1:2016/08/11(木) 10:50:17.44 ID:
前原氏、野党共闘を評価

 民進党所属衆院議員の前原誠司元外相は、雑誌『世界』9月号で、現行憲法の平和主義の理念は今後も「尊重され続けるべき」だと述べ、7月の参院選での野党共闘の成果を評価し、政策論議を通じた今後の共闘の「進化」を展望する主張を展開しています。

 発言は、同誌に掲載された井手英策慶大教授との対談でのもの。井手氏から「民進党内の改憲派」だと指摘された前原氏は、「憲法改正が『最重要課題』とはまったく考えていません」と述べた上で、次期衆院選に向け憲法についても党内をまとめる必要性に言及しつつ、憲法9条が戦争への歯止めになっているとの幅広い国民の思いをしっかり踏まえて対応すべきだと表明しています。

 その上で、野党共闘によって参院選での32の1人区すべてに野党統一候補を立て、11人が当選したことに言及し、「票の受け皿ができた。大成果とまではいきませんが、各党バラバラで闘っていたらもっと悲惨な結果になっていた」と述べています。

 さらに、参院選前に日本共産党を「シロアリ」に例えて共闘に否定的な考えを示していたことを指摘された前原氏は、「政策がないまま枠組み論になることのリスクを伝えたくて、あのような発言をしました」と釈明。「政策論議を深め、共闘のフェイズ(局面)をさらに進化させる。政策論議のすえの共闘努力こそ、私たちの責任だ」と論じています。

赤旗新聞
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-11/2016081102_03_1.html

3: :2016/08/11(木) 10:53:44.66 ID:在日はレイパーを全力で応援してますって感じか?!

 
ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします!
【【代表選】共産党・SEALDS・しばき隊らが民進党のオモニ前原誠司を称賛→しばき隊員「宇都宮よりまともだな」】の続きを読む