓派までもが韓国に背を向けた」との見解が示されている。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【終わりニダ…】韓国メディア「日本の親韓派議員まで韓国を批判してる…ウリ達への愛はもう無いニカ?」-朝鮮日報】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/10(火) 13:42:33.95 ID:
    【社説】少女像問題、歴史と外交を結び付ける日本の攻勢は危険だ


    ソウル駐在の駐韓日本大使と釜山の日本総領事が9日に日本に一時帰国した。釜山の日本総領事館前に
    慰安婦少女像が設置されたことへの抗議だ。日本政府は6日、大使らの帰国措置に加え韓日通貨スワップ再開に向けた協議の中断、
    ハイレベル経済協議の延期なども同時に発表した。これまで韓国が歴史問題を外交問題として取り上げるたびに、
    日本政府は双方を切り離すよう求めてきたが、これはここ数十年にわたり日本が堅持してきた韓国との外交政策の原則でもあった。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【マジキチ速報】韓国メディア「少女像設置は合意違反だが、合意違反とはいえないニダ!日本は歴史と外交の原則捨てるのか?アメリカを引き込むなんて卑怯ニダ!」-朝鮮日報・社説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2017/01/09(月) 01:13:10.06 ID:
    安倍首相 韓国の次期政権にまで合意履行を慫慂 


     安倍首相は「一昨年末の慰安婦合意は、最終的かつ不可逆的な合意だと互いに確認した。日本は
    誠実に自分の義務を実行し10億円の拠出を既に行った。次は韓国がしっかり誠意を示していただかなければならない」と
    話した。


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【マジキチ速報】韓国メディア「日本は朴槿恵が結んだ慰安婦合意を次の政権にも強要するニカ?政権交代というものを理解してないニダ」-ハンギョレ新聞】の続きを読む

    このページのトップヘ