びっくり

twitternew_thumb
 
スポンサーリンク


◆厳選ニュース






【関連】

英語からの翻訳
速報:市議会は、不法滞在者に1万ドルのデビットカードを与えるアダムズ市長計画の調査を要求。 この5,300万ドルの契約により、ニューヨーク市長が「マイノリティ所有」と宣伝するモビリティ・キャピタル・ファイナンス社に、以下のようなサービスに対する多額の手数料が支払われることになる。 - 125,000 ドルの 1 回限りのセットアップ料金、 - 年間管理費 250,000 ドル - 最初に配布される 5,000 万ドルには 150 万ドル - 次の 1 億ドルには 250 万ドル。 ID チェックは必要なく、不正行為の管理や制限もありません。 市議会議員のゲイル・ブリュワー氏は、市長らと同社との関係と、なぜ市がより良い取引ができるかどうかも確認せずに5,300万ドルの入札なし契約を結んだのかを調査したいと考えている。 契約によれば、カードの最高額は 10,000 ドルですが、カードは 4 週間ごとに補充されます。 市長は、同社の魅力の一部は少数株主所有の会社であることだと主張した。 「ご存知のWMB -- 、女性やマイノリティーが経営するビジネスは歴史的に締め出されてきたので、人々が伝統的に私たちに望んでいることを私が妨害していることは分かっています」とアダムズ氏は語った。

友人や知人に囲まれるのが好きな市長は、会社のオーナーとは個人的な関係はないと主張している。 彼は「私たちはハンプトンズで一緒に遊んだり、野球の試合に一緒に行ったりはしない」と語った。 これを早急に調査する必要があると考える人が他にいますか?


【ツイッターの反応】


















↓話題のニュースはこちら↓