Powered By 画RSS

    韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/17(月) 01:36:10.34 ID:
     日本が組織的な「慰安婦狩り」を行ったという吉田清治氏の証言は平成26年8月5日に、朝日新聞が朝刊で「虚偽」と判断し、関連記事も撤回された。果たして彼はなぜ、このような偽証をしたのか、私はずっと疑問を抱き続け、彼の長男にインタビューをするなどして、その真相を追ってきた。その成果の一部はすでに「新潮45」9月号に、掲載している。

     取材で興味深かったことの一つは、吉田氏から韓国の「ある組織の人」と接触していたと明かされたという、公安警察の刑事の証言だった。この刑事は「私は聞いた時からKCIAだと思っていました」と話した。KCIAとは当時、国家安全企画部だった韓国の情報機関のことであり、この刑事の推測が事実なら、吉田氏は韓国のスパイか工作員として使われていた可能性すら出てくる。もちろん、裏付ける証拠はまだないのだが、吉田氏が戦前戦後を通じて朝鮮社会と深い関わり合いをもっていたのは事実である。本誌では、このことについて報告してみたいと思う。

    ■「ある組織」とは

     私がインタビューした公安警察の刑事とは、神奈川県警の元刑事・堂上明氏(仮名)だ。堂上氏は、昭和三十七年に警察学校に入学し、翌年から神奈川県警の戸部署、横浜水上署、本部外事課、鶴見署などに勤務し、公安警察の最前線で諜報活動を行ってきた人物である。その彼が、なぜ吉田氏のことを詳しく知っているのか。彼の話をもとに説明しよう。

     堂上氏は昭和51年、ソ連に留学した経験がある吉田氏の長男とその弟と接触。横浜港に入ってくるソ連船の動きを見張るため、兄弟の語学力の活用を試みた。

     「東芝のパーツ工場にソ連の大学を卒業した人物がいるという情報が入ってきて、会いに行きました。当時、水上警察署のほうから船会社でロシア語ができる人間を求めているという話があった。これは就職させられると、兄は東京共同海運に、弟は別の運輸会社の横浜支店に就職させました」

     いま78歳だという堂上氏は、かつての職場の身分証を示しながら丁寧に記憶を辿って話し始めた。彼は吉田家と一家ぐるみの付き合いをするようになり、昭和55年の梅雨時、吉田氏から重大な事実を聞かされたという。その時のことを、こう証言する。

     「突然、鶴見署へ私を訪ねてきた。玄関で土下座して私を呼んでいると連絡があったので行ってみると、奇妙な話を始めた…」

     堂上氏の証言では、吉田氏はこんな話をしたのだという。

     「実はある人から『お前の息子たち兄弟は敵国であるソ連のために働いていて、けしからん。こういう状況ではこれまで進めたこと、これから進めることにあんたは参加できなくなる。即刻、兄弟をソ連のために働いている会社から退職させなさい。あとの就職についてはこちらで面倒みる』と言われました。それで息子たちに内緒でそれぞれの会社を訪れ、退職させてきました。でもこのまま帰宅したら息子たちに殺されかねないので、息子たちの間に入って、彼らを納得させてほしい」

     堂上氏は、吉田氏の息子たちを、ソ連のために働かせたのではなく、ソ連の情報を集めるために、会社に潜り込ませたのだが、吉田氏はそれを知らなかった。しかし、吉田氏に、そんなことを言わせた「ある人」とは誰だったのか。堂上氏は私の前で、このときの吉田氏との会話を再現した。

     「私が『一体、あなたにそう言うのは、どんな組織の人なんですか』と聞いたら、口ごもってましたが、やがて『半島の人です』と言いました。半島といっても二つあるから『どちらですか』と重ねて問うと、『韓国です』と。実は私は聞いた時からKCIAだと思っていました。それを口に出させようとしたんですが、結局、最後まで『ある組織』とだけしか言いませんでしたね。『その組織がいつも2、3人、そばについていて、もう自由に行動できない』とも言っていました」

     昭和55年といえば、吉田氏が慰安婦について初めの著作『朝鮮人慰安婦と日本人』(新人物往来社)を書いてから、3年後である。そのとき、彼は「組織がいつも2、3人、そばについていて、もう自由に行動できない」という状態にあったというのである。

    http://www.sankei.com/premium/news/161017/prm1610170003-n1.html

    >>2以降に続く)
    2:2016/10/17(月) 01:36:38.15 ID:
    >>1の続き)

     とはいえ、彼の偽証にKCIAの関与があったとしたら、そのずさんな工作ぶりには疑問が残る。長男は私に「韓国から戻ってきた後、父のパスポートを見てびっくりした記憶があります。日本からの出国と帰国のスタンプはあるのですが、韓国への入国、出国のスタンプが押されていない。何故かと聞いたら、韓国の空港につくやいなや韓国政府の人がやってきて特別室に案内され、そのままソウルの街に出たんだそうです」と話したのだが、私がこのことを韓国の情報筋に問うと「まがりなりにもKCIAは国の情報機関ですからそういった失態はしないでしょう。政治家や民間の活動家の失態ならまだしも…」という。

     吉田氏は堂上氏にある組織から30万ばかり借りていると告白しているが、これも不自然だ。仮にKCIAなら、もう少しまとまった金を渡すのではなかろうか。

     そんな疑問を堂上氏にぶつけると「KCIAも、途中で嫌になっちゃったんだと思いますよ。この人を利用することはできないなと気がついた。そしてKCIAより、朝日新聞がうまくやってくれたということ」と苦笑した。

     吉田氏はこの4年後、韓国で元慰安婦に謝罪するパフォーマンスなどをし、朝日新聞によって集中的に報じられた。翌年、韓国が全斗煥大統領(当時)の初訪日の際、朝鮮半島統治などについて昭和天皇の反省表明を日本側に求めていた事が発覚(産経新聞平成27年3月30日付記事)、昭和天皇は宮中晩餐会で遺憾の意を表明することになる。そこにKCIAの工作があったと決めつけることはできないが、少なくとも、朝日新聞の世論誘導と無関係とはいえないのではないだろうか。

    ■封印された朝鮮養子の過去

     吉田清治氏が朝鮮半島出身者と、単なる知人などというレベルを超えた深い関係を持っていたのは事実である。彼の来歴で、最も不可解だとされていた事の一つに朝鮮人養子の謎がある。吉田氏は戦前、22歳のときに満州で李禎郁という19歳の男性を養子にしている。禎郁氏はその5年後、満州で日本人と結婚する。吉田氏の長男はこう言う。

     「若い頃、正義感に燃えて養子にしてやったと父は言ってましたが、どこまでが本当のことなのか。私は会ったことがありません。ただ養子にしたことで、親戚から戸籍を汚したと、非難されたようです」「禎郁氏は戦後、全駐留軍労働組合の組合委員長になったようです。沖縄にいたということを聞いたことがありますけど、なにせ一度も会ったことがないので分からないのです」

     全駐留軍労働組合は米軍基地の労働者の労組である。禎郁氏が沖縄にいたことは確認が取れなかったが、福岡市板付の米軍基地(福岡空港)で活動家になっていたことは確かだ。前述の堂上氏も、私にこう証言をしていた。

     「『あなたはなぜ韓国に興味を持っているか』を聞いたんです。そうしたら、『私はいいこともするんですよ、全駐労って知ってますか。全駐労の人とも私、お話ししてます。全駐労の初代委員長、韓国人なんですよ。でもそれじゃ困るからと私の籍にいれさせたんですよ』。そういう話を聞きました」

     すでに知られていることだが、吉田清治氏の本名は「吉田雄兎」である。禎郁氏の父母は現在の北朝鮮にあたる朝鮮半島咸鏡南道出身だったが、記録では、昭和12年4月30日に吉田雄兎の養子となっている。

     その後、禎郁氏には2人の子供が生れた。長男は昭和18年に福岡で出生、次男は昭和20年8月に中国・遼寧市で生まれている(翌年瀋陽で死去)。だから日本と大陸を行き来していたことがうかがえる。さらに戦後は日本に来て、2人の子宝に恵まれ、吉田家の籍からは昭和23年に抜けている。

     不思議なのは、清治氏が自著『朝鮮人慰安婦と日本人』で、禎郁氏を戦死したことにしていたことだ。吉田氏は、禎郁氏の戦後を封印しているのだ。

     この本には、禎郁氏と思われる「金永達」という人物が登場するが、この「金永達」は東京生まれで、昭和12年に吉田氏の養子となり、同年小学校教師の日本人と結婚、直後に小倉連隊に入る。12年、満州国国務院地籍整理局の官吏に合格した吉田氏は新京の日系官吏養成所の勤務となり、寄宿舎で同室だった同僚が「金永達」だったことになっており、朝鮮出身の官吏が日本人待遇から満人待遇に変更させられ、肩を落とす「金永達」に対して、吉田氏は養子縁組を持ちかけるのだ。

     同書には「私はそのとき、金永達にたいして民族的な優越感をもって、無造作に自分の思いつきを話だしていた」とある。

    (続く)

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【売国奴】「慰安婦狩り」を偽証した吉田清治の「韓国スパイ」説が現実味を増す衝撃の発言を女性ジャーナリストが大スクープ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/17(月) 20:26:22.03 ID:
    【簡単に説明すると】
    ・平昌オリンピックの公式PR動画が公開
    ・あまりのしょぼさにネットユーザーから批判殺到
    ・韓国をPRするものが何も無いのか?

    2018年に開催される韓国平昌オリンピックのPR動画『アラリヨ平昌』がYouTubeに公開された。しかしそのPR動画の内容に
    韓国国民は落胆している。この映像にはキム・ジュンヒョン、ジョンソンホ、イウンヒョンなど韓国の有名コメディアンが
    出演している作品となっており、韓国民謡の『アリラン』をダンスバージョンで歌ったもの。

    軽トラックの後ろでスキージャンプのマネ事をしたり事務椅子でカーリングごっこをしたりと内容的にはバラエティ色の
    濃い作品となっている。
    しかしこれを見た韓国のネットユーザーは「大学生が作った作品レベル」「日本のPR動画を見た後だからしょぼい」と
    言う意見が書かれいる。
    この作品は2億7000万ウォン(2700万円)かけて制作された。

    この映像に対して韓国メディアも失望していると報道しており、日本の東京オリンピックの映像と比較している。

    リオオリンピックの閉会式で披露された東京オリンピックのPR映像は日本のアニメやゲームという「日本」を広報するのに
    十分過ぎる内容だった。更に首相がマリオに扮装して登場するというサプライズまで行われ「安倍マリオ」という言葉までうまれた。

    一方『アラリヨ平昌』は韓国をPRするものは何も無く唯一訴えたのは「アリラン」という韓国民謡だけ。
    動画は下記よりご覧になってほしい。

    http://gogotsu.com/archives/22561




     
    3:2016/10/17(月) 20:27:37.58 ID:
    見てないけどわろたwwwww

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国崩壊】平昌五輪・公式PR動画が公開される→想像を絶するしょぼさに韓国ネットユーザーが絶望www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/17(月)08:20:33 ID:
    記事名/在日韓国人は、韓国の人からどう思われている?

    ○日本と韓国の国旗
    韓国から日本に移住してきた人々、いわゆる「在日」は日本社会の中に深く根付いている。
    日本とブラジルのように、国同士の敵対感情がない場合と違い、日韓の双方への感情は複雑だ。
    そんな中、韓国からみて、在日韓国人はどう映っているのだろうか。
    「裏切者」というようなレッテルを張られることもあるのだろうか。韓国在住の韓国人ライターがリポートする。

    ○兵役の義務を果たさなければ韓国人の男ではない
    (現地在住ライター キム・ヒョンジ)
    在日韓国人の中で、有名人と言えば韓国ロッテグループ会長の重光昭夫、韓国名シン・ドンビンと兄重光宏之、
    韓国名シン・ドンジュの在日韓国人二世の兄弟だろう。
    2015年に起きた兄弟間の経営権争いは、韓国で大きく報道された。
    この騒動で韓国メディアからの質問された二人だが、兄の方は日本語で返答した為、
    「韓国籍で韓国人だと言っても日本人だ」、「韓国語を忘れた韓国人が韓国人なのか」と批判を受けた。
    弟の現韓国ロッテ会長は、たどたどしい韓国語で返答し、発音が悪く何を言っているのか聞き取りずらかったので、
    各テレビ局のニュース番組では、その返答に字幕を付けて放映していたほどだった。
    その為、二人とも韓国人とは言えないという報道をされていたのだ。
    だが、現在の韓国ロッテ会長の韓国語の能力は向上し、しっかりと受け答えが出来るようになったので、
    今はそのような批判は無くなった。
    しかし、新たな問題が出て来たのだ。それは、彼が長らく二重国籍であり日本国籍を放棄したのが1996年であり、
    兵役の義務を果たしていないのだ。そして、彼の息子は100%日本人であり現在はアメリカの大学にいると報道された。
    韓国ロッテグループの後継者とされる息子は、兵役の義務は無いが100%韓国人では無いと言う事だ。
    ※在日韓国人は兵役の義務は無いが、韓国に居住する場合には義務が発生する(中略)

    しかし、二世以降の在日韓国人の多くは、韓国語も喋れず、兵役の義務も果たさないで韓国人とは言えないというのが
    一般的な意見なのだ。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    howtravelニュース 10月16日
    http://www.howtravel.com/news/zainichi/
    3:2016/10/17(月)08:39:49 ID:
    パンチョッパリ
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【韓国の反応】韓国語も喋れず兵役の義務も果たさない「在日」は、韓国人とは言えない!ロッテ後継者とされる息子は100%韓国人では無いと徹底糾弾!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/17(月) 17:46:26.26 ID:
    日本共産党の志位和夫委員長は13日、党本部で 
    李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大使の訪問を受け、懇談しました。 

    今年夏に赴任した李大使は、「韓国と日本の関係をさらに 
    発展させたいと思います」と抱負を述べ、「日本共産党もさまざまな分野で 
    韓国との交流を活発にしていただきたい」と語りました。 

    その中で志位氏は、日本軍「慰安婦」問題が、 
    元被害者の女性らの人間としての尊厳が回復され、 
    本人たちの納得を得る形で解決されることを願っていると述べました。 

    ・全文は引用ソースで:しんぶん赤旗 16年10月14日 
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-14/2016101402_03_1.html
    2: :2016/10/17(月) 17:47:33.02 ID:
    日本よりも韓国の声を喜んで聴く共産党

     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【共産党】韓国大好き志位委員長 「慰安婦問題は被害女性らが納得を得る形で解決されるべき!韓国と交流を活発に…」駐韓大使と会談にて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/17(月) 09:54:20.25 ID:
    (え)


    ソウル地方警察庁広域捜査隊は17日、日本で韓国人らに刃物で切り付けた韓人(たぶん在日)
    ヤクジャ(やくざ)のユ某容疑者(38歳)に対し、殺人未遂など疑いで拘束したと明らかにした。

    ユ容疑者は2007年3月15日の夜、東京都新宿区で韓国人の仲間3人と一緒にライバルのスミヨシ派
    (住吉会)の韓人組員Aさんに対し、凶器で数回刺した疑いを受けている。幸いな事にAさんは一命を
    とりとめた。

    警察の調査の結果、ユ容疑者らはAさんから暴行を受けた後、報復するためにこのような犯行を
    起こした事が分かった。

    ヤクジャ(やくざ)の組員であるユ容疑者は、日本で韓国人が運営する店を回って保護費の名目で
    金品を奪っていたと警察は見ている。

    警察はこのような内容の情報を入手して、インターポールを通じて警視庁と合同捜査を行い、去る
    6月にユ容疑者が偽造パスポートで不法滞在をした疑いで日本の警視庁に捕まると、今月に入って
    ユ容疑者を韓国に連れて来た。

    一方でユ容疑者は2006年、現地のホストバーで韓国人の仲間5人と一緒に韓人の従業員Bさんを
    暴行を加え、金品を奪った疑いも受けている。Bさんの告訴でソウル城北(ソンブク)警察署でこの
    事件を調査している。

    警察はユ容疑者に余罪の有無に対する捜査を拡大する一方、共犯の行方を追っている。

    ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=421&aid=0002337362
    3:2016/10/17(月) 09:56:29.44 ID:
    登場人物全員がテヨン


    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【在日犯罪】日本で韓国人らに刃物で切りつけた韓人ヤクジャ(ヤクザ)、約10年ぶりに捕まる=登場人物、全員朝鮮人www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/16(日) 09:50:37.94 ID:
    韓国で大阪に対する注目が集まっている。

    事の発端は、一大騒動となった大阪の寿司屋「市場すし」難波店の“わさびテロ”だ。同騒動を受けて「日本が好きだったのにさすがに反感が生まれた」などと反応していた韓国人たちに、追い打ちをかけるような出来事が起こっているのだ。

    南海電鉄で「外国人多くご不便をおかけします」というアナウンスが流れたというニュースが出たと思えば、大阪の道頓堀を訪れた14歳の韓国人観光客が日本の青年にいきなり暴行を受けたという報道まで飛び出した。

    大阪で立て続けに起きているこれらの事件に対して、多くの韓国人がショックを隠しきれない。というのも、日本を訪れる韓国人旅行者にとって大阪は最も人気のある旅行先だからだ。

    ホテル・航空券などのオンライン予約を行う旅行会社エクスペディアが発表した2016年上半期の韓国人に人気の観光地トップ10を見ると、日本の観光地が3つもランクインしていることがわかる。そして、東京(5位)、沖縄(4位)を退けて、2位にランクインしているのが大阪なのだ(1位は韓国の済州島)。

    では、なぜ韓国人は大阪を好むのだろうか。

    最もよく挙げられる理由は、「街や人々の雰囲気が韓国に似ていること」。活気と人情が韓国に近く「大阪にはなぜか親近感が沸く」という人たちが、私の周りには実に多い。スポーツ選手、芸能人、ビジネスマンに古くからの友人まで皆、大阪が大好きなのである。

    また、移動時間の短さも挙げられる。ソウルから大阪までは飛行機で1時間40分ほど。ソウルから東京が約2時間15分なので、韓国人にとっては東京よりも大阪が近いことになる。

    加えて、格安航空会社が大阪行きの魅力的な格安プロモーションを常時実施している影響もあるだろう。旅行会社「ネイルツアー」のデータを見ても、2015年に韓国人が最も訪れた地域(短距離)は大阪(11%)で、3位の東京(7.2%)よりも上だ。そして同社も大阪人気の理由について「格安航空会社が先を争って、魅力的な特価プロモーションを常時実施している」と明かしている。

    食べ物も間違いなく大阪が韓国人に愛される理由だろう。

    大阪旅行に関するブログを見てみると、「大阪で人気ランキング1位のたこ焼き」「私の味覚を刺激した大阪のステーキ丼」「大阪旅行:大阪の牛カツ」「食べ歩き:シルクプリン、芋ようかん、大阪焼き」などなど、食べ物に関する記事がずらり。大阪特有の食べ物だけでなく、寿司やスイーツなどを紹介する人も多かった。

    また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのテーマパークをはじめ、大阪城や四天王寺など歴史的建造物、京都や神戸などへのアクセスの良さ、さらにショッピングできるところが豊富なことなどが人気の理由だそうだ。

    つまり、韓国人にとって大阪は、“近くて安くて、楽しく好感が持てる街”なのだ。

    その一方で、消去法として大阪を選ぶという人も少ないながらいる。

    東京に比べれば放射能の影響が少ないという理由だ。

    http://s-korea.jp/archives/9326

    >>2以降に続く)

    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【大阪】わさびテロ、不適切アナウンス、理由なき暴行…嫌韓でも韓国人が大阪を愛してやまないワケwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/10/15(土)23:20:23 ID:
    韓国の台風被災者に“心ない”救援物資が大量に届く=韓国ネット「日本が韓国からの物資を断った理由が今分かった」「それぞれで頑張るしかないね」

    2016年10月13日、韓国・MBCテレビは、台風18号の直撃により大きな被害を受けた韓国南東部の被災地に、「使えない」救援物資が続々送られていると報じた。

    今月5日、台風18号により市場一帯が水没するなどの被害を受け300人以上の被災者が出た蔚山市には、日々大量の救援物資が届く。
    せっけん、歯ブラシ、トイレットペーパーなどの生活必需品が大半を占めるが、ボランティアセンターで行う仕分け作業が難航しているという。
    原因はその中身だ。何度か使われたようなせっけんや歯ブラシに、使用期限切れの歯磨き粉、かびの生えたかみそりも。
    さらに日焼けなのか、黄ばんだロールペーパーが「ばら」の状態で段ボールに詰められていた例もあった。

    蔚山市には3.5トン、段ボールにして150箱の救援物資が送られたが、ほとんどがこうして使い物にならないレベルだったという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

    「僕が02年に江陵(韓国東部の都市)で台風被害に遭った時も同じだった。届いた救援物資のうち、使えるのは水だけだったよ」
    「その物資は被災者用でなければ何用なの?」
    「国が滅びる兆しだ」

    「どこの国の話?まさか韓国?この国は最近どうなってしまったのか。まさに無政府状態だ」
    「国が腐り切ってしまった。ゼロからそっくり国を再建した方がいいんじゃないかな」
    「被災者に廃棄物処理をしろってことか?あきれるよ」

    「東日本大震災の時に日本が韓国からの救援物資を受け取らなかった理由がやっとわかった。日本のみんな、あの時は悪口を言ってすまなかった」
    「ちゃんと回ってるところが一つもない。それぞれで頑張るしかないね」
    「これは北朝鮮に送っても文句を言われるレベルだ」(翻訳・編集/吉金)
    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a152678.html

    10: :2016/10/15(土)23:53:24 ID:
    韓国人に期待するのがまず間違い
     
    ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
    【【最低民度】韓国の台風被災者に“心ない”救援物資が大量に届く=ネチズン「日本が韓国からの物資を断った理由が今分かった」「北朝鮮に送っても文句を言われるレベルだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ